« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

ルークトゥン

タイの田舎では歌謡イベントがよく開かれる。大きな会社がスポンサーに付いている時などは結構有名な歌手が出演したりするけど、その大半は村のカラオケ大会程度のものだ。
川の横に設けられたステージ。独特な照明が周囲を怪しく照らすが会場はいたって健全...夕涼みの散歩を兼ねた大人たち、バイクでやって来る若者たち...歌う曲のジャンルも日本と同じで、大人はルークトゥン(演歌)、そして若者はタイポップスが中心だ。
僕はポップスが好き。でも、田舎のこの雰囲気にはルークトゥンが合っている。あのメロディーにたまらなくタイを感じてしまうのは僕だけだろうか...まだタイで遊び始めたばかりの頃、GOGOの閉店間際にダンサーやウエイトレスがルークトゥンに合わせて踊るのを見たときは正直カルチャーショックを受けた。あの時の驚きは今でも鮮明に覚えている。
今夜はLuktung-FMでも聞きながら寝ようかな...
Sukhothai.jpg

| | Comments (56) | TrackBack (0)

2004.02.28

タイ語を使ってみる

どんな女の子でも夜の仕事が長くなるにつれ自然とスレてくる。半数以上の子が特定の恋人だっているしね。あなたがカラオケやMPで新人の女の子を指名すれば、その特定の男になれるチャンスは高いかもしれません。ただし、その時に受けるサービスは期待できませんが...

例文:タニヤにて
働き始めたばかりの女の子のカラダにタッチして...
マイ・トン・アーイ・ルーイ(全然恥ずかしがることないよ)
そして耳元で囁く...
クン・ナーラッ・マーク・ティースッ・ナイ・ラーンニー(君がこの店で一番可愛いよ)

| | Comments (19) | TrackBack (0)

僕と彼女

大学生になったと言っても彼女はまだ18歳、当然だけど母親はいつも娘のこと心配している。彼女とはふとしたきっかけで知り合いましたが、当時高校3年生だった娘がまさか日本人を家に連れて来るなんて思ってもみなかったことでしょう...
現在、僕と彼女の付き合いは1年半。デートの時は家まで迎えに行き、帰りは必ず送ります。母親が不在のときは置手紙をしたり、デート先から電話をかけたりとそれなりに結構気を使っている。
日本人の知っている女の子は圧倒的に風俗系が多くてタイの娘は貞操観念が無いように思われがちですが、普通の生活をしている女の子は日本人など比べものにならない程しっかりとしています。僕は彼女のことを特別な天使と位置づけているので、肉体的な繋がりは決して求めてはいません。おかしいですか??
ラッパオのカフェ...白黒の制服を着た彼女がショコラ片手に「パタヤで浮気したらこれだからね!」と首を切る真似をした。ボリスットのくせに。おおコワッ...
pattaya.jpg
Pattaya Beach

| | Comments (51) | TrackBack (0)

2004.02.26

ピーピー島

「アンダマン海の真珠」プーケットはそう呼ばれているらしい...ガイドブックの写真に心躍らせ、美しい海を想像して訪れた人は多分ガッカリすると思う。確かに夕日はキレイだけど島のビーチはどこも大したことはない。残念だけど...
デカプリオの「ザ・ビーチ」で一躍有名なったピーピー島。衝撃的だった原作からすれば映画そのものは大コケだけど海は確かにキレイだ。船の屋根に乗り海原を進むこと約2時間、ドン島の切り立った岸壁をかすめトンサイ湾に入っていく時は色々な言語で感動の言葉を聞く事が出来る。プーケットまで行ってピーピーに渡らないなんて、バンコクでパッポンに行かないようなもの??是非訪れましょう!
僕は時計を見た。午後の1時...彼女は僕のベットでいつまでも寝ている。容姿に似合わず悪戯好き。けど抱かれるときは人が変わったようにおとなしく受身100%...そんな彼女、聞けばなんとこの島の出身らしい。なんとも珍しいこと...
pipi.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.02.24

タイ語を使ってみる

blogを始めてもすぐ2ヵ月になるけど、ここを定期的に訪れてくれる読者も少しずつ増えて嬉しい限りです。そんな中、タイ語についての記事を書いて...と言うリクエストが何件かあったのですが、僕のタイ語は「なんとか女の子と会話したい!」という下心から独学で習得したいい加減なもので、発音も何故か田舎のものらしくとても他人に教えられるものではありません...。
と、お断わりをしておいてから適当に書いてみます。間違いがあったら遠慮なく指摘してください。

例文:J-ONEにて
通常価格1700Bのところをコンシアに2500Bと言われたとき
ティニー・パンチェット・マイチャイ・ルー(ここは1700Bじゃないの?)
もっと強く言うと...
ティニー・パンチェット・チャイ・マイ(ここは1700Bでしょ?)

補足:1700をまともに言えばヌンパン・チェットローイですが、日本語と同じで千の前に一は付けません。またチェットのトは発音しませんし、チャイ・マイもチマイに聞こえるくらい短くするとさまになると思います。


| | Comments (23) | TrackBack (0)

2004.02.22

初めての空港

田舎の空港はともかく、都市の大空港は初めて到着するとやっぱり緊張する。日が落ち暗くなってから着いた時などは特にそうだ。設備も整っているのに何故だろう??不思議だな...迎えがいる人は良いけど、そうじゃない人は宿までの移動が待っている...
ドンムアンに初めて降り立ったとき、僕は市内までエアポートバスを使った。料金も安いし、同じ旅行者と一緒に乗る公共の交通機関が一番安全だと思ったから...でも、今は圧倒的にタクシーに乗る確率が高い。ドアtoドア、宿の軒先まで運んでくれないと疲れちゃうでしょ!(考え方がだいぶタイ人の様になってきたかな??)わざわざ出発ロビーまで上がって50Bを浮かす人がいるけど、ご苦労様です...
タクシーと言えば、僕は青/赤の新車を選んで乗っている。以前「歩き方」には黄/緑が安全と書いてあったけど、最近は少し問題が多いね。それから、タイはドンムアンが手狭ということで、2005年のオープンを目指し新空港を建設している。僕は彼女の家から近い今の場所が良いんだけどな...
chianglai.jpg
Chiang Rai Airport

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.02.21

怪しいポン引き

クローン・サン市場の横で食事を済ませたあとリバー・シティに船で渡る。午後の一番暑い時間帯、クールダウンと暇つぶしで店に入った。骨董品で有名なこのショッピング・センターはどちらかといえば欧米人に人気がある。日本人はZENやエンポリにでも行ってるのだろう...
シー・プラヤーからボートに乗りター・ティアンで降りる。ここから2Bの渡し舟で対岸に渡ればワット・アルン、外に出て通りを渡ればワット・ポーだ。僕は薄暗い船着場を抜けて外に出た。眩しい日差しとタイの匂い...屋台でサパロッ(パイナップル)を買った。
マハラート通りをター・チャーンに向けて歩き、王様の船を見に行く。「ヘイ・ミスター!どこに行く?今日はワット・プラケオは休みだ...」お馴染みのポン引きが現れた。(ラッキー!しばらく暇つぶしが出来る...)しかし、この近くに来ると9割以上の確率で彼らに会える。何かの本に書いてあったが遭いたかったら会いにいける悪人たち...ホントに面白い場所だ。でも不慣れな観光客にはやっぱりウザイかな??
街でポン引きのトクトクにわざと捕まり、ペッブリーのMPに連れて行かれるふりをして常宿のプリンスへタダで帰る友達がいる。奴らもバカじゃないから同じことを何度もやってたらいつか酷い目に遭うと僕は思うんだけどね...
thathien.jpg

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004.02.20

タイの天気

スコール明けの景色は最高だ...なんてカッコつけてもやっぱり天気は良いに越したことは無い。僕も昔はカフェで新聞を読んだり、ローカルのTV局で情報を入れていたけど、最近はメールチェックと同時にWebで確認している。普段見るのは月並みだけどYahooかな...
いまタイは真夏に向けて気温がグングンと上がっている。この時期は最高で35度前後、最低でも25度は下回らないだろう。来月はもっと暑くなる。実は僕、3月のタイって何故か縁が無いんです。だから今年こそは行きたいと考えている。彼女も夏休みだし...
2泊、3泊の強行軍で飛んできたのに彼女は生理。よくある話。初めてオキニが出来た人は天気じゃなくて彼女の月経サイクルの方を気にした方がいいかもね。冗談じゃなくてホントの話...
IMG_0989.jpg

| | Comments (28) | TrackBack (0)

2004.02.18

ラ・デファンス(La defense)

夕方、僕はエメラルド・ホテルを出てラチャダー通りを渡った。結構命がけ...バス停で白バスを待つ。突然の雷、空が急激に暗くなり大粒の雨が落ちてきた。混んでいないバスに飛び乗る。雨宿りする場所が無いときはいつもそうだ...
バスは左折してRama 9 Rd.に入った。ラマ9通りには観るものは何も無い。だから普通の観光客はまず来ない場所だ。でも、普通じゃない人たちはせっせと通う。目的はMP(マッサージ・パーラー)...不便な場所だが僕も何度かお世話になったことがある。
ここは店数の少ないエリアだけど個人的なお勧めはキャサリンかな??ジュリアナの方がいいと言う友達もいるけど僕は嫌い。ビギナーの時に性悪コンシアに叩きのめされたことがトラウマになっている...そんなジュリアナも今は「ラ・デファンス」と言う店に変わった。次回は軽く覗いてみようか...
ladefense.jpg

| | Comments (94) | TrackBack (0)

2004.02.16

パトン・ビーチ(Patong Beach)

実は、僕のタイ国デビューはバンコクではなくプーケットだった。目的はダイビング。スミラン諸島をクルーズで潜り回ろうとしたけど予約が入らず、しかたなくピピ島(本当はピーピー島)の周辺を日帰りで楽しんだ思い出がある。海の評価は☆☆位...
泊まりはプーケットで一番賑やかなパトンビーチにある「タラ・パトン」だったと記憶している。ここは安いホテルだけど海岸通りに建っていて、近くにはレストランやバーも適当にある好ロケーションだ。当たりかな??内心そう思った...
プールサイドの部屋に案内された僕はベットを見て目が点になる。枕元に置かれたゴム2つ...タイって、そういう国なの??ちょっとドキドキ。でも冒険は控えめに終わる。そして2年後...タイの遊びを知った僕はパトン随一の歓楽街「ソイ・バングラ」を友達を引き連れ夜中まで徘徊していた...
pht2.jpg

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.02.14

テルメ(Thermae)

正式な名前は「Thermae Coffee House」かな??場所はスクンビット通りのソイ15近く(BTSのナナとアソークの中間)にあるホテルの地下だ。入口は建物の中と外に1つずつ。階段を下りるとそこは...
フロアーに溢れる客。人ごみをビール片手に泳いで回ると女の熱い視線がバンバン飛んでくる。そう、ここはファランや日本人に有名な援助交際カフェ。今夜も即席カップルが仲良く手を繋いで店を出て行く...
ちなみに上のホテルはRuamchitt Plaza & Hotelといい1泊900B程度で泊まることが出来る。下で買い、上で楽しむ...最高のロケーション?いや、ここは僕も使ったことあるけど部屋は大したこと無いし、今はJFだって取られちゃうみたい。プールはあるけどね...
rth.jpg

| | Comments (58) | TrackBack (0)

2004.02.13

白と黒

彼女との3回目のデートはカセサート大学でのローイクラトンだった。でも二人きりじゃなくてオマケ付き...外国人と出かける姉を心配して弟がボディーガードに付いてきたんです。
「ここは家から近いんだけど、難しいの...」当時、彼女は高校三年生で進路に悩んでいた。将来就きたい仕事があるなら大学は出ておかないと...それに君の制服姿を僕も見てみたいな!
長い夏休みが終わって新学期が始まった。僕は彼女とデートをした。「これ...約束してた...」恥ずかしそうに一枚の写真を手渡す彼女。短めの黒いスカートにピチッとした白いシャツを着ている。スワイディー!その制服、とても似合うよ...
pa3.jpg

| | Comments (98) | TrackBack (0)

2004.02.11

ブア・チョンプー(Bua Chompoo)

彼女の名前はブア・チョンプー、直訳すればピンクの蓮の花...初めて聴いた時はそれほど興味を示さなかったけど、間違えて買ったVCDを見てからは結構オキニにしている女の子だ。
3年前、田舎(北部)の高校を卒業し、先にバンコクで生活している姉を頼って街へ出てきた子がいた。友達の紹介で一緒に食事をしたけど、色黒で色気も無いハッキリ言って田舎の女の子。オマケに恥ずかしがり屋なのか全く会話が続かない。「これ、ブア・チョンプーだね?」店で流れていた曲を聴いて僕は言った。「うん、わたし大好きなの!」その時見せた笑顔だけが思い出に残っていた...
そんな彼女と久しぶりに会った。「明日、時間があったら食事しない?」僕は自然と誘っていた。3年の時間は彼女を素敵な都会の女に変えていた...
Bua.jpg

| | Comments (43) | TrackBack (0)

2004.02.10

ノンタブリー(Nonthaburi)

BTSでサートーンまで行きエクスプレス・ボートに乗る。昼間の暇つぶし...どこまで行こうかな??ラーチャウォンで降りてヤワラー散策、それともプラ・アティットまで行ってカオサンで遅いランチタイムにするか...僕がチケット売り場で迷っているとファランが「終点はどこ?」と聞いてきた。知らない...
チャオプラヤー川を遡る。左側の席に座ったら日差しをまともに受けて汗だくだ。失敗...ラーマ6世橋をくぐった辺りから急激に田舎になってくる。高い建物が少なくなり椰子の木が増えた。いかにも東南アジアという感じ...
船はノンタブリーに着いた。朝晩はもっと上流まで行くそうだが昼間はここが終点らしい。市場を見て船着場でビールを飲んだ。街の雰囲気が全然違う。こんな遠くまでもう来る事は無いな...その時はそう思った。でも今の僕は彼女の影響でノンタブリー県とバンコク市の境がホームグラウンドになりつつある。巡り合わせって不思議なものだね...
nonta.jpg

| | Comments (28) | TrackBack (0)

2004.02.08

ナタリー(Nataree)

ラチャダーのMP、ポセイドンで選べなかった時は歩いてナタリーまで戻る。ここもボリが無く人気のあるMPのひとつで、コウイチ君(日本語可のタイ人)というコンシアも日本人の好みを熟知していて頼りになる。僕もブッキングの時など何度かお世話になりました。
「なんだよ~全然女がいないじゃん・・」外でタバコを吸ってるとこんな会話をよく耳にします。初めての人がよく間違うんだよね。ココは入口(古式按摩とMP)が2つあるんです。冷静に見れば解るのだけど、最初はそんな余裕が無いんでしょうね...
僕はナタリーで決まらなかったらその日のMPは諦めることにしている。あとは梅花、VIP、サブウェイの何処かで古式を受けてからスクンビットへ飲みに行くことが多いかな。通りを挟んで向こう側にもアレキ遊びで有名なシーザーがある。だけど僕にはその趣味は無い。だからメンバーが足りないからって誘わないで下さい...
ratchada.jpg

| | Comments (1042) | TrackBack (0)

2004.02.07

MBK(マーブンクロン)

タイに行き始めたころ買い物と言えばMBK。いつも2回3回と出かけて半日はそこで過ごしていた。それがCDを買いフードコートで食事をするだけになり、やがて友達から携帯の価格チェックを頼まれたときだけ出向く程度になっていた...
約束したサヤームスクエアとの連絡通路(LOSOのVCDにも出てくるね)へ10分も前に着いた。久しぶりのMBK。日曜日なので人が溢れている。5分後...、サワディー・カァ!振り返るとワイしながら微笑む彼女がいた...
僕の美しい蓮の花。本当はMBKなんかでデートしたくは無かった。やがて君も街中で遊ぶようになるのだろうけど、今は薄汚れた街の色に染まって欲しくは無い。君は18歳、まだまだ無垢でいて欲しいと僕は願っている...
siam-mbk.jpg

| | Comments (19) | TrackBack (0)

2004.02.04

カフェー遊び

外国人にはあまり馴染みがないけどタイ人の好きな遊びのひとつにカフェーがある。喫茶店?ではない。まあ、ライブ(歌謡)レストランみたいなものかな。
ステージに勢ぞろいする女の子たち。男はそれを見ながら酒を飲み食事をとる。そして、気に入った子に花輪を買ってやると歌のあと席に来てくれる...が、これは競の世界で女の子は一番高い花輪をくれた客につくのが基本だ。花もGOGOなので子供が売りにくる数十バーツのものではない。桁が1つ2つ違うからね。
店に通い、気に入った娘を口説いてモノにするラブゲーム!暇と金のある裕福なタイ人の遊び。今年は僕もそこに割って入りたいと密かに画策している...
cafee.jpg

| | Comments (53) | TrackBack (0)

2004.02.02

Tong Pukkaramai

タイが好きになり僕は日本の音楽を聴かなくなってしまった。前に紹介したニコルから始まり、今はトン・パッカラマイが一番のお気に入りだ。タイの芸能界はタイ人ぽくないキャラが人気ある。肌の色が白く顔も今風の感じ...ニコルもアメリカとのハーフだしね。
君はTongに似ているね!褒めるつもりで言ったのに彼女は顔色を変えて「色が黒いってこと...」と泣き出した。(ウソ泣きだけど...)そう、Tongはあきらかに他の若い歌手と違う。背が高くて色黒??でカッコイイ。僕はそんなTongと彼女が大好きなのだ。
一時は怒った彼女だけど、カラオケボックスで歌うときは必ずTongの曲から入ってくれる。優しいな!でも、その後は好きなPalmyを歌いまくるけどね...
Tong.jpg

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2004.02.01

ポセイドン(Poseidon)

タイに行き一番初めに入ったMPはシーアユタヤ通りにあるチャオプラヤー1(J-ONE)だった。感想は、こんなものかぁ...って感じ。でも、後で聞くとこの店はボリボリの外国人プライスが存在するみたいでしたが、僕はコンシアに恵まれたのか日本人に見えなかったのかは解りませんけど運良く標準価格でのご入浴でした。
その手の店が固まっているエリアにラチャダー通りがある。今年は地下鉄も完成する予定なので最悪の渋滞に遭うことなくお風呂に行けるようになる。地下鉄はMP好きには最高の贈り物だね...
ラチャダーで僕がいつも始めに入るのはポセイドン。二階のひな壇を少し見てから三階のラウンジへ。ここはソファーに座っているモデルクラスの女の子を誘って部屋に行く場所だ。ラウンジはキレイな子が多いけど場を楽しむにはやはりタイ語・英語のボキャが少しは必要かな。中でやることは二階の子とまったく一緒ですけど...
Pose.jpg

| | Comments (26) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »