« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.31

コップン・カップ!

このブログも早いもので3年目に突入しました。気がつけばカウンターも30万を超え、多くの人に読んでいただいたことを嬉しく思っています。ありがとうございました。

僕は在タイではなく通いのタイフリークです。年間40~50日の訪タイを目標にして、なんとかそれを実行してきました。でも、年々仕事(責任)が増え、来年は思ったようにタイへ帰ることが出来なくなりそうな予感がします...
さて、この1年は皆さんにとってどんな思い出が出来たでしょうか?新しくタイの魅力に嵌った人、上り調子で楽しさ絶頂の人、抜け出せない麻薬の様な生活に終わりを告げた人...
僕はたぶん最後のエリアに足を踏み入れようとしています。あの街には多くの友達がいて、僕が帰ればいつでも笑顔で迎えてくれる。けど、街を離れるときに感じていた「何か」が最近無くなって来た。底なしの魅力に溢れている街と天使。終わりの無いエンドレステープにハサミを入れる時期が少しずつ近づいている...
hana
大切な花を見に1週間×3回は最低でも帰りたいな...

| | Comments (23) | TrackBack (0)

2005.12.29

変なオキニ 3

翌月バンコクに戻った僕は彼女と再会した。白いユニフォームを着て一人前の按摩嬢みたいに見えたけど、腕前は相変わらず超下手くそだった。「何日いるの?毎日来る?」指の間をフニャフニャ揉みながら彼女が聞いてきた。
「お得意さんだよ~」おばちゃんが彼女に言った。窓の外に細身のアジアンが立っている。「どこの人なの?」「あなたと同じ日本人、かな?」セイムセイムって彼女は言うけど、ありゃどう見ても違うだろう。
「シンガポールだよ!」ママが教えてくれた。だよねぇ...彼はタイ語が出来なくて彼女との会話はすべてママが英語で通訳しているそうだ。それにしても彼女は...(鈍いのかな?)
「あのね... 彼が食事に行こうって言うの。一緒に行きませんか?」「はあぁ?」君は何を言ってるの。男の僕が行けるわけないでしょ!困った顔をする彼女。真剣に悩んでるみたい ...ホントにおかしな子だ。
nok
彼女は経営者が変わって4ヵ月で仕事をやめた。クビかな...??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.28

変なオキニ 2

僕が屋台で昼飯を食べていると彼女がやって来た。何か注文して横に座る。彼女は僕の予想どおり店の呼び込みと商品の販売が本業で按摩の仕事は殆どしない。エロ按摩ならまだしもあのレベルの腕なら誰も客は来ないだろう。
たぶん客は僕だけだよな...なんて思ってたら、昨日僕が彼女に揉んでもらってるのを見ていた奴が店に来て彼女を指名したらしい。しかもあのヘニャヘニャ按摩をえらく気に入ったみたいで、その日に再来店したと言う。
「私、普通のマッサーもOKよ!じゃ、後でね~」なんか変に自信を付けた彼女。皆の昼飯を持って店に戻るが金を払い忘れて呼び止められる。ちょっと抜けてるけど可愛くて面白い...
1分しないうちに彼女が戻ってきた。数が足りなかったらしい。ちょこんと横に座る彼女。「タバコって美味しいの?」「えっ??」いきなりの質問にとまどう僕...
yatai
昼食の買い出しは彼女の重要な仕事のひとつなんだろう...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.27

変なオキニ 1

彼女はいつも店の前にいた。たぶん客の呼び込みをしてるのだろうが、チラシを配るわけでもなく声を掛けるでもない。ただ看板娘の様に立っているだけだった。
僕はアパートに戻るたび彼女と合う。回を重ねると目が合うたびに笑顔が出始める。ちょっと色黒だけど背が高く艶のある黒髪のショートは十分に僕の範疇で少しずつ気になり始めていた ...
「マッサージどうですか?」通り過ぎた僕に彼女が言った。「君がやるの?君ならお願いしてもいいな...」と僕。「う~ん、ちょっと待って、聞いてくる」彼女は少し考えて店の中に入っていた。たぶん彼女は呼び込み専門で按摩嬢じゃないんだろう...
フットマッサーを1時間頼んだけど彼女は驚くほど下手だった。たぶん僕の経験した中で最悪だろう。でも、その真面目に仕事をしようとする仕草や会話の内容がスゲー楽しい。
「今回は特別なんだけどねぇ...」そう言うママに僕は明日から毎日1時に来るからと彼女をブッキングした。昼間のお楽しみを得るため、夜に飲む店を一軒減らすだけだからね...
nakrian2
北部出身の彼女は去年まで学生だった。この仕事は合わない??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.25

プラス・ワン

今日はクリスマス。そして1週間すれば新年です。この連休でタイに戻っている読者も多いと思いますが天気はどうですか?日本も例年にない寒波だけど、南国タイもタイらしくなく涼しい日が続いたと聞きました。
年末年始の訪タイ組が順番に飛び立っていきますが僕は今年も留守番組です。予定では年始明けになんとか戻って、あとは時間の許す限りタイにいようかなって考えてます。
今回、もし10日間を越える滞在になったらバンコク以外の場所に出掛けます。近場でパタヤ、久しぶりにプーケット、チェンマイもいいですね。それともカンボジアやラオスなどの隣国への旅でもしてみようかな?
wtt
やっぱり涼しいタイより暑いタイがいい。日本にいる時はそう思う...

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2005.12.23

タイの味

「ソムタム・マイチョープ!」彼女はデジカメの写真を見て言った。はいはい、バンコクっ子の君には田舎の料理は口に合わないんだよね!僕はムッとして気分が悪くなる...でも、そんなことでは怒らない。もうチン・レーオ(慣れちゃった)だからね。
僕はソムタムにトッピングはしません。素の辛いソムタムを食べながらタイを感じます。でも全部食べられず必ず残します。それは田舎出身の彼女と付き合っていた頃からずっとそうだし、僕が取りあえず頼んだソムタムを美味しそうに食べるあの子を見るのが好きだった...
ソムタムはタイの味かな?僕は友達に言った。「そう?俺のタイの味は...リステリンだな!」友達のバカな答えに思わず爆笑。このジョーク分かりますか?
somtam
魚、蟹...トッピングすると僕はお腹をやられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.21

寂しい?

田舎から出てきた子は数人でアパートをシェアしていることが多い。そして、よい顧客に恵まれて収入が増えれば1人で住むようになる。僕の知っている子の中にもそんなパターンを辿った子は何人かいるしね。
「女が1人じゃ危ないでしょ?それに寂しくない?」ドンムアン空港の近くに1人住まいを始めたカラオケ娘に聞いてみた。彼女曰く、アパートはガードマン常駐でカードキーによるセキュリティだし、同じフロアーには女の子しか住んでいないから心配ないと言う。そうなんだ...
「お客さんからもらった玩具があるから...」もう1つの質問に彼女が笑って答えた。僕は友達と別れて寂しくないか聞いたのに、この子は何を言ってるの!顔に似合わずエッチな娘だ...
照れる彼女に「僕の方が上手だよ」と、グッ!と腕を突き出して言う。そしたら、「昨日電池が切れたから買って...」だって。(笑)でも、大人の玩具...空港の荷物検査で発見されたら恥ずかしいですよね?
kaosanbeer
次の日、カオサンのデートをドタキャンされた。寂しい...

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.12.19

話題

カラオケやバービアなどで女の子と話をするとき出身県を聞く人は多いと思う。タイの地図が頭に入り、言われた場所がどの辺りか判ったときは結構嬉しかった覚えがある。
最近は出身県の次にバンコクの住所を聞く。別に女の子の家に行こうなんて気は全くない。スクンビットの数が多いソイや、ラムカムヘン、ラッパオなどなど、自分がよく遊びに行って知ってる場所が出ると「なんで知ってるの?」なんて、そこの話題で一段と盛り上がったりもする。
違う店に勤める女の子を知ってて、場所によってはアパートを特定することが出来ちゃう場合もある。けど、そこに住んでる子の話題は出さないことにしている。決して「いい話」だけが聞けるわけじゃないからね...
soi75
「そんなとこ行って何が面白いの?」別に僕の勝手じゃん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.17

デパート

暑くて暇なときは涼しいデパートに行く。東南アジア、特にタイは街中から郊外まで至る所に店があるのでホント助かる。
セントラル、ロータス、カルフール、ビッグC...数あるタイのデパートで僕が一番好きなのはザ・モールかもしれない。ラムカムヘンの2・3・4、クルンテープ橋を渡ったトンブリーにある5号店、そして極めつけはガームウォンワーン...
上の店ではほとんど日本人を見ないけど、CWPやMBKではタイの女の子を連れた日本人をよく目撃する。(僕もたまに行くけどね...)ジーンズやCDを見る若いカップル、ちょっと高価な店を覗くクラブ系のカップル...
ここではみんな自分の世界に入ってる。ひと目も気にせずじゃれ合うバカ者、会話は少ないけどニコニコ顔で女の子と手を繋いでる中年さん。ああ、みんな楽しそうだなぁ!
cwp2
CWP:欧州人はタイのデパートを見てビックリしていた...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.15

25万マイル

僕が今まで1番利用した航空会社は間違いなくユナイテッド航空だろう。当然マイルもここに集積し、タダ券使って何度もタイに戻った。その次は...NW、TG、JLの順かな??
11月21日からUAが「100万 マイル プレゼント」のキャンペーンをやっていますけど皆さんはもう登録しましたか?今回のは搭乗の義務もないから誰でもマイルをゲットするチャンスがあります。実際には100万を4人で分け合うから1人25万マイルになっちゃうけど、25万って一般的な旅行者からすればスゴイ数字だと思います。ual
25万マイル=タイに12回行けるマイル数。当たってくれ~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.13

焼きバナナ

ホテルの朝食ブッフェに「焼きトマト」があった。日本ではあんまり馴染みがないけど海外では定番の一品だと思う。僕は好きだけど初タイの友達には不評だったな...
タイに行き始めた頃、ナナの灯りが落ちてスクンビットをひとり歩いて帰る時いつも目に付いていたのが「焼きバナナ」の店だった。揚げバナナは良く買うけど「焼き」はあのシロップがくせ者に見え、興味はあるけど踏み切れない...(いつも酔ってたから吐いちゃうかなぁ?ってね)
数年後、僕は焼きバナナの屋台の前で止まった。そして悩んだ。今夜こそ絶対に買うつもりで来たのに、目の前にそれがあると何だかまた引いちゃって...そんな僕に誰かが抱きついてきた。
「買うの~?」知り合いの55娘だった。「美味しいの?」「アロイ!」僕は彼女の後押しで遂に焼きバナナを手に入れた。歩きながらふたりで食べる。やっぱり甘い...
「あっ、ゴメン」ビニール袋に穴が空いてベットの上にシロップが垂れた。「マイペンライ...」彼女は素早く処理をする。(中略)「げっ!」朝起きるとゴミ箱に蟻の列が出来ていた。それを眺める僕をベットの彼女は一瞬だけ見て目を閉じた...
yakibanana
この手のカテゴリーは好き嫌いがハッキリしていますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.12.11

見栄っ張り

通りに出てタクシーを捕まえようとしていたら1台の乗用車が僕たちの前で止まった。ウインドが下がり40歳位の男性が彼女に声を掛ける。あなた誰?彼女の何なのさ...??
男の人は彼女の叔父さんで仕事に行く途中らしい。必然的に乗せてもらう。取りあえずワイしてご挨拶...トヨタの新車を転がす叔父さんは何処かの制服を着ていて、高速の料金所もお金を払わずに通過した。あなたって何者??
クルマはファランポーンの近くで止まった。彼女が指を2本出して「お願い」って顔をしている。車代で200Bちょうだいってことだ。叔父さんのてまえカッコつけたいのは分かるけどココで降ろされたらまたタクシー乗らなきゃなんないじゃん。この見栄っ張りめ...
tuk2
変な見栄で100Bのところを240Bも払ってしまった...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.09

何時もの事

「あした11時に迎えね!」昼に約束したことを確認するだけの電話だった。シーロムのコンベントにあるパブで飲んでたけど、あと30分遅ければパッポンの大音響でたぶんミッシングしただろう...ラッキー!!
彼女はパジャマ姿で出てきた。(嘘だろ?自分で確認したのに...怒ってやる!)「ごめんね、夜遅くまでメーをマッサージしてたから...ちょとマテルね(変な日本語)」手を引かれて軽く抱きつかれた。簡単に許す...
部屋に入ると彼女はまず扇風機を当ててくれる。そして冷蔵庫に水を取りに行き、お気に入りのCDをかける。いつもの流れだ。水浴びして、化粧して、あと30分ってとこかな??
バスタオル一枚の彼女が駆け足で部屋に飛び込んでいく。(転んだらタオルが取れて...それを助ける僕...)毎回同じことを考えるバカな僕。最初の頃は下半身が一気に反応したけど、いつもの光景になったらあんまり...ですね。
jyaonak
意外と制服姿の方がドキドキするかもね!


| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.12.07

銀行口座

僕はタイに銀行口座を持っています。当時は旅行者が新規に開設するのが難しい時期で、大手の銀行はワークパーミットが無いからと本店・支店とも窓口で軽く門前払いされたちゃいました。
最近はバンコク銀行口座開設可能(Q4)な話をあちこちで聞く。次回は挑戦してみようと考えてますが、みんなと同じじゃあ芸がない。狙いはクルンタイファーマーズかな?う~ん、でもやっぱりバン銀が一番いいよな...
「彼女に送金してるの?」タイに口座があると知った友達が僕に言う。まだまだそんな関係(時期)じゃないのに、タイって聞いただけでそんなふうに思われてる。ああ、なんだか寂しいな ...
atmkao
彼女から送金依頼が...、貴方ならどうしますか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.12.05

イルミネーション

今日はプーミポン国王の誕生日です。広く国民に慕われているタイの王室。日に日に明るくなる電飾も今夜はいっそう輝きを増すことでしょう。
クリスマス、ニューイヤー、チャイニーズ新年...この電飾はまだまだ続く。日本でもクリスマスのイルミネーションを飾る家が増えたけど、僕は南国タイで見る何ともいえない雰囲気が好きだ。流行のLEDじゃなくて、暖かみのある電球照明がね...
king
AISもDTACもトップページは王様の誕生日を祝っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.03

運河ボート

プーカオトーンに出かけた時、街中まで戻るのに運河ボートを使ってみた。パトナームから東に向かうルートはよく利用するけどこちら側から乗るのは久しぶりだ。
後部はエンジン音が煩いので前方の席を選ぶ。そしてドブ水をかぶるのも嫌だから座席の中央に陣取った。でも、ここは始発乗り場なので客が次から次へとやって来て、先に座っていた客は奥へ奥へと押しやられていく。そして僕の所にも...
乗り込んできたのは女子大生だった。「おお!なんてラッキーな。やっぱりお寺でタンブンしたからな~」と、ウキウキ気分だったのはつかの間ですぐに彼氏が飛び乗ってきた。ガク!!ああ最近は何でも下降気味...
僕はたまに運河沿いの小道を散歩する。街がどんどん近代化されて行っても何故か運河沿いと線路沿いの風景は昔のままだ。ドブ川だけど南国の花が咲き、鳥や子供達の遊ぶ声が聞こえて来る。こんな場所を教えてくれたのも思い出の彼女だった...
klongsaenseb
セーンセーブ運河の西側始点
ボートから見る庶民の生活は普段と違うタイの姿を見られます...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.12.01

エメラルド

初めの頃の僕もそうだったけど、タクシーを使ってラチャダーに遊びに行くとき「エメラルドホテル」を目的地に指定する人がいる。でも、通り沿いで降りられればいいけど、言葉の問題などでホテルのエントランス横付けにされることが多くありませんか?
車止めに到着するとホテルスタッフがドアを開けてくれるので仕方なく中に...特に用は無いけどトイレに寄って再び外へ出る。その時の(この人は??)っていうドアガールの視線が結構気になったり...
ある時、ホテルに地階があることを発見した。ロビーの階段を下りると天井の低い寂れたミニショッピング街があって、左奥の扉から外に抜けられるんです。エメラルド経由でホイクアン方面に行くなら正面から出るより少し近いので機会があったら試してみて下さい。
emeraldhotel
Google Earth : エメラルドはJFが掛かるんですよね...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »