« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.28

壁紙 2

今回の写真は、①マーブンクロン・センター、②セントラル・ワールド・プラザ(ゼン)、③クルントン橋(だと思う)です。中でも特に思い出に残っているのは③のクルントン橋でしょうか。彼女と出掛けた2回目のローイクラトンがここでした...

mbk_center MBK_Center 1280×960 657KB

swp_zen ZEN_CWP 1280×960 662KB

saphan Krung_Thon 1280×960 678KB

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.27

壁紙 1

「もっと大きな写真を載せて下さい」という要望が以前からありましたが、正直言いまして原寸でアップすると今まで見えなかった粗が出てしまうんですよね。(笑)
実は、このブログには1GBの容量が割り当てられてるけど現在僕はその1%も使っていない。今のペースでブログを続けて行っても使い切るには3百年以上掛かってしまう計算になります。そこで、恥を承知で壁紙になりそうな写真をアップしていくことにしましたのでよろしくお願いします。

wat_arun Wat_Arun 1280×960 655KB

sabai_inn Sabai_Inn 1280×960 661KB

wat_saket Wat_Saket 1280×960 681KB

明日から出張に出ますので2~3日はこの壁紙作戦でサボります。そして、週末は短期でタイに出掛けますので通常の更新はその後になる予定です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.24

怠け

「継続は力なり」とはよく言ったもので、最初はどーにもならないと思ったタイ語も毎日勉強すれば少しずつ身についていくんですよね。たぶん皆さんもそうだったと思います。
最近の僕はタイ語の勉強をまったくしていませんでした。続けなければ覚えた時の何倍もの速さで忘れて行ってしまうことは明らかなんですけど、気分的に乗ってこなかったんです。
そんな僕だけど、友達の一言でまた辞書を開いてみました。昨年の暮れ、タイに嵌まって「指さし」から始めた彼が「教えてもらったサイトのビデオクリップ見てたら何となく言ってることが分かったよ~」って言うんです。ちょっとショックでした。まだ二ヶ月も経っていないのに...
下のリンクは彼が見たランシット大でのイベントビデオです。普通のタイの女の子が出てきます。確かに発音も分かりやすいとは思いますけど、独学二ヶ月の彼にはまだ無理じゃないのかなぁ?
いやいや、安心は禁物だね。よし!負けてられないぞ。とその時思った。けど、すでに三日坊主で終わる予感が...
prettygang1
"RSU Trendy workshop 2005 by Kapook"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.02.23

好きな曲

僕の思い出に残っている曲の1つに「ใจหายไปเลย」がある。これは1999年に発表されたMr.Teamは最初のアルバム「Money Money」に入ってる曲なんですが、たま~に昔の彼女を思い出したときなどにVCDを引っ張り出して聴いてます。
Mr.Teamはこの後にアルバムを2枚ほど出したけど、このファーストが素晴らしくいい出来だったので後続を期待してちょっとガッカリしたのは僕だけでしょうか...
上記の曲はイントロの部分を見ただけで感傷に浸って涙目になった時期もありましたが、今は懐かしい思い出の1曲 です。皆さんはそんな曲ありませんか?
mrteam
この女性ボーカル知ってますか?僕的には好きでした...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.22

チップの話

「トイレにいる兄ちゃんにチップは払うの?」初タイの友達とR2で飲んでいた時に彼が言った。僕は大昔に1回だけ出したことがあるけど、それから先は一度もありませんが皆さんは如何ですか?
トイレの按摩兄ちゃんはラチャダーのディスコやトンロー近くのコロシアムなどにもいる。こちらは、先着1名様に限りチップを払っています。まあ、僕が通常利用する回数は1~2回だから、2回目に当たった人は運が悪かったと諦めてもらいます。この場合は丁寧にお断りしていますけどね...
でも、彼らって何人でローテーションを組んでるかは分かりませんけど、一夜で稼ぐチップは結構の金額になるのではないでしょうか?もしかして、オシボリ代は経費として差し引かれたりもするのかな?
それから、この制度って「男子トイレ」だけなんでしょうか?いつも聞こうと思っていてもつい忘れてしまいます。
あと、パターンは違うけど雨季の時期にMPを出たらどしゃ降りの雨で、車寄せまでタクシーを呼んでくれた兄ちゃんにはチップを渡しています。次から次へと来るタクシーのドアを開けただけじゃ上げません。前の人が気前よく出しているのを見ると気が引けますが、そこはしっかりと一線引くようにケジメをつけています。僕って割とセコイのかもしれませんね...
coliseum
コロシアムって「コリシアム」がホントなの?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.02.21

忘れ物

窓全開で風を受けながら昼寝をした。そして、暑くて目が覚めた。それでも2時間は眠れたかな?窓の外には都会っぽい建物が目立つようになり、パンコク市内に入ってきたことを感じさせる。

np8
この線に乗るのはこれが3回目だったけど、途中から見たことがない景色となる。時間的にみてトンブリーに着いてもいい頃なんだけど...(あれ?やっちゃったかな?)
電車は川を渡った。チャオプラヤーだ。僕はトンブリーに着くものだと思いこんでいたけど、この車両はファランポーンまで行くらしい。

np9
バーンスーやサムセンなどの見慣れた景色が目に入ってくる。この辺りに来ると、どう見ても切符を持っていない奴らが乗り込んで来たり、ポイントで車速が落ちたときに駅じゃないところで降りちゃう客もいる。 僕も都合のいい場所で降りようかと考えたけど、けっきょく車窓が面白くて終点まで乗ってしまった。

np10
駅舎の外でタバコを吸いながらバスを待ってるとき、僕は大事なことを忘れていたことに気が付いた。彼女への土産だ。う~ん、ヤワラー近いし、また焼き栗だな?ようは手ぶらじゃなきゃ何でもいいんだよね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.20

慣れ

写真を撮りながらパトム・チェディを一回りした。近くにある国立の博物館も覗いて行きたいけど今日は時間的に余裕が無さそうだ...僕は来た道を戻り、途中で飲み物とおやつを仕入れて駅に向かった。

np5
えーと、バンコク行きの電車は...時刻表みてもさっぱり分からない。窓口のおじさんに聞いたけど、「ちょっと待ってろ」としか言わない。お寺の案内所にいたお姉さんは親切だったので、その扱いの違いに少しがっかりした。まあ、タイだし、慣れてるけどね...

np6
しばらくしてようやく切符をゲットした。でも、そこに書かれてる電車はとっくに出発済みのやつで、以前の僕ならビビって戸惑ったけど「ま、何とかなるだろう!」と軽く受け流してしまう。これも慣れかな?
電車が入ってきた。「これはどこまで行くの?トンブリー?」近くにいたおばちゃんに聞くと、「分かんないけど...、取りあえず乗っちゃいな!」と来た。迷わず乗る。すべての電車はバンコクまで行くだろうし...

np7
ノンエアコンの車両はお世辞にも綺麗とは言えない。僕は後部の車両に移動して汚くない座席を選んで座った。後ろにしたのは、前回乗ったときに前方は汽笛の音が喧しくて眠れなかったのを思い出したからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.17

プラ・パトム・チェディ

運河に掛かる橋の上で一服した。正面にはお目当ての仏塔が、そして後ろには鉄道駅が見える。僕は一度駅に戻りバンコク行きの時刻を調べようと考えた。たぶん本数も少ないだろから確認した方が無難だと思ったから...

np2
さぁてと!動こうとした僕の目の前を白黒パッツンが通りすぎる。ん、これは先に仏塔を拝めということだと解釈した僕は迷わずそちらに進んだ。が...、彼女はすぐに違う道へ進む。相変わらず運のない僕...

np3
タイで一番高い仏塔があるお寺「プラ・パトム・チェディ」には多くの人が参拝に訪れていた。境内には屋台が列び子供達が楽しそうに遊んでいる。僕もジュースを飲みながら集会所みたいなところで行われている何かの余興を眺めていた。

np4
パトム・チェディは地元の若者のデートコースなのか、何組ものカップルが鐘を鳴らしながら歩いている。中にはバンコクの街中で見かけるようなベタベタ張り付いてる奴らもいたりして、ああ僕も早く帰ろうかなぁ~!なんて思ったりもする。 キットゥン...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.16

一番大きな寺

カンチャナブリーからの帰り道、僕はナコーンパトムという町に寄ってみた。と言うか、町を通り過ぎてしばらく行ってから気がついて、バンコクからのバスで町に戻って来た...
ここにはタイで一番高い仏塔がある町で有名なところで、機会があれば一度訪れてみたいと考えていた場所です。
「今どこにいるの?」バスを降りた僕に彼女からの電話があった。僕は「タイで一番大きなお寺に来ている」と答えました。すると...
彼女「じゃあ30分くらいで来れるよね?」
僕「無理だよ。早くても3時間は掛かるから...」
彼女「なんでそんなに掛かるの?ワット・パァケオにいるんでしょ?」
僕「???...違う違う、ナコーンパトムにいるんだから」
彼女「タイで一番大きいお寺って言ったでしょ?一番は王宮に決まってるじゃない!」
僕「・・・(今日はあの日で機嫌が悪いのか?)」
まったく、「大きい」と「高い」を間違えただけなのに、なんで僕がそんなことで怒られなきゃなんないの?って一瞬ムカついたけど、まあタイ人の気持ちを考え(大人げないから)「お土産買って帰るからね」と逃げておく...
np1
僕の乗ったバスは鉄道駅近くの運河沿いに到着した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.15

花を贈る...

昨日、14日はバレンタインデーでした。厳正な仏教国のタイでも若者たちを中心に1つのイベントとして毎年盛り上がっています。
去年も書いたと思いますが、タイのバレンタインデーは「女から男」ではなく、「男から女」に対しての恋愛イベントなんです。だから、僕も彼女にバラの花で飾ったバレンタインカードを毎年メール(?)で送っていました。でも、今年はメールもSMSも止めました...
svd
僕はもう彼女に花を贈る存在ではなくなってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.14

皇宮大浴室

「部屋にテレビが無いと集中できるよねぇ?」友達が言った。MPでの話だけど、別に僕はどっちでも構わない派ですね。でも、これって自分がではなくてお相手に関する部分が大きいんじゃないのかな??
最近というか、ここ何年もバンコクでテレビの無い店には入ったことがない。でもパタヤだとそれが普通(?)なのか、人気のディー、ルームにもテレビを見たことないですね。案内される部屋によって違いのかもしれないけど...
sroom1

現在、上記の店は1,600Bが基本料金でしょうか?え、ボラれてますか?僕の知ってる範囲だと、部屋は狭くて作りもラチャダー界隈の店と比べたら俄然貧粗に見えます。まあ、お値段相応と言いましょうか...でもトイレ付きだったりしますけど!(要らない?)
1人でパタヤにいるときは、昼間の暑い時間をディーやルームで過ごすことがある。バービアでも良いんだけどやっぱり暑しね。「そんな所でよく時間潰せるよな?」うん、選べないから長く居られるのかも...
sroom2
サバイ・ルームの個室:テレビは無いけどマットがあります...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.02.13

水の部屋

「飯と便所がもう少し良ければねぇ...」バンコク旅行から戻った親戚の叔父さんが言った。
飯というのはタイ料理のことだと思うけど、まあ、食事というのは好き嫌いがあるからね。でも、便所っていうのがよく分からない。
叔父さんと僕はアジアの便所について語ったこともある仲で、田舎育ちの叔父さんは屋外の手作り便所で毎日用を足し「学校帰りに野グソして葉っぱで尻を拭くなんて普通だったぞ!」と威張って教えてくれたこともあった。その彼がタイの紙なしトイレに注文をつけるなんて...
と言ったものの叔父さんの気持ちはよく分かる。ようは「尻を手で拭くこと」がダメなんじゃないかな??僕も彼女と住んでいたアパートで体調を壊さなければ、今でもそれは受け入れていなかったと思う。
でもね、タイの水の部屋を彼らのように使えるようになったからって、別に何も威張れるものじゃない。あの国ではそれがタマダーなんですからね。ん、待てよ...女の子なら...大したものだ!
hongnaam
タイ式でもキレイならそんなに引かない...よね?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.02.10

消える看板

今週初めにタイのアルコール広告規制の記事が目に入ってきた。タバコに引き続き、今度は酒の看板なども人目につく場所に設置してはいけないらしい。ホントかな??
僕は酒類、特にビールの看板(海外で見る)は格好いいと感じてる人種なので、それが姿を消すとちょっと残念かな?写真を撮るときの被写体にもよく使っているしね。
タイでビールのコマーシャルと言えば「ビアシン」をまず思い出します。それは今でもTGの機内で見られるやつですが...
海外で働く青年がタイの田舎に戻り山に登ります。そこで出会った現地のおじさんにスゲー冷たそうな缶ビアシンを差し出す場面...その時のワイ(合掌)する姿が何ともタイらしくて、昔は妙にゾクゾク(?)した覚えがあります。
まあ、時代の流れと言ってしまえばそれまでだけど、でも酒の宣伝がダメならビアガールのコスチュームも無くなるのかな?それぐらいは勘弁して欲しいと思うのは僕だけでしょうか...
heineken
ハイネケン:散歩(朝帰り)中のパタヤ・セカンドロードで!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.02.09

アップ・ナーム

僕たちが出たのはスクンビットのトンローでした。
トンローはペッブリーでT字路になる。そして、そこを西に折れ大通りを西に向け進んでいく。食堂や屋台はちょうど夕食に合わせた仕込みが始まる時間なので皆忙しそうに働いていた。
で、僕たちが向かった先は...こんなルートです。
pe1
①ふと上を見たら按摩屋の看板があった。やってるのかな?

pe2
②少し歩くと歩道橋、コンビニが見えてくる。

pe3
③更に進むと、世界の「トヨタ」が左手に現れます。

pe4
④ショールームを過ぎ、トヨタ看板の角を曲がると...

pe5
⑤万国工事に到着です。

コージーは最初に見える入口と、その横を真っ直ぐ進んだ場所の2カ所に入口がある。運河ボートでドブ水を浴びた人は奥の入口から入りましょう。有料ですが、キレイに洗ってもらえます!

運悪く店がお休みだったり、期待したサービスが受けられないと感じた方は...通りを挟んで反対側に同じようなお店があるので覗いて見るのもいいかもしれません。

riviera
リビエラにご用のある方はペッブリーを横切るのが早いけど、僕はタイミングが悪く中央分離帯に10分も足止めされた経験があります。ハッキリ言って怖いです。ペッブリーの交通状況にもよりますが、先ほどの歩道橋まで戻るのが無難な選択かな?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.02.08

どこに行く?

運河ボートって普段はあまり利用しないから正直言ってどこで降りればいいのか分からない。目印の建物を追いながら、一番堅いところでセーンセーブ運河に掛かる橋を数える。橋のたもとには高確率で船着き場があるからね...
僕たちは小さな船着き場でボートを下りた。友達は落とし物が無いかチェックしているけど、あの運河に落とした物を拾いたくはないな...
野良犬を避けて歩く。僕の好きなサイバラ漫画に出てくるカモちゃんが「タイでは犬になめられたら人間お終い...」みたいな場面があったけど、やっぱりタイの犬は怖い。別の意味で...
高架の下をくぐり短い測道から本線に出るとペッブリー通りはすぐそこだ。ここで「渋滞していないと」ちょっとガッカリするかもしれない。せっかく船を使ったのに...ってね!
petton
この景色を見たことある?さあ、僕たちはどこに行くのでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.07

どこに座る?

運河ボートに乗るときは中央よりやや前方がいい。真ん中はエンジンの音がうるさいし、後ろはドブ水をかぶる確率が高いからね。
「あれ?どこ行くの?」後部に進む友達に言った。「前の方は混むから俺はいつも後ろだよ!」僕の考えが一般的だと思ったけど、やっぱり人によって違うんですね...
僕は正直な気持ち「後ろはヤダな~」って思ったけど、1つ手前の席にコブ付きパッツンを発見する。(まぁ、いいかぁ!)と単純でバカな僕。
kss1

帰宅の時間帯で船着場に着くと次から次へと人が乗ってくる。座席はぎゅうぎゅうで、中央部は立ち乗りの人たちが溢れてきた。バカ混み状態だ...
僕は周りのタイ人の切符を見る。皆終点まで行く金額だ。これじゃ途中下船の僕たちは人前を横切って、尚且つ船の縁に沿って歩かなければ降りれない。(小さな船着場は船の中央部しか上下船できない)
kss2

それを友達に伝えると「想定外」だったらしく、エロDVDをバックにしまったり、携帯をしっかりポケットに押し込んだり、移動の仕度をソワソワと始めた。
初めて運河ボートに挑戦する人は座る場所に注意した方がいいかも知れませんね。まあ、若い人なら狭い船内を移動、ドブ水避けのシートを跨いで船外へ、ロープにつかまり揺れる船上を移動する一連の動きも問題ないと思いますが...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.06

移動方法

パンティップではCDの他に携帯のシリコンカバー(100B)とUSBブルートゥース(350B)を買った。友達はGSM付きのPADが欲しいらしく、同じ店の前のショーケースをずっと眺めていた。
僕たちは次の目的地に向かうため2階からペッブリーの歩道橋に出る。いつものことだけどスゴイ渋滞だ。時間は5時少し前。今日は平日だし、これからもっと混むだろう...
僕は目的地変更も視野にいれエアコンバスを提案した。ラチャダー界隈がMRT開通で便利になったので、ペッブリーが以前にも増して不便に感じてしまう。
タバコを吸いながらあれこれ考えたけど、最後の決定権は年上の友達に譲る。そして彼の選んだ移動方法は...渋滞のない「運河ボート」だった。パトナームの船着場まで歩く...
kss4

ペッブリー~ラムカムヘン方面へ行くにはビッグC側の階段を下りる。女の子に連れられて初めて運河ボートに乗った時をちょっと思い出した。
パトナームの船着場はザ・モールやラムカムヘン、バンカピなど、行き先によって乗り場が別れていますが、ペッブリー沿いで降りるなら来た船に乗ればいいので気にすることはない。
kss3

「行き先はなんて言うの?」とよく聞かれるけど僕も船着場の正式な名前は覚えてないんですよね。だから、いつも適当な場所を言ってます。日本人が通常使うとこなら...アソーク、トンロー、エカマイの3つでなんとなるんじゃないですか?(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.02.03

CD&VCD

伊勢丹の歌行燈(6階にあります)で遅いランチ食べる。友達はいきなり生ビールを頼んだけど、残念ながらすでにノンアルコールの時間帯(2時~)でボツとなる。待ち合わせ時間に遅れたお前が悪いんだよ~!
食後の運動でパンテップへ。僕は「COYOTE」のVCDと最新のMP3を買い、友達はH系洋DVDを物色する。注:KOYOTEは女の子が音楽に合わせてただ踊ってるだけのVCDでエロ系ではありません。
昔はコピーばかりを買っていた。ここに寄れば必ず10枚以上買って帰ったけど、いつの頃からか正規物の値段も下がり、VCDなどは自然とコピーに手を出さなくなって来た。
タイに戻りたくてしかたなかった時期、僕は手元にあった数枚のCD&VCDを擦り切れるくらい聴いて見ていた。彼女を思い出し、あの街、あの部屋に帰ること毎日考えながらね...
今、僕の部屋には封を切っていない新品のCDが増えている。何故だろう?って、自分で考えてみた...まあ、答えは簡単、有り過ぎて「ありがたみ」が無いんでしょうね!
pantip
僕が好きだったのは音楽じゃなくて「彼女」だったってこと??

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.02.02

タイのカレンダー

僕の部屋には在タイの友人からもらったタイのカレンダーがある。(気がつけば今年のはまだもらって無いな...)
タイフリークの友達は「日本の暦で訪タイしてるうちはまだまだだね...」と言うけど、僕はサラリーマンだからやっぱり「日本の連休」を休暇取得の第1条件にしています。そして、複数の予定が立った時はタイの暦を読んでベターな方を選択する程度かな?
タイの祭日には酒が飲めない日や、歓楽街に規制が掛かる日があったりするし、特別な日には歓楽街で「ペイバー料金」が倍になることもあります。それに、ソンクラーンには田舎に帰っちゃう子も多いので訪タイのタイミング間違うと「オキニがいない」ってことも多いですよね。
今年は特別なイベントもある。この6月には国王の即位60周年を祝う式典が開催され世界中から来賓がタイに入ります。日本からも天皇皇后両陛下が参加をするらしいけど、この近辺は今までにない規制が掛かることは必至でしょう。計画がある人は要チェックですね...
2548koyomi
禁酒デーも探せば飲める店は必ずあります。タイですから...

2549年タイ暦 by Phuket Walker

| | Comments (62) | TrackBack (0)

2006.02.01

MMS等の設定

GSM携帯のメールはSMSが主流です。SMSは文字情報だけですが、MMSを使えば画像なども添付できますし、WAP/GPRSを設定すればウエブの閲覧だって可能です。(機種が対応していれば...)
なんて書くと僕がモバイルに詳しいと思われちゃうけど、僕は携帯の機能を使うことは好きだけど、それを設定したりするのが苦手なんです。だから関連する情報が載っているサイトでも、手取り足取りの所があれば必ずそこを選びます。
今使っている携帯の設定もウエブからの自動設定(機種と電話番号を入力して、SMSで設定情報を受け取る)です。なので、難しいことを聞かれてもお答えできません。スミマセン...もし自分の機種がそのサイトにありましたら、そちらで試してみて下さい。よろしくお願いします。
mutu2
英語のSMSが使えない子はタイ語でも送れない。友達談...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »