« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.30

ランチ

年配の長期滞在組とのランチは和食が多い。シーロムの店にもよく行ったけど、最近はスクンビット界隈でほとんど済ませている。ローテーションに入っているのは三カ所で、それに「気分と体調、お連れ」で何カ所かをチョイスするパターンかな...
近年のレギュラーは、①とんかつのベッグ、②そばの一芯、③中華の民民、ってとこでしょうか?ベックと一芯はソイも同じなので混雑する時間帯は客の入りを見て変えることも出来るし、民民がダメな時は...近くのラーメン亭で済ませちゃう。←移動するのが面倒なんですよね。
それから、平日に女性を連れて駐在御用達の店でランチすると彼らの視線が厳しいという人もいる。確かにそれは言える。でも休日の家族連れで賑わっている店もイヤじゃないですか?
「赤バスで移動してるくせにランチは豪華だね!」同年代の友達が皮肉っぽく言った。でもさ、そう言う君だって日が落ちると夜の蝶々にチップをばらまいてるじゃん!
sobasato
蕎麦里もいい。でも屋台のランチなら1週間は食べられる...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.28

タイ語

僕は彼女のアパートで生活していた。好きな女の子と一緒に過ごせるなんて羨ましいでしょ?でもね、最初の頃は結構苦痛な時が多かったんですよ。生活のリズムとかが違うしね。
彼女の部屋には当たり前の様に友達がやって来ます。もちろんタイ人です。僕は彼女たちとの会話に入れずにツマラナイ毎日を送っていました。友達が彼氏を連れて来て「ああ、久しぶりの日本人だ~」って思ったら中国人で、彼もタイ語と中国語しか出来ないからせっせと筆談したり...
ある日、僕は思いついたように紀伊国屋でタイ語の本を買ってきた。そして毎日勉強しました。(1時間位...笑)友達とならば片言でもいいけど、結局は「好きな子ともっと話したい」これが全てでした。
でも最近はまったく勉強していません。難しい単語はどんどん忘れて行きます。もう一度「僕をその気にさせる」女の子が現れないとみんな忘れちゃいます。来月はロイクラトンを一緒に過ごす天使を頑張って探します...
ap
あの時に戻りたい...タイに帰るのも今年はあと3回かな??

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.08.26

SQバンコク便

9月から成田→バンコクにシンガポール航空が就航する。今まで無かったSQの直行便で、ドンムアン到着が午後の早い時間なので利用価値はかなり高いんじゃないかと思われます。まあ、朝便だから関東エリアに住んでいる人向けかな?
当面のフライトスケジュールは次のとおりです。
成田→バンコク:(SQ995便)、月火水木土日 【09:25→13:35】
バンコク→成田:(SQ996便)、月火水金土日 【23:00→06:55+】
詳しくはSQのHPを見てください。また、SQには一般サイト他にモバイルサイトもあります。←これって便利ですよね。

SQのスッチーが着ている制服を好きな男は多い。もちろん僕もその一人です。タニヤにはあの制服ぽい衣装を着た女の子と遊べる店がある。クラブ天使です。何年も前に一度だけ行きましたが、未だにその路線を変えていないってことは...フェチが多いんですね。きっと...
clubtenshi
クラブ天使:それと、ナナのバスストップにはまだいますか?

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2005.08.24

姉ちゃんが来た②

宴会が終わり3人でベットに寝た。姉、彼女、僕の順だ。最初に誘ったのは彼女の方、僕たちは静かにキスを繰り返す。数分後、僕は寝ている姉ちゃんの顔を見ていた。隣にいるはずの彼女の姿はない...
僕の下半身で小さな黒い影が揺れている。扇風機の風が優しく僕を撫で、彼女の髪も定期的に僕の肌に触れていた。上下が換わる。攻守交替だ。姉ちゃんが横にいるのにじゃれ合う僕たち...
「する?」「どこで?」僕と彼女は静かにバスルームへ向かう。蒸し暑い個室の中で抱き合いキスを繰り返す。立ったまま彼女の中へ。コンドームは着けなかったけど最後は外に出して終わった。
交互に水を浴びた。2人揃って個室を出ると部屋に電気が付いている。(ヤバっ...)ベットの上で漫画を読む姉ちゃんと目があった。意味ありげな姉ちゃんの含み笑いに僕たちは思わず苦笑い。いつ気が付いたのかな??もしかしてベットの時から...
pg
可愛いP.G娘と何故かコンドーム??深い意味は無し...

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.08.23

姉ちゃんが来た①

屋台で夕食をとりアパートに戻ると電気が付いていた。「誰?」「ちょっと待って!」彼女が先に部屋に入る。(男かな??)僕はドキドキした。
中に居たのは彼女のお姉さんだった。彼氏と喧嘩して出てきたらしいけど、同じようなことが何度もあるので彼女も「も~、またなの?」って感じで呆れている。「○○○でしょ?」姉ちゃんは何故か僕のことを知っていた。
「ご飯食べに行って来る!」彼女の財布を持って姉ちゃんは部屋を出て行った。僕たちシャワーを浴びてベットでゴロゴロ...じゃれ合いがキスになり、そして軽いHモードに入ったところでビアシン抱えた姉ちゃんが戻ってきた。素早くベットに保たれてテレビを見る。2人の股間に置いた枕が妙に不自然だった...
df1df2
ダンスフィーバーで見た姉ちゃんの踊りはホントに凄かった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.21

世話焼き娘

ソイ・ランスワンのレストランに着くと友達二人が女の子たちと食事をしていた。僕は隣のウィッタユ通りにあるタイ人向けの食堂でよくご飯を食べるけど、友達や女の子が一緒だとウォンリーで夜食することが多い。
今回は友達といっても僕の父親くらいの人たちだったので、お連れの女の子も少し年齢が高かった。席の並びを素早くチェックする。え~と、彼らが僕に押し付けようとしている子は...
彼女は24歳、顔が小さくてすごく落ち着いた感じの子で日本語はかなり出来る。そして、他の2人よりアレコレと世話を焼いてくれる。なんか年上の奥さんみたいでいいな...
「私、本当は29歳なの、でもお客さんには24歳って言ってる...」ベランダで洗い物をしながら彼女が言った。「24じゃないと思ったけど...そうなの?」(僕の読みは26~7だった)
僕はお茶代を彼女に払って部屋を出た。一人で帰れると言うのに彼女はソイまで出てタクシーを拾ってくれる。「ホント、ダイジョウブですか?アパートに着いたら電話してね!」父さんたちはこんな天使に嵌るんだろうな...僕はタクシーの中でふと思った。
piisau
彼女とは友達です。部屋でも何もありませんでした...

| | Comments (11) | TrackBack (1)

2005.08.19

ホテル見学

友達がスクンビット・ソイ11にあるスイスパークに泊まっていると聞き遊びに出掛ける。ここはウエブなどでも評判がいいので一度見ておきたかったホテルだ。
ソイ11を行過ぎ次の角を左に曲がる。「ねぎラーメン」が入っているソイだ。そこを少し歩けば目的地のスイスパークは目の前にある。ソファーに座り友達を待った。ロビーは一部天井が低くて窮屈に見えるけど、フロントの女の子はニコニコ笑っていて感じがいい。
部屋は角部屋のツインルームだった。ふとベットに目をやると、何故か二つとも乱れている。きっと昼過ぎまでお連れが一緒だったんだろう...「ここ幾らでした?ジョイナーフィー(JF)は掛かるんでしょ?」僕はストレートに聞いてみた。
料金は1300B/泊、JFはチェックインの時から同伴してるので問題ないらしい。そして、ここのマイナスポイント《鍵とレストラン》を少しチェックさせてもらった。⇔オートロックではない二重回しの鍵は面倒だけど慣れれば問題ないし、会議室のようなレストランは確かに殺風景だけど、僕的には食べる機会が少ないのでこちらもOKかな?? う~ん、JFがなければNANAホテルよりもいいかもね!
◇JFの情報はこちらで⇒  
soinegi
ホテル前から見た「ソイ・ねぎラーメン(仮称)」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.17

好きな国

TGの機内に入り自分の席に近づくと手荷物とは思えないような大きなカバンを頭上のボックスに収めようとしている女性がいた。「お手伝いしましょうか?」隣に座るてまえ、いや男として声を掛ける。
その女性、歳の頃は20代半ばでブロンドの髪と一目見て巨乳と分かる胸元を持つ娘だった。こんな書き方をすれば何とも素敵な女性に思えるだろうが、その下半身は見事なオッパイに負けない位のデカ尻がドーン!と突き出ている。ソバカス顔と合わせて「典型的なポッチャリ型アメリカ娘」とでも言いましょうか...
「お茶とお花です」彼女に趣味を聞いたらこう答えた。日本に興味を持ち、英語教師として来日。まだ半年だけどもの凄く日本のことを勉強している。英語と日本語で熱く語る彼女を見ていると、自分も周りの人たちにタイを同じように語っているのかなって少し照れてしまった...
thouse
キレイに並んだタウンハウス、またこの街に帰って来た...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.15

楽しい時間

ラマ9通りの「ラ・ディファンス」に寄ってみた。この奥のキャサリンは友達が好きなので僕も何度か足を運んだけど、ここはジュリアナの頃に叩きのめされて以来の入店だ。
ラチャダーやペッブリーのMP銀座と違いラマ9は場所が悪い。タクシーで行くにも「RCA・ペッブリー」で乗車して、近くに来てから細かく指示するのが友達のやり方だ。僕はストレートに「ラマ9のお風呂は知ってる?」って言っちゃうけどね...
大通りの正面から入らずにソイの横からイン。こちらはラウンジになっていて女の子もソファーに座っている。すぐにコンシア(どこか他の店で見たことあるけど思い出せない)が寄ってきて日本語で対応してくれた。
店に出ていない女の子をアルバムで見る。なかなかイイ。でも予算オーバーね...僕は奥に抜けタマダーのお花畑を鑑賞する。見られるお花は5本位かな??そのうち摘んでいいのは..2本。どちらにしようか悩む。これって1番楽しい時間...?ladefensegirl
ディファンス娘たち:2003年から更新のないウエブより...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.13

フォトシネマ

前回のエントリーでQバーのファトシネマをちょっと載せてみた。(借り物の画像だから適当にリンク切ります)これはデジタルステージという会社のソフトで作るんだけど、自分の撮ったデジカメ画像に好きな音楽と動きをつけることが出来る優れものです。
これ、買えば結構高いソフトなんですが、DLサイトから期限付きで体験版を試すことも出来るので興味のある方は挑戦してみて下さい。ただの写真とは違ったタイの思い出が残せるはずです。
フォトシネマは今年になってDVDに対応するニューバージョンが売り出されています。僕の旧バージョンだと使用する画像が小さいのでズームアップ場面などは結構苦しい。たぶんこっちは鮮明な画像が見れると思うけど、来月もタイに帰らなきゃならないし...まだまだ更新は無理だな。
kaosan2
カオサンでファラン娘に声を掛ける。昔は出来たんだけどね...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.11

最後の夜

スクンビット通りにあるブルーバー(店の照明が涼しそうな青だから勝手にそう呼んでます)でビールを飲みながら最後の演出を考えていた。そうだ、あそこにしよう!突然僕はQバーに行きたくなった。汗をかきながらソイを歩く。こんなに遠かったかな?
角を曲がり、やっと店が見えてきたところで携帯が鳴る。「明日帰るんだろう?」エカマイの友達だ。(もうタイミング悪いな~)僕はタクシーで来た道を戻った。Qバーも捨てがたいけど友情には変えられない...
彼から近くの食堂で働いてる17歳の女の子を紹介された。歳を聞き、初めて彼女と遇った時を思い出す。この子、顔も体型もロリロリ娘。当時の彼女と同じ17歳だけどこうも違うと面白いね。
今度来たとき映画に行く約束をする。けど彼女は携帯を持っていないので連絡先が分からない。たぶんこの話は流れるだろう。彼女は水のようなリージェンシーを飲んで酔っぱらっている。結構可愛い!違う。僕が酔ってきたんだ ...
qbargirl
フォトシネマ:Q-BAR BANGKOK

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.08.08

旅の予想

日本時間で午後7時。この記事がアップされる頃には僕の滞在も終わりに近づいています。さあ、今回は後ろ髪を引かれての感傷帰国になるのか、それともマンネリ化した惰性での帰国になるのか?きっと後者だな...
自分の旅を予想するのもなんですが、今回は「彼女と逢わない」自分を試すタイ行きを企画した。たぶん僕はバンコクにいないだろう。意志の弱い人間なので近くにいたら結果は見えているだろうしね。逃亡先の候補はホアヒンかチェンマイが濃厚かな?
もうすぐお盆休みですね。年に1~2回のタイフリークの皆さんは訪タイの準備で忙しい頃でしょうか?彼女にお土産買いましたか?僕もグッチの香水買って来ました。必要ないと思いますがもしものために ...
それにしても日本は暑い。街を歩くにも常に日陰を選んで進むタイの癖がついつい出てしまう。さてさて、今夜はノキアを充電して早めに寝よう!
prt
街路樹を見上げると結構涼しげなんだけどね...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.05

彼女の秘密

彼女は素敵な女性だと思う。確かに背は高い。けどあれだけの容姿をしていればタイの男達は絶対に放っておかないはずだ。それなのに彼氏が出来ないなんて...いつも考えていた疑問が彼女の口から明かされた。
「わたし、男って嫌い。メーを悲しませたから。男の人で受け付けるのは弟と...。あなた私の携帯を見たことあるでしょ?」彼女が言った。
メーの旦那はそこそこの金持ちで、タイにありがちな「ミアノイ」を囲っていたらしい。そして今はその女と暮らしている。僕は家から出てクルマに乗る彼を一度だけ見たことがあった。あれは月に一度だけ金を置きに来たときだという。
携帯は...彼女のノキアに納められている壁紙は全て美しいファランの女たちで、秘部丸出しのモロ画像を僕に見られた時は恥ずかしそうに誤魔化していたのを思い出す。(まさかね...)
「もしかしてレズってこと?」「知りたい?マイ・ボーグ!9月に来た時に教えてあげる...」この子はいったい何者なの??
angel11
ちょっとだけタイに帰ります。彼女とは逢わない...かな?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.08.03

アラブ人街

バービアで飲んでいたら店の女の子が突然僕の股間に潜り込んで来た。おいおい、この店はスモークの無料サービスが始まったのかぁ?そんな訳はない。(しーッ!)女の子は股間で口の前に指を当てている...
「あの人ってこれくらいあるんだよ!」腕をグッと突き出して彼女が言う。プロ泣かせの巨根らしいけど、ファラン専の彼女が言うくらいだから相当な大きさなんだろう。アラブ系...インド人かな??
スクンビット・ソイ3付近にはアラブ系の店がたくさんある。僕も水タバコでも吸いながら休憩してみたいと思っているけど、数年前から米・英大使館とこのエリアは避けているんだよね。
ん?待てよ...グレースにはよく行くよな。もしあそこがテロに狙われたら...地下は1番ヤバイじゃん!!
india
プラカノン近くの何だか分からない店...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.01

BUA CHOMPOO

「来週は来るの?」MSNで東京の友達が聞いてきた。「行くよ!」と答えた僕。「券持ってるの?」「チケットなきゃ行けないでしょ...」う~ん、どうも話がかみ合わない...
聞けば、8月8日(月)に僕の好きな「ブアチョンプー」が川崎に来るらしい。ファンとして情けない話だけど友達に聞くまで知らなかった。最近は音楽系ウエブにご無沙汰だったからな...
100名限定でのファンの集い。ミニライブ、サイン会...ああ、ブア見てみたいなぁ!でも、タイの空気を吸う方がちょっとだけ優先かな??
buac
VCD「All Seasons」買ったけどまだ封を切ってない...

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« July 2005 | Main | September 2005 »