« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.31

居酒屋「いもや」

スクンビットに「いもや」という居酒屋がある。在タイには結構有名な店だし、地球の歩き方・バンコク編にも紹介されているので知ってる人も多いかな??
いもやの本店はソイ53だけど観光客が行きやすいのはソイ24にある2号店の方だろう。場所はエンポリ横のソイを入り50m程歩いた右側のビルで、今は大きな看板が目に付くからすぐにわかると思う。エントランスから真っ直ぐ奥に進むと左奥にエレベーターがあり、その3階がいもやだ。(階段を使う人は頭上に注意...)
店は左側が座敷で右側がテーブル席となっており、客層は9割が在タイかな??ここの売りは「良い物を安く」で、他の居酒屋よりは財布を気にしないで飲めると思います。まずは右奥のカウンターに座って生ビ-ルを一杯、その次は酎ハイでも...おっと、隣りに体格のいい男性が...社長です。一見怖そうに見えますが凄くいい人です。夜の情報にも詳しいしね!
imoya.jpg
ソイ24(53は奥さんが相手をしてくれます)

| | Comments (950) | TrackBack (2)

2004.10.30

2547.11.26

来月はローイクラトンがある。でも僕は仕事でタイに帰れない。そのことを彼女に伝えると「あなたが来ないなら私は家で過ごすから...」と寂しそうに言った。
「26日は無理だけど、来月は必ず逢いに行くから...」僕はメールを送った。そして、その返事は...昔の彼女なら「すぐ来て!」と言うのだが今回は「無理しないで」だった...
大人の駆け引きを覚えたのか、無理するなと言われると逆に気を遣う。僕たちの付き合いはローイクラトンから始まった。だからこの日は特別な夜。タイではクリスマスイブに逢えない恋人同士と同じようなものなんだよね。ゴメン...
roiku.jpg
今年も一緒に流したかったな...

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.10.27

彼女の嫌いなところ

「昨日、誰といたの?女でしょ?」電話の向こうで彼女が怒っている。
僕はゴーゴーやカラオケで遊ぶし、時にはMPだって入ることもある。でも、彼女と付き合うようになってからは部屋に女を入れたことは一度もない。「カオチャイ・ピッ・ナー(誤解だよ!)」と言ったものの、決して威張れる立場じゃないことは自分が一番解っている...
「テレビの声だよ」「だってイサーンの女の声が聞こえた...」彼女も引かない。僕は彼女のことが好きだけど、イサーンの悪口を言うところは大嫌いだ。バンコクっ子の二人に一人は露骨に田舎者をバカにする。僕も田舎育ちだからつい敏感に反応しちゃうんだけどね。
僕は君がイサーン出身でも、ラオでもパマーでも構わない。本当に...
IMG_1471.jpg
Tachileik MYANMAR

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.10.26

タイ語って...

初めてのタイは全て英語で通した。その時に覚えたタイ語は「サワディー・カッ(プ)」「コップン・カッ(プ)」の2つだけだったな。興味を持ち始めて会話本を買ってみたけど...5分で挫折。まあ最初は誰でもそんなもんでしょう?
慣れない単語と発音に戸惑いなかなか進歩しない外国語も、ある所まで行くと一気に上達する。例えば、スキーやスノボーに挑戦して散々転んでいたのに突然曲がり方が解るようになるのと一緒かな??経験者は解ると思いますが、タイ語は単語と単語を並べて新しい言葉を作ることが多いから、そのレパートリーも飛躍的に増加していきます。
ただ、僕のように基礎が出来ていないと壁に当たるのも早い。もっと深くタイを知り、楽しく遊びたいならもう一線を越える必要があるけど、このハードルが結構高いんですよね。今はこのレベルで右往左往、手詰まり状態です。負け犬の遠吠えだけど、タイも遊びも知り始めが一番楽しい時だったな...
01.jpg
タイは英語じゃダメ!片言のタイ語が世界を広げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.24

名古屋のTG

僕も利用する機会が多い名古屋空港は、来年の2月17日から中部国際空港(セントレア)へ旅客業務が移動する。それに合わせてタイ国際航空もバンコク行きのフライトを毎日2便に増便させるようだ。(現時点での予定フライトは以下のとおり)
往路
TG645(A330)名古屋(10:30)→バンコク(15:15)
TG737 (B767)名古屋(18:30)→バンコク(22:45)
復路
TG644 (A330)バンコク(00:20)→名古屋(07:40)

個人的に希望を言わせてもらうと、往路は午前午後と選択の幅は広まったけど午後便のバンコク着が遅すぎる。せめて9時頃に到着すれば到着日からガンガン遊べるんだけどね。それと、復路は運行の無かった火曜日が埋まったけど、ドンムアン発がやや早まってしまい帰国日の貴重な夜遊び時間が削られてしまった。空港までの渋滞と名古屋到着後の移動を考えると1時過ぎのフライトがベストなんですけどね...
airn.jpg
以前関空にあった夜立ち早朝着の便を名古屋から飛ばして!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.10.23

ウォンウィエン・ヤイ

チャオプラヤーを渡って川向こうへ行ったことありますか?ピンクラオの歓楽街、南バスターミナル、トンブリー駅などは経験者も多いのではないでしょうか。でも、もう少し下流の方、ウォンウィエン・ヤイ付近は知っていてもなかなか行く場所じゃない。正直言って何も無いしね。
ウォンウィエン・ヤイにはローカル鉄道の駅がある。地球の歩き方にも紹介されていたけど、この本の読者が電車に乗ってマハーチャイまで行くとは思えないんだけどね。どうなんでしょう??
駅は「え、こんな所にあるの」って場所にある。構内?に入ると右に小さな切符売り場とベンチがあり、ホームには色んな店や屋台(左側は道路)が並んでいる。そこそこ活気があって面白いけど、ただそれだけ...鉄道マニアの方、線路と人々の生活が密接してる環境が好きな人は暇つぶしに見学してみて下さい。
intra.jpg
列車の旅、素敵な出会いがあるかも??

| | Comments (152) | TrackBack (0)

2004.10.22

トム

彼女の連れてくる友達はみんな可愛くて正直目移りするときもある。でも、聞けばほとんどの子に彼氏がいるらしい。当然だよね。
中でも100%チャイニーズという子は彼女の次(?)に気に入ってるんだけど、その彼氏というのがトムなんです。トムって言うのは...簡単に言えば男装する女性でタイには結構そういったカップルは多い。しかも彼らはアパートで同棲しるんだって。(少しHなこと想像...)
この前、4人で食事をした。女の子を2.5人連れているような何か変な感じ...でも、彼女は彼女のことをお兄さんと呼ぶ。あれ、キスしてる...二人の関係ってどうなってるんだろう??知りたいけど知りたくない...
girl.jpg
こんなカワイイ子も実はレズだったり...??

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.10.20

牡蠣を食べる

まだタイ初心者のころ、ナナの女の子たちと出かけたヤワラーで生牡蠣を勧められた。けど、僕は食べることが出来なかった。「生もの=危険=旅中断」と頭の中にインプットされた東南アジア旅行術が邪魔していたんだろう...
そんな僕に生牡蠣を食べさせたのも彼女だった。殻と身を切り離しライムや付け合わせの野菜などを素早くトッピング。「もし当たったら看病してあげるから」スプーンで掬われた牡蠣、彼女は有無を言わさず僕の口の中へ...
「美味しいじゃん!」僕は一気に3個も食べた。そして、カラダは何ともなかったけど彼女のアパートへ転がり込んだ...
kaki.jpg
生牡蠣(ホーイ・ナーン・ロム)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.10.19

クラブデビュー

タクシーがローカルレストランの前で止まった。店に飛び込んだ彼女が2分後に戻ってくる。「似てるでしょ?」友達のIDカードを見せる瞳が悪戯に輝いている...
彼女19歳、まだ大人の店に出入りできない歳だ。そんな彼女が選んだ場所はカオサン。一番チェックが厳しいところじゃん。まあ、入れなかったら飯でも食って帰ればいいか...と僕は軽くOKした。
「お前の身長いくつだ?友達と15センチも違うんだよ。無理だって言っただろ?」通りから入った店で彼女を宥めながら食事をする。僕たちは表と裏通りの2店で拒否された。「あと1カ所だけ...お願い...」諦めの悪い子だ...
今回は強行突破を考える。ファランのグループに紛れて一気に入店。成功!!「どう?」ウイスキーに顔を顰める彼女に聞く。「ドキドキしちゃう」酒もタバコも味の解らない彼女、入れないところに入ったことだけが友達に自慢できるんだろうな...次は天空に浮かぶ大人の店でディナーでもする??
bt.jpg
VERTIGO Banyan Tree Bangkok

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.17

ソンテウ(パタヤ)

パタヤには流しのソンテウ(乗り合いトラック)が大量に走っているので結構便利です。特に多いのはビーチロードとセカンドロードを回ってるやつなんだけど、ビーチロードはソイ1→ウォーキングストリートへ向けての一方通行がほとんどで、海沿いを戻ってくることは出来ないので念のため...
ソンテウは適当に乗って目的地が近づいたらブザーで合図するんだけど、初めての人は既に客の乗っているクルマに乗った方がいい。そして、下りるときは黙って運ちゃんに5B渡してその場を離れよう。下手に値段を尋ねたりするとボラれるからね。
あと、本人は交渉して借り切ったつもりでも奴らは平気で客を拾います。だから、僕は余程のことが無い限りチャーターはせず、5Bの乗り継ぎで移動しています。地理も覚えるしね!
song.jpg
パタヤヒルを越えるソンテウ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.10.16

大切なもの

ギュッ!と締まったウエスト。いったい何センチなんだろう...僕は彼女の腰を両手で押さえながら考えた。カラダをひねる彼女、後ろを向くと僕の手をとりウエストに回させる。思わず抱く...
前回バンコクに戻ったとき僕は初めて彼女に「女」を感じた。そして、今回は初めてカラダが感じてしまった。背中に頭を付けて彼女の鼓動を聞く。すごく速い...頭の中で色んな考えがグルグル回る。ああ、もう我慢できない...(バカ、何とかしろ!)
「君の大切なものってなに?」「お母さん」彼女は迷わずに即答した。その答えを聞いて僕は少しずつ冷静になっていく。「君は僕の大切なものなんだよ。解るよね?だからいつもみたいにハグして!」笑いながら抱きついてくる彼女。僕たちにはハグの関係がまだ合っている...
angel3.jpg
彼女は僕の部屋に初めて入った...

| | Comments (128) | TrackBack (0)

2004.10.15

ワニ??

チャオプラヤーでボートに乗ったことありますか?僕が一番利用するのはカオサン近くのバンランプーからノンタブリーまでだけど、ラマ6世橋を過ぎると見える景色もググッとローカル色が濃くなってくる。
先日、ワット・ケーマ付近で「チョーラケー!」と誰かが言った。チョーラケーってワニでしょ??マジ...みんなが見ている方に僕も視線を向ける。尻尾の部分が見えた。雨季の洪水でワニが逃げ出したとは聞いたことあるけどホントかな??大きなトカゲじゃないの...
僕と彼女が初めてカラダを密着(?)させたのは2年前のこと。サンプラーンでデートした時、彼女はワニの立てた水音に驚き僕に抱きついてきた。可愛かったな...
boat.jpg
Chaopraya Express Boat

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.13

損得勘定

しかしどうしてシーロムやスリウォンで客待ちしてるタクシーはメーターを使わないんだろう。ガソリンが高騰しているから流す時間と燃料代が惜しいのかな??まあ、それもあるけど基本的には怠け者なんだよね。それに、近距離で100B、200Bと払う客がいるから止められないんだろう...
僕も彼らは好きじゃない。でも、こちらの利用方法(3組6人乗車とか)で妥協できる料金なら利用する。2台で行くより安いからね。ちなみに僕の最高乗車人数は助手席2人、後部5人の計7人です。もちろん女の子が5人だけど...
bktaxy.jpg
郊外は真面目な運ちゃんが多いと思う...

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.10.12

躍り食い

イサーン料理屋で見たことない器が運ばれてきた。「これ何?」「タイにいると中年はあっちの製造が間に合わないだろ?精を付けるんだよ!」先輩が蓋を開けると小エビがピチピチと器から飛び出してくる。躍り食いだった...
スプーンで掬ってバクバク食べる先輩。そして、連れの女の子の口にもガンガン運んで食べさせる。僕はこの手の食べ方はちょっと無理。せいぜい生牡蠣を嗜む程度かな。それにしても凄い中年パワーだ。
次の日、カフェに現れた先輩。「ああ、結局俺が先に殺されちゃったよ...」こっちも躍り食い??かなり激しい夜だったみたいね...
kung.jpg
活海老食べれば精力つくの??違うでしょう...

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.10

オーキッド

スクンビットのソイ31をモトサイで移動する。ユーロでNHK見ながら一休みしようと思ってたんだけど、ふと視線を隣に移したらオーキッドが目に飛び込んできた。昨日読んだ情報誌にはシーロムにも出店したと書いてあったし一度は見ておくかな??
小作りの扉を開けて中に入ると左手にキャッシャー、右手に椅子が並んでいる。そして奥のスペースに按摩嬢が15人程座っていた。「オイル800B、ハーブ1000B、別に抜かなくてもいいですよ...」愛想のいいナイハンが丁寧に教えてくれる。
部屋はマットと小さなシャワー室のみだけど、まだ開店間もないので結構キレイだ。微睡みの時間...気持ちよく眠る。けどカラダの一部は元気に起きていた。こっちも寝かして...
fs.jpg
僕は花が好き。特に蘭は...

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.10.09

006

僕はタイから日本に電話を掛けるとき「001...」を使っているけど、今回彼女から携帯(修理したみたい)を受け取ると日本の僕に掛けた番号が「006」から始まっていることに気が付いた。...??
「前に来たとき教えたじゃない。006がプロモーションやってて安いって...」そう言えば聞いたような気もする。じゃあ...「安いならもっと電話して来いよ!」と言おうとしたけど喧嘩になるから止めた。
タイの子も友達と電話する時は「ワン切り」の応酬になり、ひどいときはお互いがやり合っているうちに相手の家に着いてしまったこともある。やっぱり日本と同じで電話代というのはバカにならないんだろうね...
movi.jpg
すでにプロモーション期間は終わったかも...

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.08

チューレン

僕はタイ人がそうであるように、こちらではニックネームで自分の名を名乗っている。それも日本人が名前の一部を使うようなものではなく、本当のチューレン(あだ名)です。ブラッドとか...嘘です。
珍しいあだ名は良いことも悪いこともある。夜遊ぶとき、僕は本当のチューレンを滅多に使わない。だってお決まりの歓楽街なんて狭い世界ですよ。いつ情報が漏れるか解らないでしょ??でも、知らない内に知れ渡っちゃうんだよね。タイの女の子に「秘密」は無理なんでしょう...
今回は久しぶりにタニヤで本チューを名乗った女の子がいた。帰国直前なのでどうしようもなかったけど、次へ繋がるヒットだったな。相手が覚えていればね...
thaniyan.jpg
タニヤ:シーロム側の入口

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.10.06

お寺通り

僕はカオサン滞在は卒業しているけど遊びにはやってくる。道を行き交う多国籍の人間を眺めているのは結構楽しいからね。本当は白人娘ウォッチングが狙いだけど...
カオサンも広くなった。メインロードからそのエリアがどんどん拡大され、今では賑やかな環境が嫌いなバックパッカーでも好んで泊まれる場所が幾つも出来ている。
僕のいっぷく処も最近はお寺エリアに移動した。人も少ないけどのんびり出来るしね。やる気のないウエイトレスが注文を取りにきた。「ビアチャーンね...」あ、しまった!今度こそハイネケンにしようと思ったのに。癖ってキライ...
khaosan.jpg
帰国してからずっと雨、まるで雨季みたい...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.10.05

言葉の壁

最近は彼女の授業が終わったあとでデートすることが多い。待ち合わせはノンタブリー県に近いタイ人率100%の場所で、初めの頃は出かけて行くにも一苦労だったけど、今はバスやボートを使ったりして道中を結構楽しんでいる。
学校帰りは彼女も友達を連れてくる。これが高確率でいい子なんだよね。食事はMKでタイスキ食べながらワイワイやるけど、僕のタイ語は彼女たちに半分も通じない。それに会話のスピードも早くて半分は何言ってるか解らない...
僕の言葉を拾ってくれるのは彼女だけ。もっと喋ることが出来れば彼女も楽しいんじゃないかな...言葉の壁は大きい。僕は彼女に「愛」と言う言葉を使ったことがない。それを語れるだけの会話力が僕にはないんです...
mksuki.jpg
MKはタイ語を勉強するところ??

| | Comments (41) | TrackBack (0)

2004.10.03

パタヤ・ゴーゴー

パタヤにはバービアも多いけどゴーゴーだってバンコクに負けないくらいある。ではどの店に行くか?僕がパタヤで初めて遊ぶ人にお薦め出来るのは、定番ですがスーパーベイビー&ガールの2店でしょうか。
SB&SGは、パッポンのキングス系、ナナのレインボー系と比べても何の遜色もない。いや、トップレスで踊ることを考えれば今のバンコクより上を行ってると言っても過言じゃないかもね。
場所はウオーキングストリートのソイ・ダイヤモンド(通りの真ん中はバービア)を入って最奥の左右です。まずここに駆け込むのも手ですが、取りあえずハッピーアワーやってる店を2、3覗いてから繰り出した方がいい。だって上を見てから下には行けないでしょ??
sbsg.jpg
Superbaby&Supergirl Agogo Bars

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.10.02

街に出かける

「将来、シーロムのオフィスまで通うかもしれないだろ?」僕は嫌がる彼女を無理矢理誘い地下鉄に乗せてみた。でも、ラッパオからシーロムまで一言も喋らず椅子に座っている姿をみると本当に怖かったのかもしれない。まさかね...
僕と彼女がこういう街でデートすることはほとんどない。郊外に住む一般的な女の子はそれが普通だと彼女は言うが真相はどうなんだろう??僕はこっちの方が落ち着くんだけどね。
ソイ・サラデーンの店で食事をとり、帰り道で洒落たバーに誘う。けど彼女の返事は「もう帰ろ!」だった。まあ、僕としてもこんな汚い街を彼女に見せるは嫌なんだけど、偶には彼女を連れて歩きたくなる。これでまたしばらく二人して街に出てくることは無いかな??残念だけど...
anna.jpg
今夜の彼女はアルコールを少し飲んだ...

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.10.01

仲を裂く

「ソイ12に泊まってるから...」僕がパタヤにいる時、先輩が彼女連れてやって来た。この街はバンコクからの同伴小旅行組と現地調達組が同じ割合くらいで存在する。先輩はいつも同伴(笑)でMPはおろかゴーゴーもバービアも入ったことがないんだよね...
3人でシーフードを食べる。海にせり出した店。名前は...忘れた。でも、食事は一人より断然複数で食べる方が楽しい。大瓶のクロスターがどんどん空いてほろ酔い気分となる。そこで彼女に一言...「今夜12時までに(先輩)帰すから!」
「ホテルまで送ってくるよ」「なんで?」「この街危ないでしょ...」そう言う先輩を抑え付けて彼女一人で帰す。ソンテウに乗り、彼女が見えなくなるまでその場に立つ先輩。ちょっと悪いことしたかな??マイペンライ、夜のパタヤは楽しいよ!!
patwork.jpg
Pattaya : Walking Street

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »