« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.27

あの場所は?

大通りから少し入ると軽トラを改造した小さなソンテウがずらっと並んでいた。彼女がその1台に近づき何やら話しをする。そして僕は手招きされた...

「今日は大切な日なの。私に着いて来て...」彼女に手を引かれ僕は知らない街を歩く。ソンテウは狭い。僕は身をかがめ、彼女はそれを笑い僕の肩に寄り添っていた。夕方の生ぬるい風と彼女の髪の香りが心地よい...
ちょっと広い道に出た。市場のようで賑わっている。今度は普通トラックを改造したソンテウに乗り込んだ。乗客が多く、彼女は僕の横ですまし顔して座っている。さっきとは別人だ。
「ここどこ?」15分ほどで車を降りた。「えーと、どこかな?聞いてくる!」道行くオバちゃんに向かう彼女。辺りは薄暗く何も無い。こんな場所に何の用があるんだろう?
そこには小さな祠があった。裸足で進み膝まず。線香を上げ彼女は何回も祈っている。僕も彼女を真似て何かを祈った。何でもない時間だけど、この子は僕の知らないタイの風を吹き込んでくれるとすぐに気がついた。彼女が18歳になったばかりの頃の出来事でした...
chiangmai2
ここはチェンマイ。あの時の場所は今でもどこか分からない...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.26

旅の携行品

海外に出掛けるときの携行品の1つにラジオがあります。バスや電車を待ってるとき、移動中の車内、そしてテレビも無い安宿に泊まった時などに現地の音楽番組を暇つぶしに聴いていました。
初めの頃に使っていたのは「小型ラジオ」だったけど、よい曲が流れているとそのカセットテープを買って聴きたくなり「ラジオ付きウォークマン」を手に入れた。(カセットはMBKやパンティップにだってまだ現役で売られています)
そして、タイでMP3と出会うと興味は自然とそちらに向かい「MP3対応のCDプレイヤー」を使うようになる。けど、僕的にはやっぱりラジオが無いと寂しかった...
一時はFMが聴ける携帯で誤魔化してみた。でも何か違うんですよね。てことで、新しいお供を買うことに。選択の条件は①乾電池が電源②ラジオが聴ける③ボイスレコーダー機能④外部スピーカー⑤小型軽量、以上の要件を満たす機種は...
迷ったあげくたどり着いたのは、グリーンハウスの「Kana-X3」だった。この機種は僕の望みをほぼ叶えてくれた。日本ではi-Podに主役を取って代わられたけど、海外に出掛けるときは今でもカナちゃんの出番です...
tidol2
僕は「音」にこだわる人ではありません。圧縮大歓迎です...


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.03.25

はぁあ?

彼女との会話にはタイ語と英語を使います。日本語は...聞かれたことだけを教える程度ですが、彼女は賢いのか結構な数の言葉を1日で覚えてしまう。僕の方は発音を何度も復唱される割に半分くらいしか物に出来ない。頭悪いんです。と言うか彼女の教え方が悪いんだよね。きっと...
僕はデートを盛り上げるために面白い会話を毎回考えて用意する。それはたまに下品なエロネタだったりもします。でも、言葉足らずで思っていることを全て伝えられるわけじゃない。冗談なのにマジ受けされて怒られたり、何度も繰り返すのにまったく理解されなかったり。まあ、そこはお愛嬌ですけどね...
彼女の嫌いなところに、分からないと「はぁあ?」と聞きなおす癖がある。その時の顔が妙に可愛く無いんだよね。普段はそんな聞き方しないので、たぶん僕がおかしなことを言ってるのだと思うけどちょっと許せない。
THWB2280
日本人が使う「はぁあ?」とは少し発音が違います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.03.22

夕食

ナナのハンバーガー屋は知ってますか?むかし何回か食べたけどいつも焼きたての熱々で美味しかったですね。最近は気にして見ていませんが今もやってるのかな?
これまた昔のことだけど、僕はナナで夕食を食べてた頃がありました。ナナに限らず、ちょっと早い時間に出掛けると女の子たちが食事をしているでしょ?僕もお金を出して彼女たちと同じものを食べてたんです。今考えるとバカなことしてたなぁ!って思うんですけど、当時は「変な優越感」みたいなモノをそれに感じていました。う~ん、やっぱり変ですよね...
men
歩けば歩くほどヤワラーは面白い。今日はここの麺でも...

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.03.20

コスプレ

読者からのメールに「女子大生の白黒制服を着た店を知りませんか?」みたいなモノがたまにある。僕も好きな組だから否定はしませんけど、「コスプレ」でいいんですか?
でも、ありそうで無いのがこの手の店なんですよね。暗黙の規制が掛かっているのか、やっても人気が今ひとつなのかは分かりませんけど、とにかく少ないのが事実です。
スクンビットにはそれっぽい服を着てサービスをするマッサージ屋があるようです。(オレンジとか)ただ、それなりの年齢の子が着ないと...ああ、僕はイメージを膨らませるのが下手なのでコスプレはダメかな??
THWB2050
パッツンは本物が着てるから意味があるのでは...?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.19

パイ・ナイ?

このブログの容量が1GBだと思っていたら、実はもっと多い5GBだと分かりました。ごギガぁ!そんなに使えね~ってことで今度は動画を試しに載せてみました。

僕はタクシーである場所に向かっています。さあ何処でしょうか?サイズが小さく画質も悪いので(しかも夜)判別が難しいと思いますが、暇な方はチェックしてみて下さい。

video1
00:30
64kbps
320×240
2.53MB
「CIMG2838.AVI」をダウンロード

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.03.18

出迎え

ドンムアンに降り立ち、税関を抜けて到着ロビーへ出ると大勢の出迎えが待っている。ここを抜けるときが「外国に来た~」って一番感じる人も多いんじゃないかな?
このミーティングポイント、先輩なんかは毎回ここで彼女と感動の再会をしてるんだろう思うけど、中にはお迎えがいなくてそわそわしている人もたまにいる。これはロビーに出て右側・左側の単純なミスや、到着したターミナルが変更になった場合などがあるけど、人によっては本当に彼女が来ていないことも...

シンガポールから一時帰国する友達を出迎えに行った。ちょっとオシャレした彼女、途中で花を買いドンムアンの地下駐車場から到着ロビーに上がる。こんなふうに2人で空港にいると、僕はず~とこの街に住んでいたような錯覚に陥ってしまう...
fwbkk
「結婚したの?」帰国した友達が僕たちに言った...


| | Comments (12) | TrackBack (0)

2006.03.14

椰子の実

忙しい年度末、分かってたけど休んでしまった。おかげで連日の残業残業です。
今の状態はとてもタイのことなんか考えてる余裕は無い。けど、何か餌を鼻先にぶら下げておかないとこの難局は乗り切れないような気がするんですよね。何かって?そりゃあタイしかないよな!
次回の訪タイはソンクラーン狙いか、若しくは少し延ばしてGWに絡めて...待てよ、今回は人事異動の宣告をされてるし...ああ、考えようとしてもまったく日程が掴めない。最悪だぁ~

ジョムティエンのビーチサイドでバレーボールの練習をする女の子を眺めていた。しかし、この暑いのによく動けるよな。汗で透けたTシャツの下にブラのラインが...それを、でれ~っと鼻の下を伸ばして見てたら何かが道路へ叩きつけられるような音がした。
僕の視線の先には長い釣竿みたいな棒を持った男がいた。そして、その棒の先は高い椰子の木に伸びている。椰子の実採りの男が三人。そいつらの駆け引きが面白くて、女の子そっちのけで見いてしまった...
yashinomi
視線を戻すと、女の子たちはすでに帰り支度を始めていた...

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.03.13

壁紙 4

ノーンカーイが田舎だという女の子を何人か知っている。でも本当はラーオじゃないかな?って、僕なりに感じてる子もいます。別にどっちでも変わらないと思うけど、彼女たちとっては大問題なんだろうね...

今回の写真はノーンカーイから橋を渡って行けるラオス・ビエンチャンのものです。ラオスって遊ぶとこ無いけど自然はいっぱいあります。空もキレイだし、メコンも流れています。
ただ、ここは1人だと無性に寂しさが込み上げてくる。メコンが夕日に染まり、その後に訪れる静粛が都会バンコクへ僕を連れ戻します...

laosphoto1 Near_That_Luang 1280×960 659KB

laosphoto2 Ho_Pha_Kaew 1280×960 668KB

laosphoto3 Mae_Nam_Kong 1280×960 676KB

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.10

パームツリー

パタヤのバスターミナルからソンテオに乗り換え、ビーチロードに出た瞬間が「パタヤに来た~!」って感じると以前書きましたが、それと同じような気分になる場所がもう1つあります。
それは、パタヤの東にあるジョムティエン・ビーチなんだけど行った事ありますか?
セカンドロードで拾ったソンテオで丘を越え、右に大きく曲がるとお目当てのビーチはすぐそこだ。道を進むにつれ殺風景だった景色が俄然賑やかになり、前者と同じようにビーチに出た瞬間は「南国だね~!」って毎回必ず感じてます。

jomtiem2
ここが好きな理由に、青い空に突き刺さるように伸びた椰子の木がある。そして、その背後にKFCと高層のコンドミニアムがその場の雰囲気を盛り上げてます。まあ、ちょっとタイっぽくないけど、ビーチと隣を見ればしっかりパタヤみたいで安心(?)します...

jomtiem3
KFCのお隣り。パタヤから来る道です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.07

ビニール飲料

セブンイレブンなどでジュースや水を買うと必ずストローが付いてくる。最初の頃はそんなもの使わず飲んでいたけど、いつしかしっかりと上品にストローを使う自分がいた...
僕は屋台で飲み物を買ってビニール袋からストローを使いそれを飲む。これを教えてくれたのも彼女だった。最初はなんか変な感じがしたけど慣れれば如何にもタイっぽくて結構好きなんですよね。
でも、口が開いていると飲みかけを置いておく所がない。そんな時はイスや街路樹なんかにぶら下げてタバコを吸ったりもする。この前、僕と同じように木の枝にぶら下げているオヤジをヤワラーで見かけた。ちょっと嬉しく、思わず写真を撮ってしまいました。
sai_tung
僕はぶら下げたまま故意に置き忘れることも多々ある...

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.03.06

ノキア・センサー

僕はノキアの携帯を使っています。60系を持っている方は分かると思いますが、この電話はネットに流れているアプリや動画・音楽を自由に入れて、自分好みの端末に変えることができるんです。
ノキアの純正アプリに「ノキア・センサー」という物があります。これはブルートゥースを使った友達探しみたいなやつですが、今まで僕の住んでいる地域では一度も引っかかったことは無かった。まあ、ノキアの携帯を使ってる人を見るのが珍しいですから無理も無いですけど...
バンコクにいる時、友達に写真をブルートゥースで送ろうとすると複数の端末が選択されることが多い。でもセンサーは今まで一度も発見したことは無かった。やっぱり使ってる奴なんていないよな~って思ってたけど、カオサンで試しに起動したら反応があったんですよね。さすが無国籍地帯!
nokia_s
引っかかっても、釣り上げる勇気がありませんでした...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.03.02

熱海

「パタヤって日本で言うと熱海みたいな位置づけだよな...」先輩が言った。確かに首都圏から近い老舗のビーチリゾート(?)だけど、パタヤと熱海を一緒にするのもねえ...
パタヤの海は決してキレイとは言えない。じゃあ何故行くの?僕の答えは、そこには海と椰子の木があって、夜になるとギラギラの歓楽街が出来上がるからでしょうか。よって、後ろの部分が無ければパタヤには行かないと思います。みなさんは如何ですか?

熱海と言えば同名のMPがペッブリーにあった。ボリボリで有名な店だから、悪い噂が先行して最初から避けていた人も多いでしょうが、あそこのサイドには結構いい子が座ってました。
コンシアとの駆け引き。MRTが無い頃のラチャダー渋滞。お金と時間。損益分岐点というか妥協線というのか...そんな感じで遊んでいたのがATAMIだったですね。
pattaya3
熱海は若造に厳しい店だった。何度も時間を無駄にしました...

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.03.01

壁紙 3

僕の父親は写真が好きだった。その兄弟もみんなカメラが好きで、僕の妹も女の癖にカメラと言えば一眼レフを持ち歩いている。で、気がつけば僕も同じように写真を撮っていた...
父は花を被写体にすることが多かった。妹は人物と風景が得意だ。僕は何でも適当に撮る。ハッキリ言って親戚兄弟では一番下手。と言うか彼らには相手にされてません。でも、ブログにのせた写真を気に入ってくれる読者がいるのはメチャ嬉しいです!

今回の写真は、①②パーク・クローン市場、③ピンクラオです。花市場はキレイな花が安く売っています。バラを束で買って宿のレセプション娘にあげました。反応は鈍かったです。残念ながら...

pak_khlong_bua Pak_Khlong1 1504×1000 748KB

pak_khlong_plik Pak_Khlong2 1504×1000 759KB

pinkao Phra_Pinkao 1504×1000 871KB

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »