« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.30

Majorで遊ぶ

僕はバンコクに行くと必ず映画を見る。「タイの映画館なんて公民館に毛が生えた程度じゃない?」こんな認識の人はたぶんドキモを抜かれると思う。設備は日本の一流館に決して引けを取らず(それ以上かも)、新作の公開時期も早い。それで料金は400円足らずなんだから映画の好きな人は挑戦しない手はないですよ。
僕がよく行く映画館はメジャー(Major-Cineplex)だ。場所はラッパオが殆どだけどスクンビットのエカマイにも行ったことがある。まあ、エカマイはどちらかと言えばボーリングが多いかな。映画見てボーリング...う~ん、中高生のような健全なデートだねぇ!でもタイのボーリングは大人の遊びです。日本では飲食しながらプレイする人は滅多にいませんが、こちらでは当たり前のように飯を食べながらピッチャーでビールをガブガブ飲む。これホントですよ...
前の席に足を掛けて菓子をバリバリ食べてた兄ちゃんたちが突然立ち上がった...タイでは映画の上映前に国王讃歌が映像と共に流れる。僕はこのイベントを何十回も見てきたが今まで起立しなかったタイ人は一人もいない。政治もメチャクチャな国だけど、大切なところは守られている。僕はこの国が大好きだ...
major.jpg
Major-Bowl

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.06.28

タイ語を使ってみる

タイ語の発音は難しい。僕もここでカタカナを使って書いているけど、そのまま読んでもたぶん通じないだろう。それに、英語をタイ語で発音すると更に難しくなる。例えば、僕たちがよくデートするラートプラオ通り(Lad-Phrao Rd.)のセントラル(Central)デパートは「センタン・ラッパ-オ」と聞こえるんだよね...

例文:タクシーでラチャダーに出かける(流しのタクシーを拾って、取りあえず目印のエメラルドホテルへ向かう...)
車が止まったらドアを開け、パイ・タノン・ラチャダー・ダイマイ?(ラチャダー通りまで行ってくれる?)そして、運ちゃんが場所を聞いてきたら、クライクライ・ロン(グ)レーム・エメランナァ...(エメラルドホテルの近くね)と答えてみましょう。「近く」のクライクライはカイカイと短く発音するとなお良いでしょう。
それから、運ちゃんがメーターをONにしない場合は、チャーイ・メーター・ナ!(メーター使ってね)、それでもダメなら、ジョー(ト)・ドゥワイ・ナ!(止めてちょうだいな)ですね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.06.27

タクシーの乗り方

タイ初心者がバンコクで使う足で一番安全なのはBTSだろう。でも、沿線以外に行くとしたらやっぱりタクシーとなる。観光都市バンコクだけど英語の出来る運転手は意外と少ない。不景気で大卒の賢い若者が仕方なくタクシードライバーになったと言う話は遠い過去の話ですね...
タクシーの乗り方だけど、僕は個人的に青赤の車体が好きです。そして暑い街を移動すのだからエアコンの効きそうな新しい車を選んでます。車の止め方は日本と少し違い、手は上ではなく斜め下向きに挙げて合図します。これが普通に出来ればちょっと通ぽく見える。かな??
メータータクシーでもラッシュ時や雨天の場合は乗車拒否に合ったり、相手を見て交渉タクシーに早変わりする。少しでもそんな雰囲気があったら初心者は素直に次を探した方がいい。また、停車している車も避けた方が無難です。歓楽街の入口にいる奴は高確率でボッて来ます。ナナは意外と少ないけどね...
車が止まったらドアを開け(当然だけど手動)、運ちゃんに行き先を告げてから乗り込みます。そして、走り出したら取りあえずメーターを確認した方がいいですね。だいぶ前に初乗り運賃の値上げ申請が許可されたと聞きましたが先月はまだ35Bでした。さすがタイ、マイペンライですね...
taxy.jpg
青赤は会社、黄緑は個人タクシーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.26

GOGO-BAR (R2)

ナナで初心者がさけて通れない店がレインボー2だ。いや、常連だって同じかな??初めてパッポンやナナへ足を踏み入れた人の多くは店の名前は知っていてもなかなかそこへたどり着けない。理由は客引きの介入もそうだけど、パッポンは屋台と人の波、ナナは入口前のオープンバーが邪魔して瞬時に店が判断できないことが原因じゃないかな??
そんな中でレインボー2は場所が解りやすい。ナナプラザに入ったら右回りで奥へ進む。距離にして20mも行けば突き当たるので、その角の店がR2だ。もう一つの目印は横の店が元男性で有名なオブセッションだから、不自然な美しさの女の子が外で屯しているからすぐ解るでしょう。ナナに入った時点で覚悟は決まったと思いますが、中には一回りして帰ってしまう人もいます。深呼吸して、もう一歩を踏み出しましょう!
店内は右奥へと広がっている。そして、入って立ち止まれば店員に見つけられ自然と席に案内されるから初心者でも問題ない。座席に着くとウエイトレスが注文を取りに来る。オーダーは英語でOK!飲み物が運ばれて来たら念のため伝票をチェックしておきましょう。トイレは左奥で手前が男性用。中の兄ちゃんからサービスを受けるとチップをせがまれるからそのつもりでね...
えーと、あとは教えない。と言うか、知りすぎない方がいい。初めて見るGOGOの感動が薄れてしまうから...
R2.jpg
レインボー2 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.06.24

タイ語を使ってみる

日本語の出来る女の子が一番多い場所はたぶんタニヤだろうが、GOGOにも結構上手に喋る子がいる。タニヤなどのカラオケからGOGOへ転職する子はまずいないので、その手の子には必ず日本人彼氏の存在を考えなければならない。過去形も含めてね...まあ、それを承知でチョイスするなら日本人の嗜好を心得ている彼女たちは良い遊び相手になってくれると思います。

例文:パッポン・ナナで日本語の達者な子がいたら...
タ(ム)マイ・クン・プー(ド)パーサーイープン・ケン(グ)・ナ?(どうして君は日本語が上手なの?)と聞いてみましょう。(あれ、日本語の喋れる子にタイ語を使ってもしょうがないか...)じゃあ、ミー・フェーン・コンイープン・キーコン?(日本人の恋人は何人いるの?)と、少し意地悪な質問でも!!
それからもうひとつ...ミー・フェーン・コンタイ・チャイマイ?(タイ人の恋人がいるんでしょ?)あれ、野暮な質問してどうするの??

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.06.23

ドリアンと昆虫

そろそろドリアンの季節になってきた。果物の王様と呼ばれるドリアンはタイ語で「トゥーリアン」と言う。強烈な匂いと甘み、そして独特の食感が特徴のトゥーリアンは日本で買えば凄く高価なものだが、タイではキロ20B程度で買えてしまう。けど、僕は決してそれを好んで食べたりはしない...
あの匂いは悪臭だ。(好きな人ゴメンナサイ)女の子が一生懸命に剥いてくれ口へ運んでくれれば食すけど、それ以外は勘弁してもらう。街を散歩中、ドリアンの屋台の前で立ち止まる彼女。僕は悪いと思いながらも見て見ぬ振りをする...
それと、パッポンやナナの入口で売っている「昆虫」も出来れば避けて通りたい。えっ、君も食べるの??バーのカワイイ子が普通に虫を口に運んだ。お、お願いだからその口でキスしないでね...
mushi.jpg
慣れれば美味?? NANAにて

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.06.21

ミー・フェーン・プーインタイ

彼女がまだ高校生の頃、ラッパオでデートしていると突然腕を引かれ物陰に隠れることが度々あった。聞けば同級生がいたらしく一言「恥ずかしい...」と言った。郊外だと目立つからね...
そんな彼女も大学生になると積極的に友達を紹介するようになった。でも僕の位置づけはいまいちハッキリしない。ある日、モールでジーンズを見てたとき、僕と彼女の会話を聞いて店のおばちゃんが彼女に尋ねた。「彼はタイ人じゃないでしょ?どうしてタイ語が出来るの?」「なぜ?」振り返る彼女。僕は彼女の目を見て「タイ人の恋人がいるから...言っちゃダメかな??」「up to you...」その時、彼女は僕を他人の前で初めて彼氏と認めた...
myangel.jpg
My Beautiful Lotus

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.06.20

ドンムアンの風景

モーチットでバスを待っている時にパヤオまで帰るという母子に会った。聞けば父親は日本人だという。その場の雰囲気からしてすでに過去形だと思うけど、彼女のような女性は決して少なくはないだろう...
僕は街でファランがタイ人女性と子供を連れている姿は何度も目撃するが、日本の男が同じことをしているところはあまり見たことがない。でも、空港で繰り広げられる男女の送迎光景は圧倒的に日本人の方が多いんじゃないかな??怪しく不自然なカップルが多いドンムアン空港だけど、前回の帰国時にフレッシュな別れを久しぶりに見た。
抱き合う男女...僕は彼に見覚えがあった。5日前、ナナホテルで友達を待っている僕の前をスーツケースを引きずり通り過ぎたのが彼だった。軽く会釈する彼、その顔は不安と期待に満ちていた...
さあ、ふたりにはどんな物語があったのか。そして、その続きはあるのか??彼はきっと戻ってくるだろう。僕もそうだったから...
airp.jpg
思い出とともにそれぞれの国に帰っていく...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.06.19

タイ語を使ってみる

「この店は何回目?」と聞かれ、違うのに「初めて!」と答える人が意外と多いらしい。風俗店に通っていることをバラすのが恥ずかしいのか?? でも、店や女の子からすればシステムの解らない「初客」はいいカモにされるぞ...友達はそう言っていた。半分は当たっているかもしれない...僕の場合は、クラン・レーク(初めて)とボイボイ(たびたび)の二極で使い分けてます。

例文:MPやカラオケで凄くいい子に当たったら...
取りあえずボイボイと言っておき、テーワー(でもね...)マイ・クーイ・ヘン・サーウ・スーワイ・ヤン・クン(君のような美しい女性はまだ見たこと無いな...)と振ってみましょうか!!

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.06.18

モバイルする?

友達にスタバマニアがいる。たぶんバンコクは制覇したんじゃないかな。でも国の物価からすればスタバの珈琲は高いよね。まあ、値段が値段だから飲み過ぎて胃を悪くすることもないか...
タイの大病院はサービス業だと誰かが言っていた。スクンビットのソイ3にあるバムルンラード病院はまさにその代名詞かも知れない。ホテルを思わせるようなロビーには日本語の窓口もあり、施設内にはそのスターバックスやマクドナルド、さらには日本食レストランまである。そして、最近はネットも閲覧も出来るらしい。歓楽街にも近いし下手な上級クラスより確実に快適だと思うのは僕だけじゃないでしょう??
バンコクのスタバでも無線LANでネットが可能になった。でも、まだ日本人の利用者は見たことない。僕もPADは持っていくけどスタバでネットサーフィンはしないだろう。だってNET屋さんの方が断然安いしね。お洒落じゃないけど...
inet.jpg
行き付けのNET屋:スタバと比べると確かに...

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.06.17

スリーサバイ

バンコク以外のMPで一番気に入ってるのはやっぱりパタヤかな。女の子、料金、サービスのバランスも取れているし、何より狭いエリアに遊ぶ店(バービアやGOGOも含めて)がギュッと収縮されているのがいい。タイの歓楽街に順番を付けろ言われたら、僕は迷わずパタヤを一番に挙げます。
セカンドロードのビッグC付近にMPが三店ある。名前はサバイ・ルーム、サバイ・ディー、サバイ・ランドだ。このスリーサバイに個人的な順番を付けるなら、ルーム>ディー>ランドの順かな??ちなみに、これは遊んだ女の子で決めているから、施設装備や店員良し悪しは考慮してありません...
料金は各店共通の1600B(100B値上がりした)でマットあり。2時頃から営業しているので暑さしのぎにちょうどいい。一風呂浴びたら夕方からハッピーアワーのバービア巡り。そして夜はGOGO・ディスコで盛り上がる。これがパタヤの正しい遊び方??
diiroom.jpg
Room&Dii

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.15

休日の過ごし方

土日は意味も無くチャトチャックの市場に出かける。見学は1時間以内で終わらせ、路上の屋台でクイッティオを食べてから隣の公園に向かう。多くの家族連れや恋人たちがそうするように僕たちも入口でゴザを調達だ。20B。一日で一番暑い時間帯だけど池の近くの木陰には涼しい風が吹きぬけて心地よい...
ゴザに寝転び僕は彼女からタイ語を教わるが、光り輝く木洩れ日と難しい発音がすぐに眠気を誘ってくる。昨日に続いて5分で就寝...そして、2時間後に僕は起きた。彼女は荷物を抱えてまだ横で眠っている。ほんとよく寝る子だ...
天秤棒を担いだスルメ屋がいい匂いを放っている。呼ぶ。そして買う。バチパチとスルメの焼ける音で彼女が目を覚ます。「また買ったの?もう夕食の時間でしょ...」「今日はどこで食べる?」「ランナム!!」お前だって昨日と一緒じゃん...
park.jpg
sleep... ああ、昔のランナムは良かったな...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.06.14

抜け道

友達とスクンビットのソイ33で軽く飲んだあとは韓国料理屋の「ソウル・ジブ」に寄ることが多かった。ここは値段もそこそこで、店のつくりも小綺麗だから女の子との食事場所にはお薦めできる。ただ、タイの女の子は韓国料理が苦手な子が多いから行く前に確認した方がいいかもね...
ソウル・ジブを更に奥へ進むとソイ33/1に抜ける近道がある。出たところは「Fuji-Super」という現地の日本人にはありがたいスーパーの駐車場だ。ここでずらりと並ぶ日本の食材を見ていると、バンコクにいても日本と変わらない食生活が出来るのでは??とマジ思う。
僕はラーメンを食べたくなると、このソイにある「民民」という中華料理の店に来る。まずはモヤシ炒めとビール。NHKを見ながらグビグビ、パクパク...そして〆にラーメン系を食べて出来上がり。庶民の味。特に前の組み合わせはバンコク1だと僕は思う...
fujisupre.jpg
UFM Fuji Super

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.06.12

ソイ・インドラ

トクトクを降りた僕たちはシー・アユタヤ通りを横切った。細い路地を抜け、金網の隙間から鉄道の敷地に入る。庶民の生活スペースが線路際まで有効に活用されている風景は僕の想像していた東南アジアそのものだった...
彼女に手を引かれバイヨーク・スカイの前に出た。(ああ、これがいつも見えているんだ...)僕は彼女のアパートから見える景色を思い浮かべて見る。インドラ・リージェントを過ぎると一気に人が増えた。狭い路地にびっしりと衣料品の店が連なっている。「ここどこ?」「パトナーム!!」「そうなんだ...」僕は99Bのベルトを彼女に買い、彼女は120Bのサンダルを僕に買ってくれた...
雑踏の中で空を見上げれば、あの頃と同じ二つのタワーが視界に飛び込んでくる。そしてソイ・インドラには今日も人が溢れ、僕はその混沌としたパトナームの迷宮を歩きながら彼女のことを考える。あの日の夜、二人はバイヨークに描かれるレーザーを見ながら抱き合った。ここは僕の忘れることの出来ない思い出の場所なのです...
indra.jpg
Soi Indra (soi21)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.10

タイ語を使ってみる

I can speak Thai...Only one...「僕はひとつだけタイ語が話せるよ!! コイ・マッ(ク)・チャオ...」近くにいた女の子たちが一斉に笑う。何故??
タイ語で愛は「ラッ(ク)」です。これがイサーンだと「マッ(ク)」となる...そして、コイは私、チャオは貴方。そう、僕は「i love you」をイサーン語で言ってみたのです...
これってイサーン出身の女の子が多い夜の店では結構うける。ツカミとしては有効なのでお試しを!!簡単なフレーズは標準語と同時に覚えると良いかもね。→正調イサーン語

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.06.09

ナポレオン・クラブ

ファランのタニヤと呼ばれている「ソイ33」に通ったことがある。ここはスクンビットのソイ33のことだが、最近ではGダイアリーにも地図付きで紹介されているから遊んだ人も結構いるんじゃないかな。SMクラブのケイブも確かこのソイだったでしょ??
数ある店で僕が気に入っていたのは「ナポレオン・クラブ」だった。と言っても、夕食前の食前酒を安価のハッピーアワーで楽しむ程度で、いつも長居はしていなかったから店のシステムとかはよく解らない。ただ、時間外はかなり高い印象が残っている...僕が時間外までいる時は決まってあの娘が横にいた。と言うか、この子しか眼中に無く、カウンターのママ以外の女の子たちは全く覚えていない。ああ、あの爆乳娘は今どこに...
最近のことは知らないけど、当時ソイ33で遊ぶなら英語かタイ語が多少なりとも出来ないと全く面白くなかった。タイ語はダメでも英語なら...って人は試しに出かけてみては如何でしょうか。ファランの遊び方を見学するのもまた楽しいかも??
napoleon.jpg
Napoleon Club

| | Comments (58) | TrackBack (0)

2004.06.07

ピアス

彼女と初めて遇ったとき耳にはすでにピアスが入っていた。17歳だし普通だよね...僕はピアスが嫌いなわけじゃない。でも、耳以外に通すことは理解に苦しむ。好きだった子がちょっと見ないうちに鼻やヘソに入れてたら...「僕が好きなら無茶しないで...」実際にありそうな話だから彼女にはしっかり釘を刺しておいた。はず...??
鼻ピアスといえばPALMY(パーミー)だろう。初めは何だコリャ??と思いましたが、彼女のオキニと言うことで無理やり好きになりました。(苦)そのパーミーのコンサートが渋谷であるらしい。ブライオニーの次はパーミー。タイ・ポップスもコリアンに負けないで盛り上がって欲しいですね!!
palmy.jpg
PALMY

| | Comments (33) | TrackBack (0)

2004.06.06

タニヤでハッピーアワー

僕のタニヤ遊びは指で数えられるほど少ない。でも、タニヤ通りそのものは何度も通っている。中でも和食ランチの定番、通り沿いの「築地」やチャーン・イサラ・タワー内の「江戸屋」「味里」などは利用頻度が高いかな...
日本人街のタニヤだけど、「BARBICAN」みたいなファラン中心の店もある。ここのお奨めは、半地下の禁煙席でビールを飲みながら出勤するタニヤ嬢を下から鑑賞することだ。それと、運が良ければキレイなキャンペーンガールにも会える。
「今日のツキはどうかな??」僕は女の子の手からカードを引いた。「Half...」よし!!半値で飲めるぞ。この店のハッピーアワーにはこんなサービスがある。あと、店にはギネスも置いてあるけどカードの対象外だからね。参考までに...
frontlogo.gif

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.06.05

クルントン・コンプレックス

適当に遊びなれてくると人と違う行動をとりたくなりませんか?僕にもそんな経験がある。MPは定番のラチャダーやペッブリーから郊外の店へ。GOGOも場末と言われているスティサンへ足を運んだりと...こういった場所は大抵得るものは少ないんですが、経験値上げと言うか自己満足と言うか、そんな程度のものです。
BTSの西の終点はタクシン橋で、そのひとつ下流にクルンテープ橋がある。橋を渡りしばらく行くと右手にあるのが「クルントン・コンプレックス」だ。その昔は、ロリ好きには有名なMPだったが今は極々普通の店となっている。ここは郊外だから安い??そんなことはありません。僕が最後に顔を出したのは昨年の前半だけど、1500-1900Bの料金設定でしたね。
この店で気に入った娘がいた。性格もよく仕事も真面目で会話も楽しい。「君の部屋に泊まってもいい?」「1泊500BならOKね!!」「アレも込み?」「別料金...レオテー...」こんな感じ。ホントいい子なんだけど、僕はタトゥーがダメなんだ...
krungthon.jpg
Krungthon-Complex

| | Comments (120) | TrackBack (0)

2004.06.03

オンヌット&プラカノン

BTSスクンビット線の北の終点はMo-Chit(モーチット)だ。ここはチャトチャック市場で有名だから訪れた人も多いと思う。でもその反対、東の終点「On-Nut(オンヌット)」へ行った事がある人は少ないだろう。だって何もないしね...
僕はオンヌットが結構好き。ロータスでウインドショッピングを兼ねて火照ったカラダをクールダウン。そして駅前の市場や街から離れた田舎のスクンビットを見ながらPhra-Khanong(プラカノン)まで歩いて戻る。面白い??いや...こっちも何もないです。
この両駅に隣接しているソイ77&71にはタイ人向けの手ごろなアパートが数多くある。夕方この辺りにいると知り合いの女の子が日本人の男と歩いていたり、モトサイで仕事に出かける姿を見かけることもある。以前は僕も泊まることの出来る部屋があったんだけどね...
onnut.jpg
BTS:On-Nut

| | Comments (49) | TrackBack (0)

2004.06.01

運転免許と空の旅

彼女の家には自動車がある。旅行に出かける時はほとんどそれを使い、陸路でチェンマイやスリンまで行くというから大したものだ。そんな話をしているとき彼女が僕の耳元でポツリと言った。わたし飛行機に乗ったことが無いの...
TGやPGも今年になって国内線にプロモーション価格を数多く投入してきた。TGのバンコク-チェンマイは片道1500B程度で購入出来るし、夏のプーケット旅行に備えて慣らしの「空の旅」をプレゼントしようかな??でもせっかく行くのに日帰りじゃね~。
今彼女は運転免許に挑戦している。そしてその費用は僕が援助した。「私がどこでも乗せて行ってあげるからね!」嬉しいけど、ちょっと怖い...
chiangraiair.jpg
空から見るチェンラーイの町

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »