« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.30

土足厳禁

僕はアパートやホテルに戻るとまず靴を脱ぐ。日本の様にここまでが玄関で、それから先が土足禁止という明確な線は無いけれど、彼女の部屋にいた時の習慣がしっかりと身についちゃっている。これは女の子の部屋に行ったことがある人はたぶん分かると思いますが...
だから、僕の部屋に遊びに来た日本の友達が靴のまま歩き回ったり、ベットに寝転がったりすることが許せなくて、つい本気で怒ってしまったりもする。こんな場面で自然に靴を脱げる人を見ると「タイに慣れてるんだなぁ」なんて思っちゃう僕って変ですかね?
先輩の部屋に行ってみた。扉を開けると左にキッチンがあり、正面にダイニングとリビング。右手には僕の部屋の半分くらいの広さがあるバスルームがあった。リビングの左を抜けると寝室が2つ。ダブルとツインの部屋だ。さて先輩たちはどっちで寝ているのかな...
aptm
広すぎるとなんだか落ち着かない。僕だけ??

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.05.28

トキメキ

僕の知っているタイの夜景は帰国・出国の時に飛行機から見るものがほとんどだ。あの街の魅力(魔力)に嵌った人でまだ10回以下のリピーターならば、機体がドンムアンに近づいて下界の灯りが見え始めると胸がときめいて来るんじゃないかな?僕も起きていれば今でもドキドキしちゃうんですよね。
僕はタイに戻るときは前方の通路側に座席をとり、帰国する時は後方の窓側に座ることが多い。行きの前方通路側と言うのは早く機外に出て入国審査に向かうため、帰りの後方窓側は出来るだけ遠くまで邪魔されず熟睡するためなんですが、僕以外にもこんな人って割りといませんか?
バイヨークスカイからバンコクの夜景を眺める。なんか寂しい...タイに戻ってきた時の感じじゃなくて、日本に戻るときに見える夜景に似ているんだよね。
彼女からメールが来た。「Wa- Ta- Shi- Ko- E- Shi- R- Na- Ta!!」ん、 なんだ?「私、恋しい、あなた...」こんな日本語どこで覚えたのだろう。(Rのところが面白いね)来週は帰ってみようかな...
bknight
違う恋をすればあの頃のトキメキはまた戻る??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.26

チップ

タイにはチップの習慣がない...この件についてはあちこちのサイトで議論をされているけど、僕はサービスを受けたらその気持ちをチップとして払う方に賛成です。とは言ったものの、僕はバックパッカーだった頃がある。基本的にチップが必要な所には縁がなかったけど、たまに出かけるマッサージ屋なんかでは、他の仲間と一緒で1Bも払ったことがなかった...
貧乏旅行を卒業して付き合う友達も変わると自然にチップが必要になってきた。でも、それに疑問を抱くこともなかったな。この国の仕組みが見えてきたのもあるけど、何より自分が社会人になって「稼ぐ」意味が分かったことが大きかった...
次にチップの相場だけど、これは何とも言えない。今お付き合いしている友達の中にはケチな人もいるし、在タイの偉い人は「えっ!」と驚くほど出すこともある。ただ言えることは、皆それぞれの思いがあってメリハリがしっかりと付いていることだ。
「100Bを10回より500Bを2回、時には1000Bを1回で勝負することも必要だよ!」在タイの先輩はよく言う。でも僕はまだその域には達していない ...
tarart
彼女に使うお金。それは見返りを全く期待しない不思議なお金だ ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.24

パツンパツン

僕のまわりでは女子学生の白黒制服をパツンパツンと呼んでいる。ここの読者もあの制服が好きな人が多いらしく、「どこかにパツンパツンが見れるサイトはありませんか~?」なんていう質問が割りとあるんです。
実は僕も白黒探検隊でそんなサイトを探してるんです。自分だけの楽しみにしておきたいけど、ひとつだけ紹介しておきますかね。無難なパツンパツンを...

banner120banner120sexylogo
一度やってみたかった。タイバナーの貼り付け...??

| | Comments (24) | TrackBack (0)

2005.05.22

路線バス

初めて路線バスに乗った時、目的地に着いたバスが歩道に寄れず3車線の真ん中で止まった。普段なら後部を注意するのに、この時は「えっ、マジ...早く降りなきゃ」と僕は焦って飛び出した。
ブレーキとタイヤの擦れる音。モトサイは僕のジーンズを軽く引っかけながら狭い空間をすり抜けて行く。運ちゃんのテクが良かったのかは分からないけど、僕には間一髪で助かった怖い思い出がある...
今月からバスの運賃が上がったようだ。赤バスはこの前改定したばかりなのにね。値上げは、赤4→5B、白5→6B、エアコンも一律1Bのアップらしいが、観光客には大した問題じゃないかな。僕にも...
ランチを食べ終わって勘定しようとしたら財布からバスの切符が落ちた。それを見た彼女が驚いた顔をする。「あなたが乗ったの?」マジ顔で聞かれた。昼間は結構乗るんだけどな。僕のような男でも金持ちに見られているらしい...
bus511
エアコン[511]の車内:初めて2両連結を見たと時は驚いた。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

2005.05.20

好みの店

「ナナはレインボー以外に良い店はないの?」とよく聞かれるけど、どこを基準に良い悪いを決めるかは難しい。日本人好みの女の子が多い店?ペイバー攻撃がなくてゆっくり飲める店?初心者でもぼられない店?飲み物が安い店?まあ、トータル的に優れている店が一番でしょうが、最後は自分で好き嫌いを決めることだと思う。
僕はハリウッドを昔から贔屓にしている。だだっ広いフロアーにテレビでエロビデオやスポーツを流し、ガラス部屋で行われるセクシーなシャワーショーもなかなか良かった。けど最近は一気に縮小されちゃってちょっと残念です。
それから、この店にはお気に入りのウエイトレスがいた。店が好きとか嫌いとかじゃなくて、彼女だけを目的に通う。すごく単純だけど、これが自分にとって「好みの店、良い店」となるんじゃないかな?
いよいよレインボー4がオープンしたらしい。友達によるとR1からの移動組が多いみたいだけど行った人はいませんか?何だかんだ言ってもやっぱりレインボーは要チェックなんですよね。
hws
ナナに全裸・トップレスの時代はもう来ないのかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.18

タイの道

歩行者優先の日本と違ってタイの道路を渡るのは結構難しい。所々にある歩道橋やBTSの駅を使えば安全なんだけど、そこまで行くのや階段を上ることが面倒なんですよね。特に暑い国では...
でも交通量の多い大通りになると、それまでお喋りしていたタイ人も会話を止めて真剣になる。場所によってはキーキアットの彼らだって真面目に歩道橋を使うから本当に危ないんだと思う。そして危ないのは大通りだけじゃない。ソイに出入りするクルマやモトサイは歩行者優先なんて少しも考えてない。「(向こうが)止まってくれる」なんて絶対に考えちゃだめですよ。
チットロム付近を中心にBTSの高架下に空中歩道が出来ている。ここなら安全で、歩く場所を選べば日陰になるし雨も防げる。そして、何よりクルマがまき散らす排ガスを直接浴びなくて済む。願わくば全線に設けて欲しいと考えてるのは僕だけかな?もし完備されたら、僕はスクンビットからシーロムまで歩きます。嘘です...
look
横断できず中央分離帯に残されると本当に怖いですよね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.05.16

サンセット

世界遺産「アユタヤ」も正直言って大したことはない。遺跡見学だけなら一回行けばもう十分って感じじゃないですか?とは言いながら、僕はもう何回も出掛けているんだよね。
何年も前、彼女と別れた僕は一人カンボジアのシェムリアップに向かった。旅を忘れ、バンコクの都会生活に慣れたカラダを元に戻すのは結構大変だった...
「アンコールのサンセットを見に行かないか?」GHの前で珈琲を飲んでるとバイタクの兄ちゃんが声を掛けてきた。プノンバケンの急坂を登り頂上のテラスに座る。広がるカンボジアの大地。深い緑に覆われたアンコールにその瞬間が訪れると感動の声が一斉に響き渡った。
遺跡と夕日の組み合わせは何とも言えない感じになる。僕はオレンジ色に染まった世界を見ながら涙を流した。アユタヤのサンセット、そして隣にいた彼女のことを思い出して...
ajt4
ライトアップ見学してからバンコク戻っても十分遊べます!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2005.05.14

VDO CLIP

僕はタイのウェブサイトよく見る。と言ってもタイ語は殆んど読めないから画像だけを楽しんでます。気持ちだけでもずっとタイにいたいんですよね。
2005年のバンコクモーターショーの記事があった。もちろん内容は解らないけど、トヨタとミツビシの可愛いコンパニオンのビデオクリップを見てその場の雰囲気を楽しむ。でもやっぱり本物がいいな。ああ、タイに帰りたい...
thgirls
Bangkok International Motorshow 2005 : PrettyGang

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.12

先輩後輩

「今からザ・クラブに行くけど空いてる?」アヌサワリーの屋台にいたら先輩から遊びのお誘いがあった。僕は二つ返事でOKする。さて、どのルートで行こうかな?渋滞を避けるならBTS→MRTだけど、ここの支払いより高い料金を払うのも嫌だし...
白バスはディンデンの渋滞にはまった。やっぱり...でも意外と早くラチャダーの歓楽街に着いた。ザ・クラブに行く前にハイとエマにちょっと寄り道する。かっこよく言うと定点調査、悪く言えば冷やかしなんだけどね。
もし寄り道していい子がいたらどうするか?先輩は「そちらを優先しなよ!」と必ず言う。でもそんなこと僕には出来ない。彼は普通にするけど...
店の前でタバコを吸う。ブログ用に写真も撮った。「ハロー!いま着きました」先輩に電話する。「俺たちもいま来たとこ、ザ・クラブの前にラマ・クラブに行こうか?」「えっ...ラマ・クラブ??」ザ・クラブはラチャダーとカオサンにある。僕は場所を間違えた。そして「カオサンならそう言ってよ!」とは先輩に言えなかった...
theclub
こんな早い時間にカオサンとは思わないよ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.10

コーン・タイ

タイ映画「フェーンチャン・僕の恋人」が日本でも上映されている。これはホラー、アクション、コメディ主体のタイ映画の中でかなり頑張った秀作で機会があれば是非見て下さい。と言うか、僕もちゃんとした日本語字幕で見直した方がいいかも知れないな...
トンローのフカヒレ屋で友達と夕食を取っているときにタタヤンの話題になった。正直言ってタタは僕の範疇じゃないけど、友達が連れてきた友達が彼女のファンみたいでまさにベタ褒め状態...僕だってタイの歌手が日本で知名度を上げることは嬉しい。けど、曲は英語のみ(タイでも外国物扱いだから仕方ないけど)で、来日してもタイを話さないタタにはハッキリ言ってがっかりしたね...
「あの...他の歌手は誰が好きなんですか?」「ニコルとクリスティーナかな!」この答えを聞いて僕は彼を見切った。(一世代前...)う~ん、ここで男の名前が出れば少しは見直したんだけどな。
cn
ニコー、キスティーと発音すれば通に聞こえるかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.08

壁に耳あり

遅れて到着する友達にホテルを用意した。1~2日なら僕の部屋でもいいんだけど、ダブルベットに男二人で寝るのも嫌だし、彼も僕じゃない違う誰かと一緒になるかも知れないからね。
彼はタバコを吸わない。もちろん吸う女は嫌いだ。(僕はどちらも気にしないけど...)だから禁煙フロアーのあるシティロッジ(スクンビット・ソイ9)をダブルで予約した。シティロッジはソイ19にもあるが、ソイ9はBTSのナナ駅のすぐ前に建っている。これなら訪タイ2回目の彼でも一人で迷わずに帰れるだろうと僕なりに考えたのですが...
「え、帰っちゃうの?部屋で少し飲もうよ...」タクシーを降りた友達が言う。彼にはタニヤから連れ帰った女の子が一緒だし、何より禁煙の部屋で酒を飲むのが僕は嫌だった。参ったな~。
僕はビアシンの缶を手に持って部屋を出た。すぐタバコに火をつけて吸う。美味い...「ん!なんだぁ?」男と女の熱い会話が聞こる。壁を見上げると木枠がはまった小窓があった。まさかね??
そのまさかだった。ここはバスルームの小窓が廊下側に付いているから中の会話が筒抜け状態なんです。あれ~始まっちゃったみたい。ちょっと興奮。僕はスクンビットに出る。そして足はナナに向いていた...
citylodge2
シティはアマリ系列でしょ?あのバスルームでいいの?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.06

彼女と僕

ナナのHPをチェックしていたらプレイスクールのサイトが目に止まった。この店はもう2年以上入ったことがない。でも結構思い出のあるゴーゴーなんだよね。
プレイスクールはナナ1階の右奥にあります。人気店のレインボーに挟まれているから初心者は素通りしてしまう人も多いんじゃないかな??実際に僕もそうだったしね。
彼女はレインボー2の入口で僕に声を掛けてきた。とても可愛くて妙な色気がある彼女に僕は一目惚れ。そして、手を引かれて店内に...あれ?レインボーじゃないの?そう、それがプレイスクールだった。
僕はゴーゴーで初めてペイバーを体験した。彼女は店でもホテルでも楽しかったけど、最後の最後でいけない悪戯天使に変わってしまった。落ち込む...次の夜、僕は真相を確かめにナナへ出掛けた。「タイの女なんて」と思いながら...
ショートカットのニコニコ娘が僕の行く手を遮った。昨日の出来事なんか一瞬で忘れるほどの笑顔を彼女は投げかける。それが僕と彼女の出会いだった...
ps
PlaySkool GoGo

| | Comments (16) | TrackBack (1)

2005.05.04

セミプロ

僕はタイで色々な人たちに出会い一緒に遊んできた。今でも付き合っている人、一回きりで終わってしまった人など様々なんだけど、中でどうしても好きになれない人たちも結構いた。それは「素人とセミプロの違いが解からない人たち」だ。
タイで遊びなれてくると段々玄人娘に飽きてくる。素人娘と付き合ってみたい。その気持ちも分からないではないけど、ICQやMSNで知り合った娘たちを見境無くバタフライして釣り上げる。
「テルメやサヤームなんて最低だよ...」「売春婦なんて汚いじゃん!」彼らはそんな会話、メールばかり...そのあげく「今日は○千バーツの洋服を買ってやった。今度香港に旅行するんだけど、その前にバッグをねだられちゃって...まったく素人は金が掛かるよ...」と自慢げに話す。
普通の女の子はそんなオネダリはしない。本当に好きならとことん男に尽くしてくれる。でも、玄人には玄人の、セミプロにはセミプロの良さもある。僕は擬似恋愛を楽しむならセミプロは最高だと思う。ただ、それぞれの違いを解かって遊んで欲しい...
nakrian
[学生=素人]ではない。それは日本と同じね!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.05.02

花売り娘

生花で有名なパーク・クローン市場はヤワラーの西、ラーマ1世像がある公園のすぐ横だ。僕はローイクラトンには必ず出掛けるし、チャオプラヤーを船で移動している時は意味も無く下船して見物することが多かった。
前にも書いたけど僕は花が好きなんです。チャトチャックでも花木のコーナーに一番時間を使うし、買わなくても色んな花を見ながら散歩するのが楽しいんだよね。
夜の歓楽街には花売り娘がたくさんいる。バラの花をセロファンに包んで1本20B位で売ってるんだけど買ったことはありますか?僕は10回に1回程度かな??
友達は夜の街角で働く花売り娘が大好きだ。でも、買うのは可愛い娘だけなんだけどね。そして必ず「キスして!」と頬を指さす。なんだロリコンかぁ?ある意味そうかもしれない...
「はい、これは君にプレゼント!」キスしてくれた娘には買った花を戻してあげる。そんな軽いお遊びが出来るのもバンコクならではかな...
damai
彼女たちの売る花は原価の20倍かな?? でも、たまには買ってあげて下さい。それが徳を積むことになるかも...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »