« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.31

リキシャ

今週はもう8月になります。タイに出掛けたいけど仕事が忙しくて計画も立てられません。社会人になってからも適当に訪タイを繰り返していましたが、この8月というのは航空券も高い時期で僕は自然と敬遠するようになっちゃいました。

タイでリキシャに乗ったことありますか?バンコク市内では見かけること無いけど田舎に行けばまだまだ現役で活躍するリキシャ。いや、いつも木陰で休んでる姿しかみたことないな...
彼女はトクトクやモトサイは普通に乗った。田舎育ちだからね。でも、リキシャはダメだと言う。2回ほど機会があったけど、彼女はとにかく乗らないの一点張りで、結局その訳は教えてくれなかった...
Rikisya2
今週はリキシャのある街に3泊4日で出張します。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.07.29

メコン

「サンセット・バー」...名前だけはかっこいいメコン川沿いの掘っ立て小屋。その店でビールを飲みながらマッタリと夕日を眺めていたのはもう3年も前のことだ。まったく時の経つのは早いものですね...
あの時は、ラオスのビエンチャン、タイのノーンカイとシーチェンマイからメコンを見た。ゆっくりと流れる大河を眺めていると凄く寂しい気分になるのは僕だけでしょうか?それは別に悪い意味じゃなくて、何か心に響くものがあると言うのか、色んなことを考えさせられると言いましょうか...まあ、簡単に言えばまた見に行きたいと言う事ですね!
Maekhong
メコンGHとサンセットBARから撮った動画です。画質も悪いですが、田舎とメコンの雰囲気だけは伝わると思います。
興味がある方は下からどうぞ!サイズは[320×240、5.2MB]です。
「mae_nam_khong.wmv」をダウンロード


| | Comments (8) | TrackBack (1)

2006.07.27

ヒマワリ

僕の街は夏日の連続です。今日などは気温、湿度ともタイの雰囲気に凄く似ていました。
先月から風呂の時間はシャワーだけを浴びている。毎年のことだけど、涼しくなるまではタイで言うアップナームの状態が続きます。使うのは温めのお湯。タイでは水でも平気ですが、日本にいると「完全な水」はどうも身体が受け付けないんですよね。
そして、石鹸はボディシャンプーからタイで買ったLUXのピンクに変わる。この「如何にも」って匂いが好きなんです。昔は仕上げでクールパウダーも塗ったけど最近はあんまり使わない。今はシャワーの後より、朝起きてYシャツを着る時の方が使うかな??寝汗消しに...

ビールが飲みたくなって酒屋に出掛けた。僕は店に入ると外国のビールを真っ先に見る癖がある。ほとんど買わないけどね。
店には色んな国のビールが置いてある。大概は飲んだことあるけど、僕の好きなのはフィリピンのサンミゲルかな?バドの様に癖が無くて飲みやすいでしょ?僕は水みたいなビールが好きなんです!
ビールと言えばツマミです。思い出の一品は、バービアで女の子が一生懸命に剥いてくれたヒマワリの種。僕はまだタイ語が出来ず、彼女も田舎から出てきたばかりで英語も喋れなかった。
「コップン・カップ!」僕が覚えたタイ語でお礼を言うと、ニコニコ笑いながら何度もヒマワリを剥いてくれた彼女。大した会話は無いけど凄く楽しかったな...
スーパーでヒマワリの種を見つけて買った。全然美味しくない。やっぱりあの子に剥いてもらわなきゃダメなんだ。酒もツマミも「誰と飲むか」で決まるんだよな...
Bsing
ビアシン:日本では絶対に飲まない。だって高いから...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.24

真っ白

初日は1時間、翌日は2時間だけ眠った。昼も夜もバンコクは楽しかった。
3日目の朝、と言うか昼近くに僕は窓辺の古いソファーで目が覚めた。南国の強い日差しが容赦なく照りつけ、その眩しさの中で僕はドロドロに溶けてしまいそうだった...
小さな机の上にはウイスキーとペプシのボトル。灰皿にはタバコの乾いた葉が散らばり、足元には小さな錠剤の抜け殻が幾つも落ちている。
部屋を出て、階段を下りて外に出た。セキュリティが何か言ったけど無視して歩いた。光が眩しくて眩しくて、僕は目の前の真っ白く続くソイを壁に沿って進む。
ホントのこと言えば夜の僕は真っ暗だった。そして目が覚めたら真っ白の世界が広がっていた。訳が分からない。モトサイに乗り、大通りへ出たときは何故かホッとした...
Pattaya5
眩しくて目がくらむ...こんな真っ白な世界なら戻りたい...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.21

白>黒

タイの女の子、肌の色は白い方が好きですか?以前の僕は白も黒も気にしないタイプだった。付き合ってきた彼女たちも、タイ人から見れば決して色白ではなかった...
そんな僕だけど、去年の終わりごろから「肌の色」が気になり始めてきたんです。根本的な趣味の部分はやはり変わらないけど、その枠を多少外れても白い肌の子なら気持ちの中でOKを出しちゃう...
「白でも黒でも灯りを消せば関係ないでしょ?」年上の友達が言った。僕はAV世代だから「暗闇でのセックス」はダメなんだよね。田舎の真っ暗のソンでただスルだけなんて考えられません。今は...
Siidam
灯りじゃなくて、酒で色を忘れたことは何度かあるけどね...

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.07.19

ワーイナーム

夜の10時過ぎ、僕たちはナナホテルのプールに向かった。もちろん客は誰もいない。奥のスペースからプールタオルを持ってきて彼女に渡す。前日は友達と4人で来たけど、今夜はふたりきりだ...
彼女は黒のブラとパンティで水に入る。タイの女の子はシャツを着たまま泳ぐことが多いらしいけど、彼女は気持ちよく下着姿になっていた。まあ、濡れたTシャツを着たままアパートまで帰れないからね。
ナナホテルのプールは結構深い。月明かりの中、ふたり抱き合いキスしながら潜って遊ぶ。間違って水も飲んだけど、昼間のプールを知らないからマイペンライね。(スゲー汚いのかな?)ああ楽しかったな...

「なにコレ?タイってやるじゃん!」初めてド・モールの屋上プールを見たときは正直感動した。自分の街にも無いような施設が東南アジアの国にあるなんてね...
今から思えば友達とデパートの屋上プールに出掛けても泳ぐことは一度も無かった。いつもビール飲んで、みんなでお喋りして時間を潰すって感じかな。でも、女の子たちは暑さに耐えれなくて映画館に逃げることも多かったっけ。
Pool
ここはバンカピだったかな?屋上プールはいつも空いていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.17

動画

休日出勤が続いています。窓から見る外の景色はとても眩しくて、昼食を買いに出たときは脳天がくらくらするタイの暑さを感じました。来月は絶対に代休もらってバンコクの街を歩いてやるぞ!

僕が定期的に見ているタイのブログの中に「魅惑の国 Thailand in 天使の都クルンテープ」がある。もうご覧になった方もいるとは思いますが、この作者のDylanさんがFlipClipを使って自分の撮った動画を公開しています。
僕も前々からブログに動きを付ける為に動画を載せたいと考えていましたので、良いお手本にさせてもらってます。ソイカウボーイなど、歓楽街の動画はなかなか撮りづらいので貴重ですよね。
Girls4

テスト前のデートは学校近くのデパートで待ち合わせすることが多かった。デートって言っても食事をするだけなんだけどね。
彼女たちは店に入る前に必ずやることがある。それは自分のノートをコピーして友達と交換することだ。真面目なのか不真面目なのか分からないけど、テストを受ける気構えはあるって意味...??

賑やかなランチタイムが終わり、家までの30分間がふたりの時間なんだけど彼女はいつも僕の肩や膝で眠っていた。せっかくの時間がもったいない?? いや、そんなことは無い。彼女の髪を撫でている時間は凄く楽しかったから...

動画:ぷあん?⇒ 「Girls.wmv」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.13

原因は?

僕は金縛りに掛かることが多い。金縛りって精神的な面が大きいと僕は勝手に解釈してるけど、違いますかねぇ?
「えッ!ペッブリーのファーストに泊まるの?あそこってさぁ...」友達から良からぬ情報を聞いたばっかりに、ここでは2晩続けて苦しんだ嫌な思い出がある。やられる!っていう先入観かな??
でも、金縛りで一番怖かったのは、北のはずれメーサイで窓の無い部屋に泊まった時のヤツでしょうか。如何にもって雰囲気があったし、もがいた時間も流した汗も半端じゃなかったです...
その手の噂はテルメ裏のマンハッタンなんかもよく聞く。けど、あそこはでは問題の階に泊まっても一度だって遭遇したことは無い。逆に場所柄も良いし好きなホテルのひとつなんだよね。(精神的な面じゃない...じゃあ原因はなんだ?)
Mesai
彼女と眠るとき、腕枕で手が痺れることは多かったな...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.10

匂い

好きになれない匂い(香り)と言うのがある。初めてプーケットに出掛けたときにパトンビーチのシーフードラストランで嗅いだ匂いがそれだ。
歩道にせり出すように並べられた海の幸。すぐ側に調理場が見え、大きな魚やロブスターを焼いている。鼻を突くような匂い。香辛料なのか?それとも油の匂いなのかは分からないけど、どこのシーフード屋の前を通っても同じ匂いがする。何か食欲を後退させるような違和感のある匂いだ...
その時の僕はバングラでも散々な目にあっていて、プーケットを思い出すとき最初に頭に浮かぶのは、バーのカウンターで踊るオカマとシーフードレストランの匂いなんですよね。場所は違うのに、何故かその2つが同時に思い出されちゃう...

むせる様な匂いを感じる場所はパトンだけじゃない。バンコクでも、歩いていると何時も同じ場所でクシャミが出たり、ちょっと吐き気がこみ上げて来るような所もある。最初の頃からはだいぶ慣れたけど、その匂いが好きになったりは未だにしていない...
Tfoods
油かな?? 水浴び後の彼女は石鹸のいい匂いがした...

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.07.08

観賞魚

チャトゥチャックに部屋のテレビボードと魚を買いに出掛けた。あそこは広くて暑いから「決めたもの」以外は見ないことにしている。2人で行くと、必ずどちらかが機嫌を悪くするからね...
僕は小さな魚が好きだけど、彼女はやたらと大きなサイズを買いたがる。タイ人の見栄なのかな?この日も僕が一生懸命に褒めている熱帯魚を無視して、浴衣を着た子供みたいな大きな金魚を買ってしまった。
一匹ずつビニールに入れて持ち帰る。鼻歌交じりで入れ替えの準備をする彼女だけど、まあ今までの経過からすればすぐに新しいお友達を買いに行く羽目になるんだよね...
Mochit
「タイって熱帯魚とか売ってませんか?」後輩が昼休みに聞いてきた。彼が言うには短時間ならペットボトルで持って帰ることも可能らしい。だけど、途中で死んじゃったりすることを考えるとやっぱり生き物を運ぶのって嫌ですよね。適当に言い訳してお断り...
「魚が無理なら水草や流木でもいいんですけど...」諦めの悪い後輩だ。闘魚でも買ってきて脅かせてやろうかね!


結局僕はタイで熱帯魚を飼う事はなかった。せめてブログの中で...

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2006.07.05

嫌な先輩

僕の知り合いに友達の彼女を自分勝手に批評する人がいる。いくらその子が元夜の天使だったからって、常識が分かる大人なら決して友達の彼女を批判したりはしない。ましてや誰が見るかも分からないウェブに載せたりするなんて失礼極まりないことだと思う。
彼は自分がものにした女の子は「素人の純情娘」だの「ナイスバディ、美乳の持ち主」とか言って自慢する。でも、周りの友達は誰もそんな風に思ってはいない。飲んでるときに僕たちが少しでも相手の悪いところを指摘すれば凄いけんまくで反論する。やれやれ...
「Aさんって嫌い。私の身体をジロジロ見ていやらしい...」彼女が言った。「スケベならBさんの方が上でしょ?」と僕。「そうだけど、Bさんは面白い人だから...」ああ、やっぱり女の子は分かってるんだな??
「素人相手にしてたらナナの女なんて汚く見える...」ある時、彼は僕の嫌いな言葉を吐いた。それから僕は彼と一度も話をしていない...
Inthecar
次回目標:クルマを持っている女の子の「友達」を作る。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2006.07.03

携帯のリフィル

タイでは先月からAISの掛け放題プロモーションのおかげで携帯が繋がりにくくなっているらしい。そんな中で今日、国際ローミング中の携帯から「One2Call」のリフィルが出来るか試してみた。
タイにいる友達に500Bのリフィルカードを買ってもらって番号を控える。ノキアから入力して送信リクエスト。が、反応なし...?? やっぱりダメかぁ?って思ったけど、ちょっと考える。もしかして、あれかな?
僕は前回の滞在でプロモーションをサワディに切り替えていた。サワディにはリフィルの3000B上限規制がある。今の残高は約2700Bで、たぶんこれが引っかかっているんじゃないかと...手っ取り早く消化させるためにタイへ電話することにした。
「今どこにいるの?何してる?バンコクは雨降ってる?」なんてつまらない話を知り合いと5分ほどする。そして残高チェック。げっ!400Bも減ってる。古式2時間分が消えてしまった。ああ、やっぱり国際ローミングは高いよな...
気を取り直してリフィル再挑戦。あれ「リクエスト中」のメッセージが消えない。でも裏でSMSの着信音聞こえる。残念でしたメールかな?と、恐々SMSを開ける...結果は、500B=100日のリフィルに成功してました。嬉しいような悲しいような挑戦でした...
Mayfaa
コールバックシステムを知らない人は着信すると焦るよね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.01

バイブル

ドンムアン行きの機内、僕の斜め前に座っている人が「歩き方・バンコク編」をしまい、次に「外道」のHP印刷物を取り出して読み始めた。外道って、HPを見ている人には「あっ、外道だ...」ってすぐに分かっちゃいませんか?
彼は歩き方を見ながら入国書類を書いていたからたぶん初めての訪タイかな?? カーボーイにナーナー、ウエブで見覚えのある写真が目に入る。お目当ての遊びはゴーゴーだろうか?期待が不安を上回っている感じ...
僕も「外道の細道」は見ていたし、メルマガもとっていた。その前は「海外風俗情報」なんかも読んで変な期待を膨らませていた時期もありました。でも、最近は月に1回見に行けばよい程度かな??
外道を見なくなったのは、情報が要らなくなったのが一番だけど、何年も前の情報が未だに掲載されていて「見難い」のもある。移り変わりの激しい世界だし、過去の情報は掲載しても2年が限度じゃないのかと思う。
タイ夜遊びのバイブルみたいなウェブだし、これから出掛ける人たちのためにも古い書き込みは思い切って一掃して欲しいですね。更新・変更の面倒は僕にも分かりますが是非とも...
Thaigirls2
パッツン(横版):今日から友達がタイに行く。僕を置いて...

| | Comments (19) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »