« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.29

サリカ

タニヤ・パッポンに近いスリウォン通りにサリカ・カフェがある。(僕はずっとサリ・カフェだと思っていた)昼間の珈琲タイムや軽食、夜間の待ち合わせによく利用しますが、ガラス張りの店内で日本の新聞を読みながら道行く人たちを眺めるのが結構暇つぶしになります。
僕は初めてタイに来た友達をサリカに連れて来る。と言ってもお茶を飲みに行くんじゃなくて目的はマッサージです。近くには有馬温泉があるけど、そこは有名なので意識的に外しちゃってます。
以前、カフェの上には雀荘がありましたが今は潰れて古式按摩の店となっている。ここは雀荘だったのを改築しているから部屋が適度の大きさに別れています。だから連れて行く人数に合わせて部屋をチョイス出来るし、何より歓楽街が近いのでベストタイムまでの待機場所にピッタリなんですよね。
料金は古式按摩2時間で300Bです。(2005年11月)
sarika
サリカマッサージとミズキッチンのサリカステーキ(?)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.27

薄れ行く想い

ワットアルンが見たくなって出掛ける。ターティアンの桟橋に向かうと渡し舟の料金が2Bから3Bに値上がりしていた。市バスもそうだけど原油高の影響があちこちに出ている。
数バーツのコインなんて夜に散財している額に比べれば全くの誤差の範囲だ。でも、僕の場合は昼間と夜間の財布が違うから何か大きく損した様な気になるんですよね。きっと同じような人もいるんじゃないですか?
渡し舟は値上がりしたけど入場料は20Bのままだった。10Bコインの絵柄を使った入場券のデザインも変わっていない。僕は嫌なことがあるとここに来る。タイを好きになった大きな理由(彼女)との思い出があるからだ。
日本人、韓国人、ファラン...相変わらず観光客が多い。それに暑い...日陰に座り、携帯でタイポップスを聴きながらしばしの休憩だ。
あれ?僕はあることに気が付いた。選曲が新しいのだ。ここでは決まって当時流行っていた曲を聴いていたのに...僕の心に焼き付いて離れなかった「彼女への想い」が少しずつ解けている...
watarun
ワットアルンに来ても想い出が甦らない。何故だ...??


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.25

コン・カオリー

タイ関係のウエブを見ていると女の子に人気のない国籍に韓国人のことがよく出ている。面白かったのはドンムアンの入国審査で女性の担当官が「私も韓国人は嫌い...」と言った様なことが書かれていたけど、これはちょっと??だよな。
韓国人を嫌う理由のひとつに「ケチ」がある。僕は極端に彼らがケチだとは思わないけど、日本人と比べればやっぱり差が出るのかな?
僕が外国にいるとき日本人以外の人種に間違えられるのはやっぱり韓国人が多い。もちろんタイにいるときも例外じゃない。だって日本人に一番近いのが韓国だし、最近はもみ上げを短く切り上げて細いメガネが掛けているから尚更だと思う。
最後に、僕は韓国が嫌いじゃない。どちらかと言えば好きな方に入る。単純だけど旅先で出会ったプーイン・カオリーはみんな友好的で、逆に日本女性は変な一線が引かれていて上手くかみ合わない。まあ、同じ日本人だからかもしれないけどね。でも、好きな韓国だけどやっぱりライバル意識はあるかな...
junji
僕...猟奇的な彼女"Junjihyun"好きです!

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2005.11.23

なたり~

ブログの読者から「ラチャダーMPの行き方、料金を教えて下さい」などの様なメールがよく届きますが、僕はそっち系方面についてはあんまり詳しくないんです。だから、正直言って自分が正規の料金で遊んでいるとも言えず返事に困ってます...
初めての方がラチャダーに行くならMRT(地下鉄)が便利だと思います。降車駅は取りあえずホイクアンが良いでしょう。普通の人ならシーロム・スクンビット方面から来るので進行方向左に降りれば、ハイ、エマ、ナタがすぐ近くにあります。
上記の3店の中で僕が個人的に好きなのは最後のナタリーでしょうか。料金は2000前後(16・20・22・25・30と色々)で、ボリは無い(少ない)と思います。
mrtasok
帰りはアソークの2番出口からカーボーイへ寄り道...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.21

夜食麺

ソイ・ナナのガソリンスタンド横の屋台に寄った。ここもスクンビット通り東向けと同じで、ナナのゴーゴー娘や偽女の帰宅姿を見ながら夜食が食べられる場所だけど、あちら程卑猥な雰囲気が無くて僕は好きだ。
前にも書きましたが僕はバミー派です。でも夜はクイッティオをチョイスする。麺の種類は...センヤイ(僕、きしめん好きです)を選びたいけど、彼女にセンヤイは子供が食べるものと言われてからはセンレックを頼むことにしている...
僕が思うにクイッティオはバミーと比較して「店による当たり外れ」が大きい。まあ、個人的な趣味もあるし、友達は最終的な味付けは屋台セットで行うから問題ないと言うけど、ほとんど味付けしない僕には「基本ベース」が重要なんですよね。
GS横には麺屋台が並んで営業しています。値段はどちらも25Bだったかな??いつも酔っぱらって行きますが、僕は2軒目を利用する機会が多いですね。何故か...
kui
クイッティオ屋:多少不味くても好きな子と食べれば◎ですよね?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.19

ロックオン

世界に名だたるパッポン通り。最近は面白味に欠け、腰を落ち着けて飲む店が無くなりましたが、例外的に気に入ってるのはパッポン1にあるキングスコーナーです。
コーナーは皆さんご存じのとおりカマ専までは行かないけどカトゥーイが多い店です。でも僕はそっちの趣味は無いので女の子を選って遊びます。まあ、飲むだけだからカトゥーイもそれなりに面白いんですけどね!
ゴーゴーは一度横に呼んだ子が次の日も寄ってくる可能性が高い。大人しい日本人の中にはそれを避けたい人もいるんじゃないかな?そんな時コーナーには出入り口が2つあるから使えるかも??
女の子は自然と店内の居場所が決まっている。だから昨夜の子に遇いたくないときは違う場所から入ればある程度のバッティングを避けられる可能性はある。でも、彼女たちの獲物を狙う能力は凄いからすぐにロックオンされちゃうかな??
CC
コーナーの前はキャメロットがお気に入りだった...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.17

どこへ?

僕はドンムアンのTGカウンターで出入国カードをまとめてもらってある。新しいバージョンは以前のものより簡略化されて書く場所も減ったけど、狭い飛行機の中で毎回書くのはやっぱり面倒ですからね。
このカードの裏面右下に「From」「Next City」の欄がありますが皆さんはどの様に書いていますか?僕は単純に「どこから来て、どこへ行く」と解釈しているので、ラオスに行く場合は「成田~ビエンチャン」、日本に帰る場合は「成田~成田」と書いていますが、友人は「次の都市」は到着する「バンコク」だと言いはります。
「天下の歩き方(黄色本)だってそう書いてある!」「ふ~ん、そうなんだ...」別にそうなら君はそう書けばいい。裏面なんて大した問題じゃないしね。
セントレア発バンコク行きのTG機内で...「年間にタイへ幾ら持ち込むかだって?」「だってタイに何回も行くわけ無いしさぁ、1番低いとこでいいかなぁ??」隣の女の子たちが「Yearly income」の欄を見て話をしている。(そこは年収を書くんだよ...)教えてやろうと思ったけど好みじゃないからやーめた!
nextcity
タイ王国出入国カードの書き方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.16

Loi Krathong

今日はローイクラトンです。都会のバンコクでは単なる伝統行事だと考えている若者も多い。けど、やっぱり恋人たちにとっては特別な夜だと思う...
loikrathong
Loi Krathong Festival 2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.14

延長不可

ラジオからローイクラトンの歌が流れている。
僕は日本に戻らなければなりません。
残念だけど彼女とも逢えそうにない。
もう1度電話をしました。
バイト中でした。
すれ違いが多いな...
「君は何も知らない」
Peacemakerの曲が流れています。
GoldenT
彼女の街を見るためプーカオトーンに登った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.11

ロイガトン

僕はタイに戻っています。帰国は15日位かな?? でも、もしかしたら1~2日延ばすかもしれない...
延長したい理由は16日にローイクラトンがあるからだ。去年は仕事が外せなくて行けなかったけど、今年は上手くいけば休暇を延ばせるような雰囲気がある。まあ、確率は50:50だから彼女には話をしていないけど...
ローイクラトンといえばスコータイが有名ですよね。普通の灯篭流しじゃなくて、コームと呼ばれる灯篭飛ばしを見てみたい。もちろん好きな彼女と一緒にね!
dmaai
来週のパークローン市場は凄い活気だろう...

| | TrackBack (0)

2005.11.09

メー

タイ人の多くは母親を大切にする。「キトゥン・バーン、キトゥン・メー」日本で働くタイ人の友達もメーの話ばかりで父親の話題は殆んど出てこない...
「このことは内緒だよ!」僕は何度も彼女に言った。それは、酒にタバコ、危ない会話、別れ際に渡す少しばかりのお小遣い。特に最後のお小遣いは、誕生日などで額が多い時は必ずメーが変な関係を疑うから話していけないと言うのだけど、彼女は一から十までメーに報告してる...
僕たちがどこで遊んで何を食べたかもメー知っている。彼女にとってメーは絶対で隠し事は一切無い。ふたりで昼寝しながらテレビを見たことも、僕が彼女を抱きかかえてベットまで運んだことだって筒抜けだ。これって結構怖い。おかしなことは絶対に出来ない...
McD
額が多い→彼女がマックで1週間バイトした程度の金額です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.07

タニヤ

一回りほど上の友達とタニヤへ出かけた。女の子の揃っている店を選びセットで入る。サワディ・チャーオ!僕たちの隣にはチェンマイ出身の子が座った。可愛い!僕がチェンマイ娘に当たるのは久しぶりだ...
「俺が金払うから出よう!」まだ30分も経っていないのに友達がママを読んだ。このパターンは2回目で、理由はすぐに分かった。隣から聞こえてくる煩いタイカラだ...
去年「ここはタニヤだよ。日本人カラオケでバカみたいにタイカラを歌う奴は大嫌いだ!」となった時の再現だ。まったくもう...(セットの安い店だから仕方ないじゃん...)と喉まで出かかったけどやめる。
格式・サービスの低下、日本語の出来ない女の子の増加...タニヤの現状を嘆くオールドファンが結構いる。僕はそんな時代を知らないから今の低価格路線は「嬉しいな~」の組だし、タイカラだって嫌いじゃない。(下手なやつは×ね)
時代の流れ、変化は素直に受け止めて楽しく遊べればいいと思う...でも、僕も最近増えた下品な店には行きたくないけどね!
BH
Blackhead :コレ↓日本の誰かにそっくりですよね?
Mai Jam Pen Tong Dii Thii Sud

| | Comments (21) | TrackBack (0)

2005.11.05

彼女の写真

彼女の癖は「噛む」こと。それに、大学生になってからは「カメラの撮り方(撮られ方)にうるさい」ことがある。鏡を見て髪型やら化粧の具合をチェックし、アングルをバッチリ決めてから「さあ撮って!」って感じ...
僕はそんなモデルみたいな写真より自然のままの画像が欲しい。だからスタンバイしてる様なふりをして何度もシャッターを切ったり、よそ見をしてるときに半ば隠し撮りのように収めたりする。
「見せて!」撮り終わると必ず彼女が言う。そして気に入らない写真はみんな消去だ。メモリーは十分にあるのだから残しておけばいいと思うんだけど、撮られ方にうるさい彼女には許せないらしい。おかげで彼女の写真は激減しています...
duusi
「撮ったでしょ?見せてよ!」ああ、シャッター音を消したい...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.03

ビーチクラブ

ウォーキングストリートを進み、ソイ・ダイヤモンド手前の小道(ソイ15)を入るとお目当てのゴーゴーがある。店はビーチクラブで、最近、僕的にはアジア系絶対支持のスーパーベイビー&ガールより面白いと思っている。
入り口で厳つい兄ちゃんの荷物チェックを済ませて店に入る。この店は「Beach Club Table Dancing」と呼ばれていて、その名前のとおり店にステージは無く、女の子たちは左右と真ん中にある数台のテーブルの上で踊る。全体的にファラン好きする子が多いけど中にはオオッ!と感じる子も混じってます。
店の壁は鏡。そして、テーブルもミラー仕上げだ。ということは、見上げても、見下げても女の子のスカートの中が覗けるんです。しかも剃り剃りのホーイがオンパレードで...
wstr
WS(Pattaya):早い時間は観光客も多く健全に見えるが...

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.11.01

ツマミ食い

僕は彼女とデートする時にノンタブリー経由で出掛けることがある。待ち合わせの時間は大学が終わってからなので午後2時が多い。でも、この時間って結構きついんですよね!
朝食は食べないか極軽く済ます僕なので昼は早い時間に空腹となる。本当はノンタブリーの町で何か食べてから会えばいいんだけど、彼女は一緒にランチすことを期待してるのでいつもお預けだ...
船着場を出るとロータリーにサムローが屯している。昔はこのサムローと船着場隣の食堂で出される氷塊入りビールを目当てにノンタブリーへやって来た。適当に20B分漕いでもらい、ビールを飲んでバンコクに戻るみたいな...
最近は市場まで歩き、屋台で2品ほどツマミ食いしてからバスに乗る。でも揚げ物を食べるからちょうどランチタイムに胃がもたれるんですよね。
rikisya
残念ながら船着場横の食堂はもうありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »