« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

オキニ宣言

「R1に入った新人、思いっきりお前好みだぞ...」 バンコクの友達からメールが入った。長身、細身、黒髪、そして少し色黒だけど高級クラブだって十分通用する...本当かなぁ?
彼は歳の割に面食いのところがあるから情報としては信頼できる。ただ問題なのは、彼が「僕好みの彼女」とどこまで関係を進めたかだ。「バンコクエンジェルはみんなの共有物」それが彼の持論だから、時すでに遅し...の公算が強いかな??
チャオチューバタフライの彼だけど、一緒に遊んでいて初対面の女の子に僕たちがオキニ宣言すれば絶対に手を出さない面もある。それに、深夜にバンコクINする時もちゃんと女の子を揃えて「到着早々のバンコクナイトの演出」だって忘れない。来月は頼りになる先輩のグッドな演出に期待しようか!
nbg
友達としての共有なら大歓迎なんだけど肉体的にはねぇ...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.26

セット料金

バンコクでは一人で遊ぶことが多かった。シーロムでもパッポンやバービアはすんなり足が向くのに、横のタニヤは何故か敬遠して僕には単なる通路でしかなかった。呼び込みの雰囲気は好きだったけどね...
どうしてタニヤに行かなかったのか?「金が無かった」「若者の遊び場では無いと思った」「一緒に遊ぶ仲間がいなかった」理由はこの3つかな。そんな僕も少しずつタニヤに顔を出すようになってきた...
数年前からMPやGOGOの料金は上がる一方なのに、タニヤは逆に価格破壊(死語??)が続いている。観光客が多く出入りする店には必ずセット設定があるしね。だから僕たちもその手の店に行くときは大体そちらを使う。普通に飲むよりトータル的に安いからね。ん、待てよ...むかし先輩のボトルで飲んでいる時も1000Bしか払わなかったから...僕って前からセット料金じゃん!
mu1
今はあのMoulin Rougeにもセットがあるんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.24

THAI-blog

最近ではブログもすっかりウエブの世界に定着してきた。僕が天使の都を立ち上げたときはタイに関するブログは数えるほどだった。それが今ではジャンルこそ違うけど僕が知ってるだけでも50はある。たぶん欲張って全部を巡回すると1時間じゃ足りないだろう...
でも、僕は他のブログをあまり読まない。と言うか読んでる時間が無いんです。決まって目を通すのは2~3ヶ所かな。皆さんは如何ですか?隠れた面白いブログがあったら是非教えて下さい。
ここはある意味でタイ娘との恋愛系(違うか??)ブログだけど、反対の日本娘⇔タイ男のブログも結構ある。先週は幾つかを興味深く読んでみましたが、僕が思ってることを彼女たちがココを読んだら同じように感じるのかな?ちょっと複雑な気持ちになってしまった...
dm
なぜか僕は蘭を見るとホッとする...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.22

記憶

バンコクは気温が段々と上がり少しずつ暑季に近づいている。あと1ヶ月もすれば学生たちは長い夏休みに入るだろう。そして彼女にとっては10代最後の夏休みとなる...
僕は果物が好きだ。でも基本的に冷えた物が好きだから、屋台で買った生暖かい物をその場で食べたりはしない。女の子が口に運んでくれる以外はね。
「初めてのデートで私が飲んだもの憶えてる?」彼女は僕に聞いた。少し考える。「忘れた...嘘、テーンモー・パン(スイカジュース)だろ」「そう!憶えてたんだ」声が急に明るくなる。「あの時は2杯飲んだね」「知らない!」今度は笑った。少し溝が埋まったかな...
pm
ケーオ・マンコーン(ドラゴンフルーツ)食べたことある?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.20

マハーチャイ

僕たちはトンブリーのウォンウィエン・ヤイ駅に向かっていた。以前書いた記事に先輩が興味を示しマハーチャイまで遊びに行くことにしたのだ。「本当に何も無いですよ...」僕は駅でもう一度先輩に念を押す...
マハーチャイまでの料金は10B、1時間程の行程だけど、このローカル線を外国人が利用することは滅多に無い。増してや川向こうから終点のメークロンまではマル鉄じゃなきゃ乗らないだろうね。
駅を出ると潮の匂いがする。町はスパンブリー川の河口にあるから市場も海物が多くてバンコクとはまた違った面白さがある。興味津々の先輩。でも、彼が買ったものは「蜂蜜」だった...
公園で休んだ後に川向こうへ渡ってみる。船は2Bだ。サムローの活躍するのんびりとした町。と言っても、やっぱり見るものは無い。早々に退散する。「あんな町でも置屋があるんだって?」帰りの車内で先輩が言った。そうなんですか?? 機会があったら情報収集しておきます...
tel
マハーチャイ:南国の雰囲気を出す公衆電話

| | Comments (84) | TrackBack (0)

2005.02.18

Sek(Loso)

彼女と喧嘩した夜、僕は何かタイの歌でも聞きながら眠ろうと考えた。目を閉じてバンコクの生活を思い出す。頭に浮かぶ幾つかのメロディ。圧倒的に女物が多いな...
気分的に男物がいい。そう考えたら必然的に「Loso」になった。タイで僕が一番好きな曲。彼女の前で歌った唯一の曲。Sekが歌い上げる Jai Sang Maa だ...
決まったはいいけどCDがなかなか見つからない。諦めた...そこで「BS」を引っ張り出して聞いてみる。Birdも結構いい。でもこの曲はやっぱりSekじゃなきゃダメだな。ああ、キトゥン...
bs
Om Pra Maa Mood はカッコイイね!

| | Comments (21) | TrackBack (1)

2005.02.16

喧嘩

僕は高ぶる気持ちを抑えて冷静に話をしていた。でも、タイ語の会話では自分の気持ちを上手く表現できない。やがて英語を使い、ついに日本語を吐き出してしまった...
彼女との喧嘩は初めてじゃない。けど、お互いの溜まっていたものが一気に爆発するともう止まらない。タイ語と日本語の言い合いが続く。逢いたい時に会えないもどかしさ。6時間の距離が遠い...
僕は彼女をどう位置づけていたのか?天使?妹...「あなたはお兄さんなんかじゃない。私の大切な人...」電話が切れた。今夜は酒を飲もう。そして考えよう...
angel6
もう僕たちは終わりかも知れない...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.14

危険信号

前に書いたけど僕の好きなビールはクロスターです。席に座れば「クロスターでしょ?」と、頼むより先に女の子が聞いてくる店も結構ある。でも、バービア・ゴーゴーのバタフライ体制に入ると流石にコレばかり飲んでる訳にはいかない。ビールの二日酔いは厳しいんですよね...
ビールの次に何を飲むか?そうだなぁ...「ウイスキー・コーク」だな。その次は...「ジントニック」、そして...「ジントニックのロング(大きなグラス)」となる。まあ、この辺りで止めて置けば次の日も「ちょい酔い」で済むんだけどね...
僕の「明日」に危険信号が点り始めるのは「バカルディ」に手をつけた時だ。中でもオレンジを飲み始めると確実にセッ・レーオとなる。前の彼女はそれを知っていた。だから危険信号が現れると僕を連れて帰る。とても気持ちいい時間帯なのだけど僕も素直に従っていた...
bacardi
バカルディは彼女の味がする...

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.02.12

アフターダーク

最近は歓楽街の明かりが消えるのが早い。以前は深夜1時を回っても「まだまだ」って感じてたんだけどね。ソウルと同じでバンコクも段々と遊ぶ場所が無くなって行くのかな...
僕は歓楽街がクローズしたあとの雰囲気も嫌いじゃない。ナナで言うと向かいのナナホテルの駐車場やレストラン、タニヤならタニヤプラザ向かいの屋台、そしてテルメーなら周辺の屋台などなど、買う男と売る女が入り乱れて様々な人間模様が展開されている。
「男だけで飲んでて楽しいの?」顔見知りの女の子が横を通り過ぎながら言う。僕たちが純粋に食事だけでここにいるってことを彼女たちはよく知っている。それも何か寂しい気がするけどね...
girls3
まれに座って飲んでいく女の子もいる。(個人的には歓迎...)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.10

常宿

このブログを見に来る人たちはツアーを使わない個人旅行派が多いのかな??だって、話題がちょっとマニアックだし、タイの遊びを知らない人が読んでもつまらないでしょ?
当たり前だけど個人旅行はエアーチケットから宿泊先、行動まで自分で考える。マイラーならエアーの選択も絞られ、タイでの常宿が出来ている人も多いのではないですか?もちろん僕もその傾向にあります。
友達にグランド・ハイテック・タワーを常宿にしている人がいる。ここは他のウエブでも紹介されているから名前だけは聞いたことがあるだろう。場所はエカマイのソイ23にあり、カテゴリー的にはサービスアパートメントに入るかな。たぶん...
G.H.Tはエカマイと言ってもトンローとの中間にあり、後はセーンセーブ運河(乗り場もすぐ)でペッブリーにも歩いて行ける。また、スクンビットに出るにはトンローの赤バスが走っているからメチャ便利だ。料金も安いし、もちろんJFなんて存在しない。
...なんて書くと、かなりよい所と想像するでしょうが実際は値段相応の設備だと考えて下さい。それに、この立地をプラスに考える人は...やっぱり普通じゃないと思います...
ght
G.H.Tからワット・パーシーを望む

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.08

アパート

「やっぱり住むならスクンビットだよな~」先輩は言う。確かにSVは便利なんだけど家賃がねぇ...3~5万Bは当たり前でしょ?今の僕は頑張っても2万Bだな。電気代込みで...
こんなブログを書いていると安い物件についてよく聞かれる。ウエブで探してもバンコクで営業している不動産屋は対象としている客層が違うからなかなかそんな情報は無いんだよね。5千B以下の物件なんてまず見つからないだろう...
本当に売る気があるのか分からないけど、小林株式会社に「1万バーツ以下の物件」コーナーがある。古い情報も多いけど、場所や相場、設備や環境の参考にはなると思う。ちょっとタイにハマりかけた人たちは見ていて面白いだろうし、もしかしたら貴方の彼女が住んでいるアパートも見つかるかもね...
kondo
僕はSVで5万出すなら郊外にコンドー買います!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.06

パンの朝食

僕は街の所々にオキニの屋台がある。それはクイッティオやバミーの食事系をはじめ、飲み物や果物、お菓子や宝くじと結構幅広い。その中にパンの屋台もあるんだけど、ここには散歩の時しか寄らないから利用度は一番低いかな??
それと、この店は折りたたみの机にパンやサンドウィッチ、ジュースを置いて売ってるだけだから正式には屋台じゃない。僕は通常だと10Bのパンを2つ買って部屋に戻る。そして、セブンイレブン(HPを見るとタイ語の発音を覚えられます)で買っておいたミロと一緒にささやかなアハーン・チャーオだ。
1週間以内の短い滞在でも同じ屋台を繰り返し利用していれば結構顔なじみなる。そんな店が出来るのも面白いですよ。でも、毎回違う女の子を連れてると...ちょっと視線が厳しいかな...やっぱり!
kanompan
パンは1つしか食べない。もう1つはスタッフへのお土産になる。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2005.02.05

散歩道

健全な夜を過ごした翌朝は散歩に出掛けることがある。ルートは3本、その中のひとつはアパートを出てペッブリーを西に進み、ラマ6の交差点で通りを渡って引き返してくるんだけど、僕はこの折り返し地点で必ず足を止めてしまう。
歩道橋に上りタバコを吸う。そして視線は高速道路を脇の敷地に向く。ここには何件かの屋台があって朝からやってる店もある。と言っても別に屋台を眺めるわけじゃない。視線の先は敷地の奥からゾロゾロ湧いて出てくる学生とOLさんたちです。
女の子たちのキビキビした行動と会話を上から観察するんだけど、毎回思うことはそこに男たちが極端に少ないことだ。まあ、野郎を眺めても仕方ないけどね。そして僕はあるルールを決めてある。彼女たちの誰かと視線が合ったらゲームオーバーで復路を始めるってことに...
rama6
彼女は6時台のバスで大学に通ってる。真面目だ...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.04

シーダム

彼女の下着は黒色のものが多い。と書くと、僕が如何にも彼女の裸を知っていると思われそうだけど決してそんなことありません。高校生の時にはあまり見なかったんだけど色気が出てくるとやっぱ変わるね...
学生の制服は白のブラウスだ。そこに黒いブラとか着けると絶対に透けると思う。彼女曰く、そこがカッコイイし、それに大学では上着を着てるから大丈夫だと言う。まあ、僕も嫌いじゃないからいいんだけどね。
「今日は下もシーダム(黒色)だね!」「なんで分かるの?」「だって、後ろから丸見えじゃん!」腰を掴んでジーンズを上げる僕。最近はこんな軽いスキンシップが結構多いな...
dam
注:彼女ではありません。念のため...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.01

仏暦

知ってる人が多いと思うけどタイは西暦ではなくて仏暦を使っている。西暦に543年を足したものがそれに当たるから今年は2548年だ。そんなのも知らなくても問題ない!その通りです。でも知っていて役に立つ時もある。
日本人にはあまり馴染みがないけど、タイ人はIDカードを所持してます。IDには身長が分かるようにメジャーを背景に撮影した写真と本名などの個人情報が記載されている。その中に生年月日もあるんだけど、当然表示は仏暦だから女の子の年齢を見極めるには西暦換算が必要でしょ?要らない...ですか...??
2548年も1ヶ月が過ぎた。僕は今月の連休絡みを利用してタイに帰るつもりだったけど、残念ながら仕事が忙しくてキャンセルしました。ロイクラトンにも行けず、バレンタインのデートもすっぽかし...何も言わない彼女も内心は怒っているだろう。穴埋めを必死に考えてる今日この頃です。
puan
彼女の一番の親友(と言う事は僕の大切な友達??)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »