« May 2006 | Main | July 2006 »

2006.06.28

帰りタイ...

会社勤めの読者の皆さん、有給とってタイに出掛けるとき、上司や家族には何て言ってますか?入社して間もない人や、忙しい職場の人は休みにくくはありませんか?また、頻繁に帰タイする人は家族などから怪しまれたりしていませんか?
僕は常習犯だから「またか?やることはキッチリ済ませてけよ!」と、上司も半ば諦めていたし、職場にはそれが出来るくらいの余裕がありました。(←過去形)休めない時によく使われる「身内を殺したり」などは決してしたことはありませんでしたね...
そんな比較的恵まれた環境にあった僕ですが、休みが取れないときは週末の2泊3日強行軍でタイに帰ることもありました。達人の中にはもっと短い行程で往復する人もいるけど、僕は2泊3日が限度ですね...
彼女のアパートで過ごす僅かな時間。バルコニーからバンコクの街を眺め「僕はここで何をしてるんだろう...??」って思った時も正直ありました。でも僕は「彼女に逢いたい」の一心でチケットを買ってタイに帰っていた。終わりはあっ気なかったけど、あの夢中になった時間を「無駄」だったとは今でも思っていません...
Air2_1
もしも週末利用の短期で訪タイするとしたら、関空のTG深夜フライトなんかが便利ですよね。1時25分発だから金曜日にバリバリ残業してやる気を見せといてコッソリ飛んじゃう。そして「体調が悪いので病院に寄ってから出勤します」と月曜日に電話一本勝負!なんてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.26

水の思い出

ちょっとした用事があって実家に帰っていました。(タイじゃないですよ)やっぱり自分の生まれ育った家はいいもんですね。
冷蔵庫を開けるとペットボトルに詰まった水が10本以上入っていた。聞くと妹が「水」に嵌まって、毎週ある場所から汲んで来るらしい。僕はその水を見て昔のことを思い出した...

「水が無くなりそうだから買っておいてね!」彼女から電話が来た。僕はアパートの1階にあるミニマートに行き、水の量と部屋の番号を言う。本当は電話で注文すればいいんだけど、当時はまだ言葉に自信が無かったんですよね...
大きな容器で運ばれてきた水を色んな入れ物に移す。彼女のアパートでは灯油などを入れるのに使うハンド式のポンプを使っていたけど、これって最初はどうも馴染まなくて、飲む水もなんだか美味しくなかった思い出があります。表面に油が浮いていそうでね...
Kokage
暑い日中、木陰で飲むものはやはり水なんだよな...

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.06.21

歩いて行ける?

「ユーロ・マッサージにはBTSの駅から歩いていけますか?」と聞かれました。これって、簡単なようで結構考えさせられる質問なんですよね。皆さんならば何て答えますか?
今の僕なら、プロンポンからソイ31まで歩いただけで疲れ、ソイの中をユーロ・インまで歩くなんて絶対にしないと思います。距離にもよりますが、BTSとモトサイを使うなら最初からタクシーで乗りつけた方が涼しく安全で、トータル的には賢い選択になるんじゃないかな??とにかくユーロは遠いです...
その「Euro Massage」に姉妹店が出来たと友達が教えてくれた。名前は「ORIENT MASSAGE」というらしい...さっそく調べたらソイ24のラーメン一番を入ったところにある。こりゃ近いですね。すでにオープンしてるのでもうチェックした人はいるのかな?
それにしても、ここ手のマッサージは増えましたよね。それだけ客がいるってことでしょうか。でも、ここはエンポリで買い物する一般人に見られちゃいますね。僕的には嫌だな...
Bts_pp
プロンポンからソイ31方面を見る。ユーロは遠いですよ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.06.19

白黒めくり

「白黒めくり」というか...
Thaigirls_1
「パッツンめくり」です!!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2006.06.18

どうする床屋

出張から戻ってブログを見たらカウンターがぶっ飛んでいた。過去の経過から、いつも定期的にカウントを記録しておこうと思ってるけど、結局はキーキアットの性格で後回しになってしまうダメな僕。でも、今回も知らないうちに復活してた。結果オーライ、マイペンライってか...

さて、今夜は日本とクロアチアの試合があります。なんとか勝って欲しいですね。5年前のワールドカップは準決勝~決勝をバンコクで観戦していました。今年も7月上旬の訪タイを狙っていますが、仕事の関係でかなり厳しい状態になってます。可能性は10%以下かな...
この訪タイを逃すと次はいつになるのか?8月のお盆明け?それとも9月まで...ああ、新しい部署だから先がさっぱり読めない。そんなに期間が開くと髪伸びちゃうよな...僕の「日本で髪を切らない記録」もここでストップかな?? う~ん、何とかしなきゃ!
Tokoya
前回、いつもより短くカットしておけば良かった...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.06.17

デート

彼女が高校生だった頃のデートは必ず仲のよい友達が一緒についてきた。メーや叔母さんたちにの手前、なかなか2人きりで家を出て行けなかったんですよね...
卒業が近づくにつれ彼女は大人っぽくなっていく。ドンムアン近くの市場に出掛けたとき「私はもう少し彼と遊んでいくから...先に帰って...」ちょっと遅れて歩く彼女たちの会話が聞こえてきた。自分はそんなこと頼んでないのに積極的だね。もしかして、僕が顔に出ちゃってたのかな??
「明日はライブレストランに行こうか?」「何時?それと、家には何時に帰れるかな?」「そうだなぁ...」「ハロー、ユーナイ?」僕が考えてる内に彼女はもうどこかに電話している。
翌日、彼女たちはソンテウとバスを乗り継いでスクンビットまでやって来た。タクシー使えばお金は出してあげるのに、やっぱりそこは普通の高校生だ。
「さぁ行こうか?」「彼女は用があって帰るから」「ええぇ?」友達は僕たちのデートのダシになったってこと...?? う~ん、ありがたいことだ。でもさぁ、帰すならもっと早くしてあげればいいじゃん!
Puan2
友達は僕たちのために何回かドンボ返りすることも...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.13

かわいそね...

ナナ、アソーク近くの食事場所には花売りの子供たちがいます。昔、彼らを見た人が「物売りって煩いよなぁ!観光客の多い場所だから仕方ねーけど。まあ、この辺だけだよ」と言いました...
確かに花売りは歓楽街に多いです。それは即席の恋人たちが多いから当然なんだけど、観光客が殆んどいない郊外のオープンレストランにも物売りはいます。
売り子は子供もいるし大人もいる。扱っている物は、キーホルダー等の小物からガラクタの様なオモチャまで様々ですが、僕が多く遭遇したのは「20Bならしょうがないかな?」っていう品でしょうか...
「いらない!」僕は必ず断ります。でも彼らはしばらくしてまた僕たちの所にやって来ます。「かわいそね...」カラオケの彼女が言います。(じゃあ、君が買えば?)と思いますが、デートで彼女がお金お出したことは一度も無いし、僕もそのことは承知で遊んでいた...
しっかり者の彼女には「いつもいつも他人の金でタンブンしやがってぇ!」と茶化す。その時の彼女の笑い顔は何とも可愛かったりするんです。ベットの上と同じでね...
そんな彼女だけど、お寺に行くと「お供えセット」は自分で調達します。流石にコレばかりはご利益が無くなると思っているのかな??
Gold
金箔を記念に持って帰ろうとして彼女に怒られたこともある...

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.06.11

ワーイ(合掌)

夕方からナナ娘を2人連れてボーリングに行くことになった。待ち合わせだと決めた時間に絶対来ないから彼女たちのアパートを回ってピックアップする。
定刻の30分前に到着。部屋に入ると女の子がインスタント珈琲を入れてくれる。ずばり言って、温くて不味いけど、僕にはこれがいつもの味、タイの味なんだよな...
3人とも受付で職業欄に「学生」と書く。でも「学生証はありますか?」と軽く一蹴されみんなで笑う。僕は靴下を忘れ、普段は履けない派手な靴下がまた一足増えた...
出勤前の彼女たちは食事を、僕はそれをツマミにビールを飲む。いつもそうだけど彼女たちは仕事の前にアルコールは飲まない。と言うか、普段でも外食の時は「水」や「お茶」が多い。それが普通のタイの女の子なんだよね。
その日は3ゲームも遊んだ。彼女たち、120を超えるゲームもある。初めてのときは3ゲームのトータルでも僕の1ゲームに及ばなかったのに...ちょっとビックリ!お客とのデートで練習したのかな??
Majorbowl
友達の妹、その友達たちとメジャーに行く。普通のタイ娘たちとのボーリング。やっぱり食事をしながらゲームするけど、ここでは僕もビールは飲まない。別に飲んでも構わないけど、美味しく飲めるような雰囲気じゃなから遠慮する...
僕と違って彼女たちはゲームに真剣だ。それに、僕がトイレに立ったとき男から声を掛けられ困った顔をしていたから結構真面目なタイプなのかもしれない。そんな子たちとの会話もたまには楽しい。たまにはね...

どちらの彼女たちも支払いのときは財布を取り出す。最初から「奢ってもらう」という感じが無いのが嬉しい。ただ、違うのは、後者は別れるときにワイするけど前者はあっさりバイバイなんだよね。
親しくなればなるほど彼女のワイする姿は見られなくなっていく。でも、僕は外国人。タイの女の子のワイする姿がやっぱり好き。

MajorBowlです。飲食可以外は日本のボーリング場と大差はありません。言葉の壁が大きい人のデートポイントになるかな?映画とセットで半日は...

Majoravi_1
AVIビデオ
320×240 (50%表示がベター)
64kbps、20秒
2.05MB
「CIMG2816.AVI」をダウンロード

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.06.09

新空港

即位60周年の記念式典が近づいていますが、タイはどんな感じになっているのかな?お祭り好きな国民だし、サッカーワールドカップと合わせてさぞかし盛り上がってることでしょう!
Suvarnabhumi
今回ちょっとガッカリしたのは、スワンナプームの新空港オープンがこの行事に間に合わなかったことです。同じように施工が遅れたBTSやMRTが、王室の祝い事にキッチリ(?)と合わせてきた経過があるから(もしかしたら...)って考えてたんですけどね...
Suvarnabhumi Airport」は9月28日に開港するとの発表がありました。日本からの1番機はどのキャリアだろう?NRTのTGかな?発券してもいいけど、「すみません、間に合いませんでした」と、タイ的な期待を裏切らない可能性も十分にあるし...やっぱり「待ち」だね!
Map3
行き帰りを旧と新でというのも面白いかな?街までの足は??

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.06.06

即位60周年

プーミポン国王が即位して今年で60周年になります。その式典が6月12日から13日に行われ、各国の首脳や王族・皇族が招待れています。この両日はガチガチの規制が掛かることは必至でしょう。
また、行事の内容が内容なので記念式典の前後2日は同じような状態になると思います。この時期に訪タイする人は事前の情報収集が必要ですね。でも、お店も休みなのでオキニがいる人は小旅行などに出掛けてみるのも1つの手でしょうか??
Long_live_the_kink
僕も黄色のリストバンドしています。英語版とタイ語版の2本...

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2006.06.05

Nokia6630

「シムフリーの6630スタンダード・バージョンが出ますよ~!」ってNOKIAからメールが届いてた。
う~ん、6630ねぇ、今更発売されてもなぁ...でも解除屋が売ってる基盤替えの6630と値段が同じくらいだから、偽物はデスカウント必至だよね。たぶん...
まあ、僕は次機を待ちますけど、誰か興味のある人は買ってみて下さい。今なら3色の6630が楽しめるようです!
Present_campaign
登場を待っていた人も多いはず。でも遅すぎたよね...

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2006.06.04

都会の朝

会議のために東京へ出掛けていました。日本の大都会は何故か落ち着きません...
泊まりは赤坂のホテル。一緒に行った人は「おおッ!いいホテルだね~」って感動してましたが、海外のホテルを適当に見ている人からすれば、この施設でこの料金設定は「高すぎる」としか言えませんね...
翌朝目覚めて窓から外を見る。信号、クルマ、バイク、人が忙しく動き働いている。僕の好きな街とは明らかに違うけど、ここには都会独特の雰囲気があって、バンコクの朝とちょっとだけダブって見えた...

日曜日のNW帰国、初タイだった先輩とタクシーを拾いにスクンビットへ向かう。「えっ、こいつら何?」歩道に出ると先輩の足が一瞬止まった。
屋台には昨夜から飲んでる不良ファランがたくさんいる。時刻は4時を少し回ったころだった。「俺も次は朝まで屋台で飲みたいな!なッ?」先輩が言う。僕は聞こえなかった振りをしてタクシーを止めた...
Sawadiicao
窓から見るバンコクの朝、休日特有の変な静けさが好き...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.06.01

よく行く場所

パトナームの市場に行ったことはありますか?僕はタイで着る服の大半はここで買っています。
エリアが広く、多くの店が集まっているパトナームだけど、僕がいつも寄る店は大体決まってる。でも、行くたびに「どこかに良い店がないかなぁ?」って、あの迷宮をコリもせずに歩き回ってます。
暑くて汗をかき、歩き疲れたら「INDRA SQUARE」に入る。コピーCDやMP3はパンテップで買いますが、正規物のCDはここで買うことが多かった。
そこは小さな店だけど、僕が通ってた頃は店の女の子がお勧めの曲をバンバン聴かせてくれたんです。あの封を切っちゃったCDはまたラッピング出来るのかな??って、僕なりに心配するほどサービスが良かったな...
この店に連れて行ってくれたのは昔の彼女でした。僕はCDを探すけど、彼女はテープを選んでいた...。ふたりで扇風機の風に当たりながらベットで眠る。部屋に流れるのはタイ語のバラード。テープが終わり、それを裏返すのは僕の仕事。アパートにはテレビもエアコンも、CDプレーヤーだって無かったけど、僕はあの頃が一番楽しかった...
Indrasq
インドラ前でバスを待つ人を眺めるのも結構面白いです...

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« May 2006 | Main | July 2006 »