« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.30

バーツの動き

「円の3倍だよ...」バーツって幾らなの?と聞いてくる友達に僕は簡単にそう答えている。でもタイに通う人たちとの会話では「来週は0.380を切っちゃうかなぁ...」とか、やたらと細かな話をしちゃう。みんなバーツの相場が気になるんですよね。
現在の相場は約0.385(日本的に表現すると1B=2.6円)です。だから、0.333(3円)と比較すると10万円で5千Bもの差が出てくることになる。5千Bと言えば、タイではあんなこと、こんなこと出来ちゃう金額なんですよね。本当は...
僕も取りあえず毎日相場のチェックはしている。でも、率の良いときに必ずタイへ戻れるはずもなく、机上の計算で既に5万Bは損??してます。残念...
Vientiane.jpg
あぶく銭はお寺にタンブンしましょう!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2004.11.28

気になる物件

僕は週に1回タイの不動産関係のHPを見る。最近はタイ経済が上向きだからコンドミニアムも建設ラッシュ!でも、数ある新築売り物件は高嶺の花で手が届かない。日本と比較すればもちろん安いのだけどね...
だからチェックするのはいつも中古の物件。その中で気になっていたのが下のコンドーだ。
-------------------------------------------------
GRAND DIAMOND TOWER ペッブリー通り
1998年築 / 16階、30階
1LDK(52㎡) / 西向き
内装済 / 現状:賃貸中
2,600,000Baht
伊勢丹近く。至急売りたし...
-------------------------------------------------
グランド・ダイアモンドは僕の好きなエリアだし、衣食交のトータル的な立地条件も良い。ただ気になるのは部屋が西向きというところかな??暑い国で西日をまとも受けていたらエアコンの電気代がたまらないからね...と言う事で、今週もまだ売れていませんでした。
gd.jpg
私はラッパオかアソークの方がいい...(彼女談)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.11.26

Loi Krathong

今日はローイクラトン
タイに帰りたい
彼女に逢いたい...

loi.jpg
ちょっと寂しいけど2年前のレインボーかな??
今夜のナナは特別料金、ペイバーも倍額...でも楽しい!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.11.25

ラオスへ小旅行(5)

前にも書いたけど、川沿いではタイの携帯(AIS)がローミング無しで使えます。彼女がいる方は電話してみて下さい。香港やシンガポールと違って土産をせがまれても彼女の欲しい物は何も無いから安心ですよ。(笑)
日が傾いてきたのでメコンに沈む夕日でも見に行きますか??川沿いに遡ると屋台が姿を消し、未舗装の寂しい道になる。ちょっと怖いけど更に進むとメコンに張り出したサンセットバー(ボロ小屋です)があるので行ってみるといい。ここはビールも大瓶で出てくるところが田舎っぽくてグッド!!です。
ビアラオ飲んでほろ酔いですか?帰り道は真っ暗だけど酔った勢いで戻りましょう。途中、妖しいお店もオープンしてますがバンコクナイトに慣れたあなたのお気に召すかどうかは分かりません...
laos5.jpg
メコン沿いの屋台とサンセットバー??

ラオスへ小旅行(前編)終了

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.11.23

ラオスへ小旅行(4)

ビエンチャンは凄く小さい街だけどラオスの首都だ。安ホテル、Gハウスもたくさんあるから余程大きなイベントがある時以外は泊まるところに苦労はしないだろう。
「サバイディー!」タイの「サワディー」がラオスだとこうなる。宿や店の人はこの言葉と一緒に笑顔で応えてくれるでしょう。けど僕は癖でサワディーと言ってしまう...
寝る場所を確保したら何をする??取りあえずメコンでも見に行きますか??川は遠くありませんから歩いて行けます。僕はビエンチャンでここが一番好き!屋台に座りメコンの流れを見ながらフレッシュジュース(パイナップルが美味しい)でも飲んで一休み...
laos4.jpg
ナンプ広場の噴水:ここで一休みしてから宿探しに出掛けよう!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.21

ラオスへ小旅行(3)

イミグレを抜けると道を挟んで左向こうに広場がありビエンチャン市内までのトクトクが屯している。旅行者と分かればすぐに客引きがとんできて交渉になるけど、他の国と比べれば押しも少なく比較的簡単だと思う。(不安な人は他の客と一緒にいて便乗すればいい)
国境やビエンチャンではタイ語とバーツが普通に使える。だから無理に両替する必要もない。市内までは100Bを基本に、人数が集まればもっと安くなるけどそれは交渉人の腕(語学)次第です。まあ、慣れない土地だし、時間と安全を考慮して程良いところで妥協した方がいいでしょう。
宿が決まっていない人は運ちゃんに聞いてもいいけど、自分で探す人は取りあえず街の中心「ナンプ」を目指そう。ここからなら宿が集まっている場所にも歩いて行けるからね...
laos3.jpg
客引きに囲まれる瞬間が「旅してる」って感じになる...

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.11.19

ラオスへ小旅行(2)

イミグレに到着したら荷物を持って降りましょう。乗ってきたバスにはイミグレを通過した人たちが乗り込んでラオス側に向かいます。出国は至って簡単。来たバスへ乗車していよいよメコンを渡ります。
橋の真ん中までは線路が引かれている。いずれは鉄道で結ばれるのかもしれないが、現況のラオスを見ていると当分の間は無理だろう...シンガポール~マレーシア並みに呆気ない国境越えだけど、メコンを見ながらは結構絵になるかも??歩いて渡れれば最高なんだけどね...
ラオスのイミグレではビザの申請が出来る。料金は米ドルでの支払いで、パスポートにビザ印をもらってから入国審査だ。担当官は仕事が遅いけど、それも社会主義国ラオスを感じる儀式と諦めましょう...
laos2.jpg
タイからラオスへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.17

ラオスへ小旅行(1)

タイの田舎は本当にのんびりしている。都会に飽きたら地方へ出かけてみよう。そして、時間があればラオスへの小旅行も計画するといい。タイの豊かさ、バンコクの凄さを再認識できるからね...
ビエンチャンにはドンムアンから国際線がダイレクトで飛んでいる。でも、チケット代や空港税等がバカにならないので、お薦めはノーンカイから入るルートです。国内線なら面倒な手続きも無いし時間も有効に使えるしね。そして何より陸路で国境を越えるという普段経験できないことが最大の魅力だ。
まずはウドン・ターニーまで飛び、TGのカウンターでリムジンバスのチケットを買う。「ノーンカーイ・ボーダー」とか言えばすぐ解るでしょう。そして両国を繋ぐ友好橋の手前まで約1時間ほどのドライブ。ウドンの街を出ればのどかな田舎の風景があなたを待っています...
小さなターミナルに到着したら寄ってくるトクトクを無視して国境行きのバスチケットを小屋で買いましょう。(トクトクで行っても結局はバスに乗る)小さなバスに乗り橋へ向かいます。チケットは捨てないようにね...
laos.jpg
TGのリムジンバスは飛行機の到着に合わせて運行されている。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.11.15

善悪...??

「チップの相場は幾らくらいでしょうか?屋台の食事は危険でしょうか?」彼は色んなことを質問して来る。その中でも「夜一人で飲みに行っても大丈夫ですか?」と言うところでは何やらメモを取っていた...
カーボーイ→ナナ→パッポンと二人で飲み歩き、最後は彼のリクエストでナナに戻った。同じ店、同じ女の子。彼は片言の英語しか喋れない。彼女は新人で日本語はもちろん英語も喋れない。身振り手振りの会話...
僕は彼にナナのシステムを伝えた。彼は静かに頷き彼女の手を握り締める。3日目の夜、僕はナナに顔を出した。彼は次の夜に彼女と現れ、4日分のペイバー代を払ったと店の子が教えてくれる。僕は彼に良いことをしたのか?悪いことをしたのか?少し考えさせられた...
kancha.jpg
二人はカンチャナブリー、アユタヤに行ったみたい...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.13

エアポート・バス

真新しいスーツケースに付けられた香港経由のクレームタグ。彼はドンムアンのエアポートバス乗り場で不安な顔をしてイスに座っていた。そして数分後、タバコを吸う僕の方をちらちら見ていた彼が「ペチャブリー・ロードは2番でいいでしょうか?」とたずねてきた...
A2はカオサンへ行くので各国のバックパッカーでいつも込んでいる。だから乗るときは必ずターミナル1に移動する。100B出して立ち席じゃあ悔しいしね!彼のホテルは僕のアパートの近くで、まだチケットを買っていなかったのでタクシーをシェアすることにした。
彼は僕より2つ歳上で初めてのタイ(海外旅行)という。夜7時、WTCのマックの外席に空港にいたときと同じ不安顔で彼が待っていた...
abus.jpg
エアポートバスの料金も70Bが100Bになって3年が過ぎている。そろそろ値上げの時期かな??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.10

HER

以前、スクンビット・トンロー(ソイ55)の「SHE」と言うクラブについて書いたけど、その姉妹店「HER」がアソーク(ソイ21)にオープンしている。
SHEはその場所柄か客層が駐在員に大きく偏っており、ここで楽しく遊ぶにはある程度の会話力が絶対条件だった。短期観光客の一見さんお断りとは書いてないけれど、店にはそんな雰囲気が確実にあったと思う...
では、HERはどうか?やっぱり同じです。当然女の子のオフは無し。SHEは月日と共に日本語の出来る女の子が増えてきたけど、こちらはまだまだの様で会話力はSHE以上に必要だろう。ただ、新人も多いのでオキニを作るには今が旬かもしれないな。もう遅いか...タニヤでのインスタント恋愛に飽きた人はお試しを!
prettygang.jpg
注:HERの女の子ではありません。念のため...

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2004.11.08

パタヤタワー

エレベーターであっという間に展望台に到着した。先客は10人位。パタヤが360度見渡せて確かに景色はいい。でも、ドリンク付きで100Bが相場だな...
空が光り、海の彼方から雨雲が迫ってくる。一気に土砂降り...僕は不味い紅茶を飲みながら30分程雨宿りしてからタワーを下りた。
彼女がパタヤまでドライブしようと言うのだが僕はいまいち気が乗らない。そうだ「二人でワイヤーにぶら下がって降りるならOK!」と言ってみよう。地下鉄も怖がる位だし、絶対に返事はNOだな。たぶん...
jomtiem.jpg
1人、2人、ゴンドラ...あなたならどれを選択しますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.07

アイ・ミス・ユー

海外を一人で旅するなら英会話が必要になる。「言葉なんて解らなくても何とかなるよ」と言う友達もたくさんいるけどやっぱり出来て損はない。僕は勉強嫌いだけど旅をしたいがために英語を覚えた...
でも、外国語は使わなければどんどん忘れていく。英語が主体だった僕もタイにどっぷり浸かってからはタイ語を使う方が断然多い。だから英語のレベルはがっくり落ちた。元々中途半端なものだし当然かもしれないけど...
彼女とは英語でメールのやりとりをする。高校生の頃と比べると彼女の英語力は格段進歩して、チャットの時などは僕がタイプのスピードに付いていけないこともしばしばだ。でも、英会話となるとまだ僕の方が勝っている。この辺りは日本の学生と一緒かな??
「I Miss You」小娘の頃から社交辞令で使っていたこの言葉、僕には月日と共に重い言葉に聞こえてきた...
karaoke.jpg
彼女は英語の曲もよく歌う

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.11.04

200Bですか??

昼間は何しよう?プールで読書もいいけど、せっかくだから行ったことない場所へ出かけてみた。セカンドロードでソンテウを拾いジョムティエンまで行く。丘を越えビーチの手前で10B払って下りると、パタヤビーチとは明らかに違うのんびりとした雰囲気に包まれる...
オフシーズンの静かな海を見ながら歩くこと30分、僕はパタヤパークにやって来た。遊ぶ人もまばらで中国系の客が多いかな??でも僕の目的はプールじゃない。狙いは3方向にワイヤーが引かれたパタヤタワーだ。
「1ドリンク付きで200B」窓口の女の子に言われて僕は一瞬考える。タワーに上がるだけで...外国人価格??女連れでも無いし...でもここまで来て止めるのもな...ま、いっかぁ!!
pt.jpg
出口からエレベーターに向かえばタダ乗り出来るかも??

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.11.02

タイ語を使ってみる

大音響のゴーゴーで女の子と会話するのは結構大変だ。ましてや不得意のタイ語なら尚更ですよね。そんな時は、マイ・ダイジン(聞こえないよ)、プー(ド)・ダンダン・ノイ(大きな声で喋ってよ)と言ってみましょう。
また、片言のタイ語を使うと「この人はタイ語が出来るんだ」と思われてガンガン喋ってくる子がいる。喧しい場所で普通に喋られれたらもうお手上げだよね。僕は滅多に横へ座らせないけど、一番良いのは密着して、プー(ド)・チャーチャー・イーク・ノイ・ナ(もう少しゆっくり話してよ)と仕切直すのがお薦めです。
僕の経験から、片言のタイ語に一生懸命相手をしてくれる子は優しい子が多い。箱から選ぶMPじゃないんだから相手とのフィーリングを確かめてその後を決めましょう...

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.11.01

無料情報誌

バンコクで発行されている無料情報誌の中で、僕が脱初心者にお勧めするのは有名な「DACO」...ではなくて「タイ自由ランド」です。(チェンマイなら「う゛ぃあんちぇんまい」がイイね!)
タイ自由...は、広告がメインで大した記事もないけれど、エリア別に細かな情報がビッシリと書き込まれた地図は見ていて面白く、実践でも結構使える。でも情報の更新が遅いのですべてを真に受けるのは止めた方がいいでしょう。
入手先は、買い物ついでの分かりやすいところで伊勢丹6階にある紀伊国屋書店がいい。下りのエスカレータの側から入って奥のカウンターの横に置いてあります。それから、タイでは現地発行の本(G-Diaryなど)は日本で買うより安いですが、日本の本は高いです。遊びの必需品「指さし会話帳」も日本で買ってきましょう!
dg.jpg
DACO & G-Diary

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »